唐沢・福士『イン・ザ・ヒーロー』クランクイン


唐沢寿明・福士蒼汰が再びヒーローーに!
黒谷友香、寺島進らも続々ヒーローに!


『イン・ザ・ヒーロー』クランクイン&追加キャスト発表

「国民的番組には隠れたヒーローがいた!」
すべての映画を愛する人たちに贈る。ハリウッドを目指し、映画に命を掛ける男たちの物語。

この度、秋全国公開予定の豪華かつ一大エンタテインメント作品『イン・ザ・ヒーロー』がクランクイン。そして、ヒーロー達が決定いたしましたので、ご案内です!

イン・ザ・ヒーロー
本作は、過去40年余りの間、世界中の少年たちが夢中になって観てきた特撮ヒーローを生み出すキーパーソンである「スーツアクター」という、意外と本当の姿を知られていない、彼らアクター達を描く映画です。その中で、国民的番組「神龍戦士ドラゴンフォー」のスーツアクターとして登場するのが、主演の唐沢寿明演じる本城渉と、その分身を演じることになる人気絶頂のアイドル俳優・一ノ瀬リョウ。

主演は、実際にスーツアクターをしていた唐沢寿明さん。彼が演じる本城渉は、ブルース・リーを崇拝し、ハリウッド映画のアクターすら命の危険に降板するヒーローアクション映画に挑む、日本一のスーツアクター。

一之瀬リョウには、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で人気を不動のものとし、『仮面ライダーフォーゼ』以来のヒーローを演じる福士蒼汰がキャスティングされました!また、関西弁を駆使し、新人をビシバシ鍛える姉御キャラの大芝美咲役に黒谷友香が抜擢。そして、強面の極道スター・寺島進が、なんとフェミニンな仕草が特徴のピンクのスーツアクター役・海野吾郎を熱演します!

お話は、アクターたちの日常を描いて、生身の人間にスポットを当てながら、かつての名作『蒲田行進曲』の様に確かな夢を持った男たちを、情熱を持ってピュアに描きます。スーツアクターたち多くの共通の夢は堂々と顔を出して演じる「アクション俳優」に登り詰めることであり、アクション映画の主役を演じることです。そんな夢を見ながら奮闘する彼らと、そして奇跡を描く『イン・ザ・ヒーロー』。この映画は何よりもアクション映画やヒーロードラマを影で支え続けてきた多くの裏方や、俳優に対するオマージュをふんだんに含んでいます。

それではキャストの福士さん、寺島さんのコメントです!

【福士蒼汰コメント】
撮影は始まったばかりでこれからの現場も凄く楽しみです。去年の11月からアクション稽古を始めたので、その成果が出せたらと思います。
スーツを着てのアクションは凄く嬉しいです!衣装合わせをしたとき、強くなった気がして、戦いたいという気持ちが湧き上がってきました(笑)。仮面ライダーを演じていた頃、いろんなことを教えてもらいましたし、役者というものを実感できた場所だったので、今振り返ってヒーローをできるのは嬉しいです。知っている分、こう演じてみようかなと思ったりします。ブラックで陰がある役なので、正統派よりも演じてみたい役どころです。
スーツアクターという職業に関しては、仮面ライダー当時から、一緒に作品を作っている仲間だと感じていました。ただ表にでるのは自分達だったので、みなさんの存在をもっとみんなに知って欲しいと思っていました。そして、今回の役が、自分とリンクしている部分が多いと思っています。特撮に関しては、スーツアクターの方とのやり取りなどイメージできるので、全く知らない世界というよりは、経験ある世界だから演じやすいかもしれません。
唐沢さんとは初共演ですが、プロフェッショナルなのにナチュラルで着飾るところがない方なので、素敵だなと感じています。どれだけ吸収できるかが自分の中で課題です。
今回の役どころはハリウッド映画を目指す俳優ですが、自分もいつかはハリウッドに限らず海外の人とお仕事してみたいです。日本人とは違う感覚で生きているし、時間の流れから違うと思うので、得るものがあるだろうし、刺激を受けたいと思っています。自分のペースで焦らずいきたいです。

イン・ザ・ヒーロー寺島進 【寺島進コメント】
2、30年前に実際にピンクとかイエローとか、ブラジャーを付けるスーツアクターをやっていたからね、体力、気力、元気いっぱいで頑張りますよ!

物語はこんな感じ

『国民的ヒーロー番組には隠れたヒーローがいた!』

 熱血漢でブルース・リーを崇拝する、我らがヒーロー・本城渉(42)は『下落合ヒーローアクションクラブ』の社長兼スーツアクター。その道25年の大ベテランである。現在テレビで放送中の『神龍戦士ドラゴンフォー』の主役ドラゴンレッドの吹き替えとして、満身創痍の身体を引きずり、日々、汗を流して仕事に取り組んでいる。同世代の有名俳優たち、新人アイドル俳優たちとの葛藤を抱えながら、同じ夢見る部下のアクター達と共に、アクションヒーローを生み出す撮影現場のキーパーソンであり、少年のココロを持った大人である。
 
ある日、首の怪我が悪化する中、本城へ数年ぶりにヒーロー番組の映画版に出演する機会が巡ってくる。が、喜びもつかの間、その役は若手の新人俳優に取られてしまう。役を下ろされる事には慣れているものの、今回の新人は人気絶頂の俳優・一ノ瀬リョウ(21)。当初リョウと本城は現場で対立した。が、ある事件を境に徐々に分かり合い、後には仲間意識が芽生え、アクション俳優の訓練を共に積んでいく。スーツアクターの努力の凄さを学ぶリョウ。そして皆の訓練の成果が叶い、リョウはかねてから夢見ていたハリウッド映画『ラスト・ブレイド』への出演をオーディションの末に勝ちとることが出来た。しかし、リョウが喜び勇んで臨んだ、この日本で撮影中のハリウッド大作アクション映画の撮影現場で、とある事件が起きる。

それはクライマックスシーンで、大落下し炎にまみれて戦うという、映画史に残る一大ノーカットの殺陣をする筈だったアクション俳優が危険を理由に降板してしまい、撮影が続行不可能になってしまったのだ。困り果てたハリウッドの映画スタッフは、日本一のアクション俳優の評判を聞きつけ、本城に白羽の矢を立てるのだった。

 「日本にはアクション俳優がいない」というハリウッド映画スタッフの声を聞いたとき、忘れていた情熱が蘇る。果たして本城は誰もやった事のない危険なアクションを引き受けるのだろうか? そして隠されていたリョウの本当の夢とは何なのか? 今の時代に映画に命を掛ける男たちなんて居るのか? 何よりも彼等は正気なのか? それらの答えは全て、この映画のラストにある!

役柄紹介

福士蒼汰……一ノ瀬リョウ (ドラゴンブラック)
若手人気俳優。8年前に両親が離婚。その後、アメリカ人の義父は本国に戻っている。3年前に母親が失踪して以降、幼い弟と妹を一人で育てており、将来はハリウッドで成功し、弟と妹に不自由のない生活をさせたいと願う。国民的人気番組の映画版『ドラゴンフォー』のドラゴンブラック役を得て本城と出会う。 努力の結果、ハリウッド映画『ラスト・ブレイド』への出演を勝ち取る。


黒谷友香……大芝美咲 (ドラゴンブルー)
下落合ヒーローアクションクラブのメンバーで、『ドラゴンフォー』のドラゴンブルー。過去に大阪の女子プロレス団体で活躍していたが、スーツアクターの存在を知り、ヒーローアクションクラブに参加。勝ち気な性格の女性。スーツアクターとしての仕事に誇りを持っている。料理上手であり、リョウの良きアクション指導者の一人となる。


寺島進……海野吾郎 (ドラゴンピンク)
下落合ヒーローアクションクラブのメンバーで、『ドラゴンフォー』のドラゴンピンク。この道30年の超ベテランであり、過去様々な特撮番組でピンクスーツを演じてきた、人間味にあふれる人物。密かに主役を演じてみたいと思っている。
映画の中での『ドラゴンフォー』の美術助手・藤堂静子との結婚式は、映画のハイライトのひとつとなる。


日向 丈(ひゅうが じょう)……河合真澄(ドラゴングリーン)
下落合ヒーローアクションクラブのメンバーで『ドラゴンフォー』のドラゴング リーン。早稲田大学時代にボディビルサークルに所属し、大会に出場した経験を持っている。アーノルド・シュワルツェネガーに憧れている。26歳でヒーローアクションク ラブの門をたたくが、現在はスーツアクターとして仕事を続けていけるか不安を抱いており、保険営業 のアルバイトもしている。

『イン・ザ・ヒーロー』

は2014年秋 全国ロードショー予定です!

公式サイト/IN-THE-HERO.com

********************************************************************


『イン・ザ・ヒーロー』 
主演 唐沢寿明
出演 福士蒼汰、黒谷友香、寺島進ほか

企画:李鳳宇 監督:武正晴 脚本:水野敬也・李鳳宇  
配給:東映 
©2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ