ネオ・ウルトラQ Part4 初日カネゴンお出迎え報告


テレビドラマ史上に金字塔を打ち立てた『ウルトラQ』のセカンドシーズン

『ネオ・ウルトラQ』


11月9日から4ヶ月間、毎月9の日を「Qの日」とし、毎回レイトショー1回のイベント上映。

東宝シネマズ日劇 メイン館であるTOHOシネマズ日劇では、毎回初日にゲストを招いてトークショーを開催、1週間レイトショー上映されてきましたが。。。

今回は上映イベントの締め括りとなるPart.4。

TOHOシネマズ日劇にて初日の2/9(日)に怪獣達がお客様をお出迎えし、フォトセッションが実施されました。

フォトセッション2
『ネオ・ウルトラQ』特別上映Part4 初日フォトセッション

概要
日時:2014年2月9日(日)21:15~
場所:TOHOシネマズ日劇 スクリーン2
住所:東京都千代田区有楽町2-5-1-9F

<登壇者>
洗濯怪獣ブレザレン(『ネオ・ウルトラQ』より)
コイン怪獣カネゴン(『総天然色ウルトラQ』より)
人工生命M1号(特別ゲスト)

4回目の今回は、トークイベントではなく、怪獣さんたちとのふれあいイベント。

お客さんたちは怪獣と握手をしたり、一緒に写真を撮ったり、自由です!
円谷さん太っ腹!

怪獣さんたちも、とっても、サービス旺盛!
ファンの皆さんの要望に答えて色々ポーズをとっていました。

映画館の中から光る目が
映画館の中から光る目が

元祖ユルキャラといってもよいでしょう。コイン怪獣カネゴンさん
元祖ユルキャラといってもよいでしょう。コイン怪獣カネゴンさん
カネゴンさんは、とってもお茶目。僕のイメージではもっと大きいイメージだったんですがケッコー小柄。まあ、子供の頃見た印象ですから当然ですが。そしてメッチャ金色です。お金集めが好きな少年が、お金の音がする繭に飲みこまれて生まれたんですって!

最近話題のSTAP細胞的なものから生まれた人口生命M1号さんは、見た目は猿人ぽく、動きも少し粗野。なんと力はブルドーザー20台ほどあるそうです。

人工生命M1号さんも扉のところでお出迎え!
人工生命M1号さんも扉のところでお出迎え!


洗濯好きなブレザレンさんは町で人気のクリーニング屋を経営しています。こどもに人気な怪獣です。

洗濯怪獣ブレザレンさんは、舞台前でお出迎え
洗濯怪獣ブレザレンさんは、舞台前でお出迎え


ちょっと暑い映画館の中、上映前の長い時間ファンサービスしていた3体の怪獣さん!
其々お客さんにサービスする3怪獣
其々お客さんにサービスする3怪獣


***************

因みに今回の『ネオ・ウルトラQ』特別上映part4
[1] 『ネオ・ウルトラQ』「洗濯の日」(監督:田口清隆)
[2] 『ネオ・ウルトラQ』「アルゴス・デモクラシー」(監督:入江悠)
[3] 『ネオ・ウルトラQ』「ホミニス・ディグニターティ」(監督:中井庸友)
[4] 『総天然色ウルトラQ』「カネゴンの繭」(監督:中川晴之助)

3体揃ってフォトセッション
3体揃ってフォトセッション


Part1、2、3に引き続き締めくくりのPart4の特別上映を

是非!大きなスクリーンで。

過去記事:
ネオ・ウルトラQ Part1 初日舞台挨拶報告
http://eigajoho.com/?p=10651
ネオ・ウルトラQ Part2 初日舞台挨拶報告
http://eigajoho.com/?p=11191
ネオ・ウルトラQ Part3 初日舞台挨拶報告
http://eigajoho.com/?p=11958

『ネオ・ウルトラQ』特別上映HP:
http://www.tohotheater.jp/event/neo-ultra-q.html

********************************************************************


『ネオ・ウルトラQ』
『ウルトラQ』から47年、再び怪異現象が地球を襲う…。
不可解な出来事に引き寄せられるのは、心理カウンセラーの南風原仁(はいばら・じん=田辺誠一)、トラベルカルチャー誌のライター渡良瀬絵美子(わたらせ・えみこ=高梨臨)、バー「トビラ」のマスター白山正平(しろやま・しょうへい=尾上寛之)という、境遇も考え方もまったく異なる3人。南風原の恩師・屋島教授に助けられながら、3人は人知を超えた“力”に向き合っていく。

最新鋭4Kカメラを導入しこの意欲的な作品に取り組むのは、石井岳龍監督、中井庸友監督、入江悠監督、田口清隆監督ら4人のクリエイターたち。新たなキャスト、スタッフで一新しながらも、魂の部分で原点を継承する『ネオ・ウルトラQ』。異次元への扉が、いま開く……。

監督:石井岳龍、中井庸友、入江 悠、田口清隆
脚本:いながききよたか他
出演:田辺誠一、高梨 臨、尾上寛之 他
製作:WOWOW、円谷プロダクション
配給:円谷プロダクション
(C)2013 円谷プロ・WOWOW
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ