『女王陛下のお気に入り』第56回NY映画祭オープニング上映で期待通りの大絶賛!


映画情報どっとこむ ralph ヨルゴス・ランティモス監督、エマ・ストーン、オリヴィア・コールマンが登場!
テイラー・スウィフト、ジェニファー・ローレンスらセレブも駆けつけた!


今最も注目されるギリシャの鬼才、ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『女王陛下のお気に入り』が、2019年2月より全国ロードショーとなります。


9月28日(金)から開幕した第56回NY映画祭のオープニング作品として上映され、ヨルゴス・ランティモス監督、エマ・ストーン、オリヴィア・コールマン、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィン、サンディ・パウエル(衣裳)の豪華な面々がレッドカーペット、記者会見に参加しました。
-New York, NY – 9/28/18 -NYFF56 Opening Night Gala Presentation and New York Premiere of Fox Searchlights “The Favourite”
-Pictured: Nicholas Hoult, Olivia Colman, Yorgos Lanthimos (Director), Emma Stone and Joe Alwyn
-Photo by: Dave Allocca/Starpix
-Location: Alice Tully Hall

先のベネチア映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)、女優賞(オリヴィア・コールマン)のW受賞後のアメリカ初の一般向けお披露目ということで注目されたが、期待通りの大絶賛。


ゲストも超豪華で、エマの親友でニコラス・ホルトとの復縁も噂されるジェニファー・ローレンス、ジョー・アルウィンのガールフレンドとして知られるテイラー・スウィフト、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」でエマが演じた伝説のテニス・プレイヤー、ビリー・ジーン・キングなどの超セレブリティが来場し、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・セイクリッド・ディア」の俳優バリー・コーガン、ダーレン・アロノフスキー監督(「ブラック・スワン」)など映画関係者も集結。注目の高さをうかがわせた。

映画情報どっとこむ ralph 女王陛下のお気に入り

2019年2月 全国ロードショー!

物語・・・
18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。
虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が病身で気まぐれな女王を動かし、絶大な権力を振るっていた。
そんな中、没落したサラの従妹アビゲイル(エマ・ストーン)が召使いとして参内し、その魅力がレディ・サラとアン女王を引きつける。
レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺っていた。
戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが続く中、急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が待ち受けていた。


***********************************

監督:
ヨルゴス・ランティモス『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』

キャスト:
エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、レイチェル・ワイズ『ロブスター』『ナイロビの蜂』、オリヴィア・コールマン『ロブスター』、ニコラス・ホルト『シングルマン』『X-MENシリーズ』、ジョー・アルウィン『ビリー・リンの永遠の一日』

2018年/アイルランド・アメリカ・イギリス映画 
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ