映画『あいあい傘』倉科カナ、トミーズ雅、宅間孝行監督が京都国際映画祭に登場!


映画情報どっとこむ ralph この秋、大人たちをやさしい 涙で包み込む。映画『あいあい傘』は 10月26日(金)より全国ロードショーとなります。

そして本日 10 月 11 日(木)に京都・西本願寺にて開幕した京都国際映画祭 2018 のレッドカーペットに、 宅間孝行監督、倉科カナ、トミーズ雅が登場しました!

世界文化遺産である西本願寺の境内に敷かれたレッドカーペットを歩いた3 名。


その後のマスコミ取材を受けた 倉科カナは「このような素晴らしい場に、『あいあい傘』という素晴らしい映画でレッドカーペットを踏むこと ができて本当に光栄に思います。」とコメント。 『あいあい傘』チームが京都国際映画祭の開幕に花を添えた華々しいイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph
宅間監督コメント
「映画を作っている時に、“クールジャパン”という部分に拘りをもって作りました。小道具や映 像など日本を意識できるような作りになっていると思います。日本のいいところが沢山出てくる のでそこを見て頂きたいです。」


倉科カナさんコメント
「本作の撮影は1シーン1カットの長回しで撮ることがとても多く、そこはキャスト監督含め素 晴らしい緊張感と熱量をもって挑んだ部分です。自分の中ではとても思い入れのある作品で、ご 覧になられた方が見終わった後にどんな人の顔が浮かぶのか、どんな風に感じ取って頂けるのか とても気になります。この作品を見て頂いた方が日々の忙しい生活の中で、少し足を止めて大切 な人について考えて頂けると嬉しいです。」

トミーズ雅さんコメント
「芸人という立場ですが、レッドカーペットを踏めて本当に嬉しく思います。試写で映画を見ま したが、本当にいい映画で泣きました。この映画を見て泣かない人は病院に行った方がいいと思 います。(笑)それぐらい素晴らしい映画なので、泣きたい方は是非見て頂きたいです。」

映画情報どっとこむ ralph 家族に「愛している」と伝えられることが、どれだけ幸せなことなのかー。当たり前だと思っていた日常をと ても愛おしく感じる、家族を大切に想える映画が誕生しました。『あいあい傘』は、逢いたいのにずっと逢えず にいた父と娘の愛にあふれた 5 日間の物語です。


映画『あいあい傘』

映画公式サイト :
https://aiai-gasa.com/

映画公式 Twitter :
https://twitter.com/aiaigasamovie

10月 26 日(金)より全国ロードショー!

物語・・・
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつきは 25 年前に姿を消した父の六郎を探しにその町へやって来ます。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎と出会ったさつきは、「 祭りの取材をしたい」と嘘をついて彼に町案内をしてもらうことに。清太郎を通じて、六郎がどんな生活を送っているのかを知ったさつきは、意を決して、父の新しい家族、奥さんの玉枝と彼女の一人娘に会いに行こうとします。会いたくても会えなかった父と娘の本当の想いは届くのか…。

***********************************

キャスト:倉科カナ 市原隼人 立川談春 原田知世 ほか
監督・脚本:宅間孝行
主題歌:竹内まりや『小さな願い』(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:SDP
公開日:10月 26 日(金)ロードショー
©2018 映画「あいあい傘」製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ