映画情報どっとこむ ralph 『暁に祈れ』〝地獄〟と呼ばれた刑務所をムエタイで生き抜け 魂を揺さぶる真実の物語

『新感染 ファイナル・エクスプレス』『チェイサー』など、時代を先取るエッジーな作品を世に送り出してきたカンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、批評家サイト、ロッテン・トマトでも96%(2018年8/1付け)という高評価を獲得した戦慄の実話アクション『暁に祈れ』が、12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほかにて全国公開となります。

汚職や殺人が蔓延する実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化。新星ジョー・コールが、ボクサーを演じるために何か月もの肉体改造のすえ鋼の肉体を手に入れ、孤立奮戦する主人公ビリーを熱演している。

映画情報どっとこむ ralph 映画の情け容赦なしの世界観が垣間見える、新場面写真4枚が解禁となります!

タイで自堕落な生活に陥り麻薬中毒になってしまったボクサーのビリー(ジョー・コール)は、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。

解禁となった画像では、所内に設立されたムエタイ・クラブに参加しそこで“何か”を見出していくビリーのファイトシーンを切り取っているほか、

映画の舞台となるタイの刑務所の一角に上半身裸の囚人達が並んで座る戦慄の光景が写し出される。

言葉も全く通じない極限かつ劣悪な環境の中で、ビリーはどのようにサバイブしていくのか―― また、唯一ビリーが洋服をまとっているのは、劇中の極めて重要なシーンを切り取ったもの。

顔は傷だらけでありながらも、どこか希望をたたえた眼差しが何を見つめているのか、印象的な1枚となっている。

『ジョニー・マッド・ドッグ』で世界的に評価された監督のジャン=ステファーヌ・ソヴェールは、本作に惹かれた理由について、「何より惹きつけられたのはビリー・ムーアのキャラクターです。彼は矛盾に満ちていて、内なる葛藤や、複雑さがとても魅力的だったのです。彼は極度に暴力的な一面を持ちながらも、非常に繊細な人間でもありました」と説明。映画はそんなビリーの視点から距離を置かず、ほぼ全編にわたり1シーン1カットの長回しで撮影した上で編集でそれを分割する手法が取られているが、その狙いについて、「観客がジョー・コールに絶えず没入し、彼を通じて疲労や努力、そして時には苦しみを経験してほしいと思いました」と語っている。この世の地獄のような刑務所に収容されたビリーが、ムエタイとの出会いによりどのように魂の再生を果たしていくのか注目してほしい。

映画情報どっとこむ ralph また、特製ステッカー付き特別鑑賞券(税込1,500円)が一部の上映劇場にて9/29(土)より順次発売開始!(特典は数量限定/先着順) 劇中ビリーが背中に刻むことになる虎のタトゥーをイメージしたワイルドなデザインとなっている。

暁に祈れ
原題:A Prayer Before Dawn

公式サイト:
http://www.transformer.co.jp/m/APBD/ 

TWITTER:
https://twitter.com/APBD1208

【ストーリー】
ボクサーのビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった!死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。世界的なベストセラーをベースにした真実の物語。

***********************************

監督・脚本:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール『ジョニー・マッド・ドッグ』
原作:ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand’s Prisons」
出演:ジョー・コール『グリーンルーム』「ピーキー・ブラインダーズ」、ポンチャノック・マブラン、ヴィタヤ・パンスリンガム『オンリー・ゴッド』、
2017年/イギリス・フランス/英語、タイ語/シネスコ/117分
日本語字幕:ブレインウッズ
提供:ハピネット+トランスフォーマー
配給:トランスフォーマー
© 2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ