映画『ハード・コア』山下敦弘、いましろたかし先生が見せた“コア”な原作愛!!第31回東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 『ハード・コア』は、90年代に漫画雑誌「グランドチャンピオン」で連載され、多くの読者の共感を呼んだ伝説のコミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(作:狩撫麻礼、画:いましろたかし)の待望の映画化。

10年前に本書を読んで「男たちの結末に泣いた」という山田と20年近く前に愛読していた山下監督。映画化を夢みていた念願の企画が、ふたりがそれを表現するのに相応しい年齢になったいま、最高の形で具現化されます。30年近く前の男たちの狂おしくも熱いドラマが、生身の人間に命を吹き込まれてスクリーンで蘇ります!

そして!

この度、10月31日(水)の第31回東京国際映画祭にて、山下敦弘監督と原作者のいましろたかし先生が登壇するティーチインイベントが行われました。

実写映画化した経緯やキャスティングについてなどお二人だからこそ語れる本作についての想いや、本作が完成する直前に亡くなってしまった原作者である狩撫麻礼さんへの想いを語っていただきました。またフォトセッションでは本作に登場する謎のロボット「ロボオ」も登場し、観客が沸きました。


日付:10月31日(水)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:山下敦弘監督、原作者いましろたかし

映画情報どっとこむ ralph 上映終了後、山下敦弘監督、いましろたかしが登壇すると大きな拍手が沸き起こった。

まず最初に「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を映画化した経緯を聞かれると、

山下監督:8年くらい前に山田君と一緒に仕事をした時に山田君も原作がすごく大好きで、意気投合したのがきっかけです。実際に動き出したのは5年前くらい前。結構長い時間をかけてようやく実現しました。

と感慨深く語った。

いましろ先生:途中で企画倒れになるのではないかと思いましたね。実写化するのは難しい漫画ですし、前半と後半でかなり印象が違う作品ですから一本の映画にするのは綱渡りかなと思いました。

と実現不可能だと思っていた胸の内を明かした。


また、現場で演技指導などするのかと聞かれると

山下監督:こういうことをやりたいという自分のプランや考えは伝えましたが基本的には、山田君たちが作っていきました。ロボオは撮影当日までスーツが届かなかったので手取り足取りやりながら作っていった。

とお互いに信頼しながら作っていった現場を明かした。

その後、観客から二人への質疑応答に移行。観客から〈佐藤健さんをキャスティングした理由〉と聞かれると、

山下監督:原作のイメージに近かったというのもありますが、山田君と何度か共演をしていて仲が良いのを知っていたので、息が合う兄弟という役柄があっていると思いました。

と明かした。また観客からは「新しい佐藤さんが見ることができてとても新鮮でした」と称賛の声が上がった。


また、〈他の作品で山田さんと意見がぶつかるところを見たことがありますが、今回は意見が食い違ったりしましたか〉という質問に、

山下監督:今回は監督と主演という立場だったので言い合ったりはしましたが、ケンカは特にありませんでした。

と答えた。また山田さんのプロデューサーとしての役割を聞かれると

山下監督:山田君は原作が好きだったので、あくまで僕のイメージですが、原作を守る立ち位置だった。だからキャスティングなどは気にしていたし、原作に対して映画がどのようになっていくかをチェックする立ち位置でした。音楽や編集も立ち会ってくれました。

と語った。続いて、〈原作者である狩撫麻礼さんへの想い〉について聞かれると、

いましろ先生:狩撫さんとあったのはもう25年前で、今年の初めに亡くなってしまいました。狩撫さんが声をかけてくれなければこの漫画も映画もできていません。狩撫さんは映画が好きだったので、見ることなく亡くなってしまったのがちょっと残念です。

と語った。

山下監督:結局お会いできないままでしたし、完成する直前に亡くなってしまったので、とても残念でした。いまだに自分の中でハード・コアについてまだわからないことが多く、聞きたいことがいっぱいありましたが、聞くことができなかったな。

と狩撫への気持ちを語った。

映画情報どっとこむ ralph 〈漫画作品を実写化するにあたっての一番難しかったこと〉について聞かれると

山下監督:若い頃に読んでいて、好きだった原作を作品にするのは今回が初めてでした。自分の想い入れが強すぎて、自分と原作との距離感に最初はとても悩みました。

と語った。

最後に・・・

山下監督:とにかく一生懸命作りました。山田君含めみんなで頑張って作ったので、一人でも多くの人に見ていただければと思います。

と締めくくりました。

映画『ハード・コア』

hardcore-movie.jp


映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘 脚本:向井康介 原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA  制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ