映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive(ナラティブ)として誕生した『二階堂家物語』が2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開します。

本作は奈良県天理市を舞台に、跡継ぎ問題に悩む 3 世代の家族の愛と葛藤を描いた物語。

今回、なら国際映画祭 2016 にて最優秀賞であるゴールデン SHIKA 賞を受賞。本作は NARAtive 映画 製作プロジェクト初の外国人女性監督とのコラボレーションとなる。エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは 映画作家・河瀨直美。

そしてこの度、なら国際映画祭 2018 レッドカーペットに加藤雅也、石橋静河、町田啓太、田中要次、白川和子、脚本のアイダ・アーサラン、アイダ・パナハンデ監督が登場しました。

日付:9月20日(木)
場所:奈良県文化会館
登壇:加藤雅也、石橋静河、町田啓太、田中要次、白川和子、アイダ・アーサラン(脚本)、アイダ・パナハンデ監督
MC:ネルソン・バビンコイ、谷口キヨコ(FM OH!DJ)

映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭 2018 のオープニング上映となる、『二階堂家物語』ワールドプレミアを開催。

同キャスト・ スタッフ陣(加藤雅也、石橋静河、町田啓太、田中要次、白川和子、アイダ・アーサラン、アイダ・パナハン デ監督)の舞台挨拶も行われた。

アイダ監督:まずは、河瀨直美さんへ感謝を述べたいです。彼女のサポー ト無しでは作れなかった映画です。そして撮影クルーや素晴らしいキャストにも感謝したい。そしてこの映画は天理市だけではなく奈良の映画です。皆様のサポート有難うございます。

とコメント。次に

白川さん:丁度1年前の私の誕生日、9月30日に撮影に入りましたが、1年たち改めて、素敵な出会いを有難うご ざいました。

と出会いへの感謝を述べた。続いて

田中さん:2年前はなら国際映画祭へ監督として参加したの ですが、クロージングをこの会場の隅で見ていました。レッドカーペットを歩きたい、この舞台に上がりた いと思っていた。今回その時のグランプリの監督の作品に参加できて、2年前これからは監督業に力を入れようと思わずに、地道に役者をやってきてよかった。

と夢が叶ったことを告白。

町田さん:僕は群馬の田舎育 ちだったので、天理で田舎の匂いを感じながら撮影できたことが本当にうれしかった。

と撮影時の喜びをコメント。

石橋さん:アイダ監督のかっこいい姿に私も何とか応えたいと思い参加していました。本当にありが とうございました。

と答えた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

加藤さん:この映画祭にもっと協力したいです。よく僕が出身は奈良県 ですというと、奈良の感じがしないと東京の人によく言われます。奈良県出身らしさがどんなものかという と、この映画見て頂いたらわかります。私は奈良の街に溶け込んでいます(笑)溶け込んだ姿を見てください。

とコメント。


上映後は観客がスタンディングオベーションを送り、アイダ監督と河瀨直美が 熱い握手。そして壇上では加藤とアイダ監督が抱擁を交わしワールドプレミア上映は大成功に終わりました。

映画情報どっとこむ ralph 3世代の家族の愛と葛藤を描いた人間ドラマがここに誕生!

二階堂家物語

<Introduction>
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に対し望まぬ相手との 結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れ だしていくが…。

***********************************

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美

出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ

配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ