『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』爆音プレミア上映も決定!特別映像到着


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞®3部門ノミネートの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』の続編『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』が11月16日(金)より公開となります。


前作に引き続き名優ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ ブローリンが豪華競演。その完成度に前作の監督であり、『メッセージ』でアカデミー賞ノミネートを果たしたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督をして 「ノックアウト!素晴らしい続編に圧倒された!!」と言わしめるほどの快作が完成。

怒涛の銃撃戦!!
新たな麻薬戦争がいま、始まる―特別映像が公開!
メキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受けた CIA のマット(ジョシュ・ブローリン)、孤高の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)は麻薬王の娘イザベル(イザベラ・モナー)を誘拐し、カルテル間の抗争を引き起こす計画を実行。


攻撃部隊、 ブラックホーク、攻撃用ドローン、とルールなど存在しない無法地帯で水面下で進められたミッションは成功したかのように思えたのだが―。 デルトロは「アレハンドロとマットは兄弟みたいなもの。だが計画が進んでいく中で二人の関係は変わっていく」 ブローリン「(二人の) その絆が試されるんだ」とそれぞれコメント。 互いを信頼し合って生きてきた二人がどのような決断を下すのか。息つく間もなく撃ち込まれる銃弾の応酬、破格のスケールアップで激化する国境麻薬戦争の実態を捉え、エモーショナルな進化を遂げた本作に期待が高まる映像となっている。
映画情報どっとこむ ralph ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
原題:Sicario: Day of the Soldado

公式サイト:
border-line.jp

物語・・・
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビ ジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA 工作員マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カルテル に家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘 発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされた アレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。

***********************************

監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー
2018 年/アメリカ映画/上映時間 122 分
字幕翻訳:松浦美奈/PG12
配給:KADOKAWA
提供:ハピネット、 KADOKAWA
© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ