ベリッシモ 萬田久子に「あ~ん」最後の晩餐



ベリッシモ 萬田久子に「あ~ん」。『最後の晩餐』イベントの報告です。
本作と劇中の料理の関係に感動した萬田久子さんとベリッシモさんによる“恋愛”&“料理”トークが行われました。


『最後の晩餐』がいよいよ3月1日(土)公開となります!

本作は、お互いの夢のために5年間の“別離契約”を選択した二人の、それぞれ夢をかなえた5年後の恋の行方を描くラブストーリー。

彼はシェフ、彼女は陶芸家、お互いの夢を叶えるための時間だったはずの別れなのに…。

最後の晩餐フォトセッション
劇中主人公が、大切な人に思いを込めて作る料理の素晴らしさに大感動した

イタリア出身の料理人:ベリッシモ・フランチェスコさん
女優:萬田久子さん

を迎えて
≪料理で愛を伝える講座≫イベントが17日(月)に開催されました。

【日時】2月17日(月)
【場所】渋谷 PoRTAL

ベリッシモさん:映画、感動しました。僕の仕事も料理と愛ですので似てるところがあるなと。ただし、泣ける映画ですから。。僕の仕事はおかげさまでそうなっていません。今日は究極のスープ作らせていただきました。好きな女性に料理を作って、笑顔をいただくのは大事ですね。
ホワイトデーには好きな人と2人で『最後の晩餐』観に行って欲しいです。

萬田さん:ボナセーラ(伊:こんばんは)。楽しみにしてました。最近の自慢はイギリスでイタリア男にナンパされたんですけど。

ベリッシモさん:イタリア語講座のときからみていて、映画のおかげでお会いで着て嬉しいです。

MC:え~もう、愛の告白ですか!?
最後の晩餐イベント
MC:本作はいかがでしたか?

萬田久子萬田さん:いやー泣かせていただきましたね。年齢忘れて、とっても純粋な気持ちで観させていただきました。人を愛すってことは素晴らしことだと思いましたね。

ベリッシモさん:おいしい料理をいただきながら、お友達の女性と観たんです。僕たちも泣いちゃいました。前半は料理で盛り上がる感じで、後半は感動的です。

MC:お気に入りのシーンは?

萬田さん:チャウチャウ(主人公女性)、いちいちチャーミング。男性が好きになるのはわかるし。リーシン(相手の男性役)がきざなせりふを併記で言ってるのだけれど自然なんです。それは彼女がチャーミングだからだと思います。

ベリッシモさん:彼が料理を作っているシーン。20代の頃の僕に似てるなーと思いました。懐かしい気持ちにもなりました。

MC:愛しい人にお料理を作られたことは?

ベリッシモさん:それはあります。こんどね。。

萬田さん:ええ、さっき約束したんです。家でお料理してくれるって。

MC:もう成立しちゃってるんですね。

萬田さん:大好きな人が出来ると私は手料理をしますね。男性からは。。。20代の頃に道場六三郎さんが、お弁当を作ってくださって、川原で。その後大分飲みました。お弁当箱今でも残っています。とってもいい思い出です。

MC:映画の本編と同じように料理の鉄人にもてなしをされたと。

ベリッシモさん:僕はお弁当箱をイタリアへのお土産に買って帰ります。

MC:お別れの契約を結ぶって言うのが本編ではありますが。

ベリッシモsベリッシモさん:イタリアだったら考えられない。アジアの人はそういうの好きね。イタリア人は待てないね。次ぎ行っちゃいます。欧州ではフランスの方が少しマイナス思考というか、失恋をよく語ります。イタリアはパッション、これから頑張るぞ的な感じです。

萬田さん:日本人ですが、考えられないですね。愛してるのだったら今燃え上がったら良いかと。明日何があるかわから無いですから。その日その日を大切に恋愛したいです。

ベリッシモさん:ありえないから観ちゃうんですよ。
萬田さん:素直になろうよって。5年。。次の人に行っちゃいますね。
ベリッシモさん:僕は1週間で駄目です。

MC:理想の告白は

萬田さん:回りくどくなくストレートに「愛してる」。ただ、大阪生まれなので若い頃は「愛してるとか」「アモーレ」「アイラブラブユー」。。。って言われたかったんですけど最近は「すきやねん」って言われたいかな。
ベリッシモさん:すきやねん。
萬田さん:そんな簡単に。いいなーその軽さ。

MC:ベリッシモさんが萬田さんの為に作った愛のスープを召し上がっていただきます。

ベリッシモさん:ミネストーローネナンですけど、お肉とチーズを使っていないんです。
最後の晩餐発酵食品のチーズの代用として隠し味にお味噌を。
萬田さん:深くて、濃厚でさっぱり。お野菜一杯ですね。イチコロですね。

この写真の感じで!「あ~ん」ってMCさんにふられ、萬田さん大テレです。

最後の晩餐スープ0 最後の晩餐スープ
MC:最後にこれから見る皆さんへ一言お願いします。

萬田さん:観なきゃそんな映画。純粋に泣けます。お勧めです。

ベリッシモさん:是非、カップルで笑って泣いて、最高の時間を過ごせればいいなと思います。


は2014年3月1日シネスイッチ銀座、横浜ブルク13ほかにて全国順次公開。
是非、映画館に足をお運びください。

公式HP http://bansan-movie.com

過去記事:可愛くて切ない『最後の晩餐』試写してきた
http://eigajoho.com/?p=11434


********************************************************************


『最後の晩餐』

<ストーリー>
最後の晩餐ポスター『最後の晩餐』
「5年後に会いましょう」。突然飛び出した初恋の人からの“別離契約”。陶芸家を目指す彼女(バイ・バイホー)のお皿に、三つ星シェフを目指す彼(エディ・ポン)が作るスープは最高の組み合わせ。永遠に続くと思っていた笑顔の日々、そしてウェディングドレスの約束が・・・。彼女は上海へ、彼は北京で料理修行。でもそれは、夢を叶えるためのたった5年の別れのはずだった。そして約束の日、彼からの電話が鳴る、「結婚式に出て欲しい」と。思いもしなかった衝撃の言葉が彼女の胸に突き刺さる。果たして、2人が夢を叶えた再会の時、約束は守られるのか?いつも笑顔だったあの頃に戻れるのか?

監督:オ・ギファン 『ラスト・プレゼント』
出演:バイ・バイホー、エディ・ポン、ペース・ウー、ジアン・ジンフー
原題:A Wedding Invitaiton (分手合約)
2013年/中国・韓国合作映画/中国語/103分
2014年春 シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開
配給:CJ Entertainment Japan
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ