宇野維正トークイベント『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』丸の内ピカデリー爆音映画祭にて


映画情報どっとこむ ralph 今年で3回目を迎える「丸の内ピカデリー爆音映画祭」。

2016 年に日本劇場公開となった傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』、そしてイタリアの鬼才ステファノ・ソッリマを 監督に迎えた新章『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』(11/16 より全国公開)が「丸の内ピカデリー爆音 映画祭」のクロージング作品として の“爆音”先行上映&トークイベントが行われました。

前作にあたる『ボーダーライン』のキャラクター、設定はそのままに新たな国境麻薬戦争の闇に切り込んだ『ボーダーライ ン:ソルジャーズ・デイ』。本作の上映前にトークショーが行われ本作をいち早く鑑賞し<2010 年代で最高のシリー ズ!>と評する映画・音楽ジャーナリストの宇野維正氏、聞き手として奥浜レイラさんが登壇しました。

日程:10月26日(金) 19:30~20:00
会場:丸の内ピカデリー スクリーン3
登壇:宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)
聞き手:奥浜レイラ

映画情報どっとこむ ralph 宇野さん:コメントに寄せましたが、2010 年代に入ってシリーズ映画として立ち上がったシリーズものとして最高なんじゃない かと思います。

と前作がとても好きだったと語り、今回続編ということで期待が大きい分、不安要素もかなり大きかったそう。
宇野さん:僕はドゥニ・ヴィルヌーヴが現役監督 No.1だと思っていて、世界でもまちがいなく5本の指に入 る監督です。『~ソルジャーズ・デイ』はそのヴィルヌーヴじゃ なくなってしまったという・・・監督が交代したということ、主 役のエミリー・ブラントが出演しない、音楽家ヨハン・ヨハン ソンの不在、とめちゃめちゃ厳しい状況だと思ったんです。 でも、観始めたら心配する必要なんてまったくなかった!

と興奮気味に語る。

『ソルジャーズ・デイ』がそんな状況の中、見事作り上げられたのは、前作から引き続き脚本を担当したテイラー・シェリダンの存在が大きいという。シェリダンについて初めて脚本を書いた『ボーダーライン』、アカデミー賞ノミネートを果たした 『最後の追跡』(日本では Netflix で配信)、自身で監督も務めた『ウインド・リバー』の3作を<フロンティア三部作 >と位置づけ、国境や民族間のボーダーを描き続けることをアイデンティティとした稀有な作家だと分析。

宇野さん:様々な境界 をテーマにして、『ボーダーライン』の脚本を書いている時はまだ変わっていなかったかもしれないけど、まさにトランプ政権に なってから作られた映画だな、と思えます。

さらに、今回の爆音上映でより強烈に没入できる音楽を、ヨハン・ヨハンソンの弟子にあたるアイスランドの音楽家・ヒドゥ ル・グドナドッティルが手掛けたことについても言及。

宇野さん:ヨハン・ヨハンソンが残念なことに今年の2月に急逝してしまったけど 亡くなってしまったから交代したのではなくて、続編を制作するにあたり元々、弟子のヒドゥルに引き継いでいたんです。 推測でしかありませんがヨハンソンは1作目でもう十分やり切ったということなのでは。ファンとしてはネタバレになっちゃうか ら言えないけど、それでも劇中ヨハンソンの存在を否応なしに感じるポイントがあってぐっときましたね。



宇野さん:ベニチオ・デル・トロ演じるアレハンドロ、ジョシュ・ブローリン演じるマットの二人の関係性について「シェリダンはこのキャラを もっと掘っていきたくなったんじゃないか(笑)

とダークヒーローとしての新たな展開によりエンタメ感も増したことを指摘。

映画情報どっとこむ ralph 国境麻薬戦争を通してのカルテルの新たなビジネスの描き方にも触れつつ、『ボーダーライン』『~ソルジャーズ・デイ』は もちろんのこと、数多くの中南米の危険地帯を描いた作品に必ず携わっていたロケーションマネージャーのカルロス・ムニョ ス・ポルタルがドラマ『ナルコス:メキシコ』 (Netflix11/16 より配信予定)の撮影 下見をしていた際、昨年 9 月に殺害され てしまった事件を引き合いに出しつつ

宇野さん:警告ですよね・・・恐ろしい事件ですけど本当 にリアルに近いものをみていたんだと思います。メキシコ麻薬戦争の絶望とエンタメの部分、その両方をこうやって分からせてくれ る作品は稀です!

と見どころを語り、トークを締めくくりました。

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
原題:Sicario: Day of the Soldado

公式サイト:
border-line.jp

物語・・・
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビ ジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA 工作員マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カルテル に家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘 発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされた アレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。

***********************************

監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)

脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)

出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー

2018 年/アメリカ映画/上映時間 122 分
字幕翻訳:松浦美奈/PG12
配給:KADOKAWA
提供:ハピネット、KADOKAWA
© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ