知英・武田梨奈・駿河太郎 自分と向き合ってる瞬間は!?『殺る女』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 日本×韓国×アメリカ×フィリピン×タイ×ミャンマー×デンマークのスターが豪華競演の『殺る女』が、遂に10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国にて公開となりました。

そして、この度初日舞台挨拶をシネ・リーブル池袋にて開催!

主演の知英さん、武田梨奈さん、駿河太郎さん、宮野ケイジ監督が登壇し、撮影話などをクロストークしました!
知英、武田梨奈、駿河太郎、宮野ケイジ監督『殺る女』
映画 『殺る女』初日舞台挨拶
日程:10月27日(土)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:知英、武田梨奈、駿河太郎、宮野ケイジ監督

映画情報どっとこむ ralph ご覧になったばかりの観客の前に知英さんらが登場すると大きな拍手が巻き起こり

知英さん:雨かと思いましたが・・・晴れました!良かったです!初日嬉しいです。
知英『殺る女』
武田さん:重い映画なのでどういう顔をされているのか心配でしたが、皆さん笑顔で。安心しました!
武田梨奈『殺る女』
駿河さん:1回目、2回目ともに完売。知英凄いなと思っております。映画は明るい映画ではないですが、新しい知英を楽しんでくれればと思います。
駿河太郎『殺る女』 とめっちゃ知英さん推しな駿河さん。

宮野監督:ようこそ!いらっしゃいませ!(駿河さん:居酒屋ちゃうぞ!)えーーようやく初日を迎えられてうれしく思っています。
宮野ケイジ監督『殺る女』 との一言挨拶からスタート。


映画情報どっとこむ ralph 今年3作目の主演映画が『殺る女』作品ごとに違う顔の知英さん。今回は殺し屋。

知英さん:3作目・・今年は色々なキャラに出会って女優としても勉強になりました。暗殺者は以前にも演じていますが、今回は特に精神的にセンシティブで。完璧で。冷たい役。
どう演じるか悩みましたが・・監督に助けていただきました。この役はセリフがなかったので、日本語で覚えるのは大変なので良かった!って思いましたが、実はセリフ無しでの演技は大変でした。女優として凄く良い時間を過ごせたなと思いました。
知英『殺る女』
其々の印象を

知英、武田梨奈『殺る女』 武田さん:知英さんは完璧!すべてキラキラ!取材の時に天然ぽい部分が見えたので。その隙がまた可愛い。羨ましいです。駿河さんのことは、大好きで。年に数回会う親戚のお兄ちゃんみたいです!安心感があります。

知英、駿河太郎『殺る女』 駿河さん:親戚のお兄ちゃんです!梨奈ちゃんはドラマで一緒に出た時はふざけまくっていて楽しかったんですね。今回は闇抱えてる役で。。現場でのことを覚えてない。スクリーン見ると一緒にお芝居してるは!ってなりますけど。。会話を覚えてない。知英ちゃんとも撮影時のことを覚えてないです。逆にこの間韓国の映画祭に行ったときに明るい人なんだと思いました。で、ちょっと天然。

知英さん:私も、現場で駿河さんは無口なのかなと思ってたんです!怖いなーって。


本作は、日本×韓国×アメリカ×フィリピン×タイ×ミャンマー×デンマークのキャストが出演している作品。

監督:国際色豊かですが、それは意識しな方ですね。皆さん其々読み込んできてくれたので、ジャッジがしやすかったです。知英さんの時は英語が飛び交う感じで、知英さんが仕切ってくれてました。素晴らしかった。
宮野ケイジ監督『殺る女』
知英さん:英語のセリフもあったし・・・でも現場は国際的な感じではなかったです。

駿河さん:スタッフさんはこってこての日本人ですからね!(大笑い)

知英、武田梨奈、駿河太郎、宮野ケイジ監督『殺る女』
自分と今向き合ってる瞬間てありますか?

知英『殺る女』 知英さん:難しいですね・・・。お芝居自体が自分と向き合うことかなと思っていましたが、最近は自分が役になるにはどうすればと。向き合ってる時間が増えてきています。あと日記を書いてます。

駿河さん:メチャクチャ向き合ってる!日記なんて書いたことないわ~。(知英さん:お薦めです)

武田さん:一人で考えることが多くて。最近はゴールデン街でお酒を飲みながら考えることが多いですね!素面だと負けず嫌いな自分が前面に出るので。ほろ酔いがいいんです!
武田梨奈『殺る女』
駿河さん:役者と言う職業もそうですが。僕はサーフィン。自然と戯れると、自分の小ささを感じて、地上で考えてることも小さく感じてます!

知英さん:名言です!

と、感心しきりの知英さん。

監督:僕は現場や編集の時に、いつも自分を見つめてますね!

と、大人な監督。

映画情報どっとこむ ralph 注目点は

知英さん:強いて言えば、ホテルで戦うところ。肉弾戦。

武田さん:私もそのシーン。ニコラス・ペタストさんと知英さんに挟まれてやられたい!あの場に居たかったですね。
知英、武田梨奈、駿河太郎『殺る女』 と、やっぱり戦闘意欲満々の武田さん。

最後に・・・

知英さん:キャラクターたちの悩みとか人間関係だったりヒューマンドラマですし、アクションもな盛沢山な映画になってます。観に来てください!そしてSNSでつぶやいて!
知英、武田梨奈、駿河太郎、宮野ケイジ監督『殺る女』 ろ、舞台挨拶を締めました。

舞台挨拶後に、好調発信となった本作が、10月31日(水)18:35回の上映後、主演:知英、宮野ケイジ監督を招いて、“殺し屋・愛子が『殺る女』を語りつくすトークイベント”を緊急開催することが発表されました。

10月28日(日) 0:00 <10月27日(土)24:00>より、劇場オンラインチケット予約がスタートし、10月28日(日)シネ・リーブル池袋オープン時間より劇場窓口販売を開始となります。
https://ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/

『殺る女』絶賛公開中!

知英、武田梨奈、駿河太郎、宮野ケイジ監督『殺る女』殺る女ポスター
<ストーリー>

幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)は、両親を殺害された時に見えた腕にサソリのタトウーがある男を探すため、殺し屋となった。
孤児院育ちの加賀由乃(武田梨奈)は看護師になり、勤務先の医者に想いを寄せているものの心に闇を抱え続けている。由乃の兄で元暴力団員の加賀俊介(駿河太郎)は、
今は足を洗い、堅実に生きていた。
ある日、孤児院仲間にハメられた加賀は追い詰められ、家族や由乃を巻き込みながら、とんでもない事件に堕ちていく。
この事件をきっかけに、愛子は幼き日の自分に似た加賀の一人娘・カナと出会い、運命を狂わせてゆく。
バラバラだった愛子、由乃、加賀の3つの人生は重なり翻弄されて・・・
ミスをしない殺し屋・愛子の復讐劇に訪れる、衝撃の結末とは?

***********************************

知英

武田梨奈

駿河太郎 篠原篤
藤田りんか(子役) ニコラス・ペタス 中尾隆聖 黒田アーサー サヘル・ローズ 和希沙也
松本大志 日向丈 水石亜飛夢 江口祐貴 伊崎右典 清水一哉 玉代勢圭司 山優香
Irin Sriklao, Jaw Maran,Charice a.k,a Jake Zyrus

監督・脚本:宮野ケイジ
主題歌:“OUT THE WINDOW” Charice a.k,a Jake Zyrus
製作:岡本東郎 五十嵐匠 藤巻典敏 プロデューサー:行実良 関顕嗣 長井龍 Jaw Maran
ラインプロデューサー:山地昇 撮影監督:中澤正行 助監督:佐々木利男
照明:野村久数 録音:山田幸治 美術:中谷暢宏 ガンエフェクト:遊佐和寿
衣裳ヘアメイク:おかもと技粧 編集:江橋佑太 宣伝プロデューサー:廿樂未果
特別協賛:FCAジャパン株式会社 オハヨー乳業株式会社
制作:ストームピクチャーズ 制作協力:アトリエ羅夢
配給:プレシディオ 宣伝:MUSA 劇場営業:長谷川裕介
2018年/日本・英語/84分/5.1ch /ビスタサイズ/カラー/デジタル
©2018「殺る女」製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ