木竜麻生を純朴さとスター性を兼ね備えてると絶賛の野尻克己監督『 鈴木家の嘘 』東京国際映画祭ティーチイン


映画情報どっとこむ ralph 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開となります。

そして、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にも出品され注目を集めている本作の上映後ティーチインが行われ、ヒロインを務めた木竜麻生さんと野尻克己監督が登壇しました!


日程:10 月 31 日(水)
会場:TOHO シネマズ 六本木ヒルズ
登壇:木竜麻生、野尻克己監督

映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭にて2回目の上映が行われ。先日のワールドプレミアに引き続き会場は満席!そんななか上映後Q&Aにヒロインを務めた木竜麻生と野尻克己監督が登壇。

まずはじめに『鈴木家の嘘』がデビュー作となった監督へ脚本を書いた経緯をきかれると

野尻監督:脚本は書くのに4年ほどかかりました。橋口亮輔監督の『恋人たち』の助監督を務めていた当時、オリジナルの脚本は素晴らしいと感じたんです。それで自分も書こうと思い、映画化に至りました。

本作は監督の実話をベースにしていることでも注目されている。それについて

野尻監督:僕の兄が自死してしまったことは事実ですが、そこから始まる家族の話を作りたかったんです。独りよがりの映画にはしたくなかったですし、エンターテイメントも取り入れたかったので嘘をつくことで物語が広がっていくように書きました。

と明かした。

木竜さんは4日間のワークショップを経て本作のヒロイン役として抜擢された。その理由について

野尻監督:(木竜は)あまり最近いないタイプの女優でした。映画『Wの悲劇』の薬師丸ひろ子さんのように、純朴さとスター性を兼ね備えた雰囲気を持っていたんです。

という言葉に、

木竜さん:ありがとうございます。すみません。。。。

と照れた様子で返した。

映画情報どっとこむ ralph 観客より最もテイクを重ねたシーンについて聞かれると、

野尻監督:岸部一徳さんと原日出子さんの夫婦喧嘩のシーンですね。16回ぐらいやったかな。画面には2分ぐらいしか映らないのですが、30年ぐらいの夫婦の歴史を映したいと思ったんです。微妙なニュアンスを求めすぎたせいで撮影は深夜まで及んでしまって…細かすぎるって怒られちゃいました(笑)

と当時のエピソードに会場からは笑いがこぼれた。また木竜さんへ撮影前に徹底したことについて聞かれると
木下さん:新体操の練習に4か月通いました。その間に私が演じた鈴木家の長女・富美のことをずっと考えるわけではなかったのですが、体を動かすことで頭が空っぽになったり、新体操のことだけを考えたりすることで、富美や自分自身の気持ちに自然と向き合うことにつながったと思います。

と振り返った。本作には鈴木家の周りに物語のキーとなる人物が登場することについて監督は、

野尻監督:客観性が見えない映画にはしたくないと思ったんです。他人は他人ということをきちんと映したかった。人間必ず同じ苦しみをもつというのはないんですよね。表面上明るいかもしれないけれど、他人には想像つかないトラウマがあるかもしれない人や悲しいけれど必死な姿がおかしく見える人、愚直だけども愛すべき人…客観性も大事にしたからこそ濃いキャラクターを取り入れたんだと思います。

と答えた。


映画情報どっとこむ ralph
重いテーマを扱っていてもユーモアが溢れ、悲しみと笑いが絶妙なバランスで描かれている本作。

野尻監督:すごくコメディにするのはよくないし、伝えたい芯の部分は忘れないように、面白いところは人間的な性格や行動原理に必ず理由があるように書きました。ストーリーに溶け込まないようなギャグはやらないようにしていましたね。

と自身の想いを語った。また実際に役を演じる木竜へ、笑いと悲しさが交互するストーリーは演じる上で大変だったか聞かれると

木下さん:変化についていけないことはありませんでした。大変な場面やつらい場面ももちろんありましたけど、面白い部分は心から笑えたり、それこそおじさんが素麺を吹き出したら“汚い!(笑)”とテーブルを拭いたりするのも自然に出来ましたし!演じていて私はとても楽しかったです!

と、監督や出演者との信頼関係があったからこそ自然に演じれたと胸を張って答えた。

最後に・・・

野尻監督:面白いと思ったら是非口コミなど広げて頂ければと思います。今日は観に来てくださり本当にありがとうございました!

とメッセージを残し、Q&Aは終了した。


『鈴木家の嘘』

11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!

公式サイト:www.suzukikenouso.com

あらすじ
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。
映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮  岸本加世子 大森南朋 

音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl) 製作:松竹ブロードキャスティング 制作プロダクション:ハーベストフィルム
2018年/日本/133分/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP  
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド 
©松竹ブロードキャスティング

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ