塚本晋也監督『斬、』苦悩する池松壮亮!叫ぶ蒼井優! 予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開となる塚本晋也最新作『斬、』の本予告編解禁。


世界の映画祭表記とともに「ヴェネチアを戦慄させた衝撃の問題作」という言葉から始まる予告編は、第75回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門にアジアで唯一選出され、その後トロント国際映画祭、釜山国際映画祭など名だたる映画祭を席巻してきた『斬、』の熱狂を伝えるものとなっている。ラストにはギレルモ・デル・トロ監督をはじめとする世界中からの圧巻の絶賛コメントが羅列され、美しくも力強い予告編が完成。

舞台はのどかな農村にも変革を予感させるような不穏な空気が流れはじめた江戸時代末期。池松壮亮が演じる浪人の杢之進は、武士の澤村に腕を見込まれ京都の動乱に参加するように誘われる。密かに杢之進を慕っている蒼井優が演じる農家の娘ゆうが、不安な気持ちを「死ぬんですか」という言葉で投げつけ、杢之進が「死にません」とまっすぐに答える台詞が印象的だ。無頼者たちが村に流れ着き状況が一変する中で、人を斬ることに疑問をもつ杢之進の心の葛藤が映し出され、ゆうの「もうやめてください」という叫び声が悲しく響きわたる。「なぜ人は人を斬るのか」というシンプルなコピーが観るものに余韻を残す。

映画情報どっとこむ ralph 斬、

公式サイト:zan-movie.com

作品概要
太平の世が揺らぎはじめた幕末。人を斬ることに苦悩する一人の侍。生と暴力の本質を問う。
250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は、隣人のゆう(蒼井優)やその弟・市助(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてくる・・・・。時代の波に翻弄されながらも、人を斬ることに疑問をもつ侍と彼に関わる人々を通して、生と暴力の問題に迫る。観る者の心に刃(ヤイバ)を突きつける衝撃作。

***********************************

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也

出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也
2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー 

製作:海獣シアター/配給:新日本映画社 
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ