映画情報どっとこむ ralph 9月8日に開幕した「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」。本日、映画祭のメインプログラムである自主映画のコンペティション「PFFアワード2018」の表彰式が、会場の国立映画アーカイブにて行われ、最終審査員の方々により、各賞が発表されました。

529本の応募作品の中から一次審査、二次審査を経て18作品が入選となり、本映画祭で各2回ずつ上映されます。

登壇:最終審査員 佐藤公美(映画プロデューサー)、大九明子(映画監督)
佐藤信介(映画監督)、冨永昌敬(映画監督)、生田斗真(俳優)

映画情報どっとこむ ralph 「PFFアワード2018」 受賞結果一覧■※監督の年齢は応募時のものです。 

グランプリ
映画監督として最も期待したいつくり手に贈られます。
『オーファンズ・ブルース』監督:工藤梨穂 (22歳/福岡県出身/上映時間:89分)  

準グランプリ
グランプリに迫る才能を感じさせるつくり手に贈られます。
『ある日本の絵描き少年』監督:川尻将由 (30歳/鹿児島県出身/上映時間:20分)  

審査員特別賞
無視することができない才能を感じさせるつくり手に贈られます。
『川と自転車』監督:池田昌平 (33歳/福岡県出身/上映時間:44分) 

『19歳』監督:道本咲希 (20歳/大阪府出身/上映時間:28分) 

『すばらしき世界』監督:石井達也 (20歳/茨城県出身/上映時間:41分) 

エンタテインメント賞
作品の優れたエンタテインメント性に対して贈られます。
『からっぽ』監督:野村奈央 (23歳/東京都出身/上映時間:52分)

ジェムストーン賞
革新的であり、既存の概念にとらわれることなく、チャレンジしている作品に対して贈られます。
『ある日本の絵描き少年』監督:川尻将由 (30歳/鹿児島県出身/上映時間:20分) 

映画ファン賞
一般審査員による賞。「映画館で見たい」才能に対して贈られます。
『すばらしき世界』監督:石井達也 (20歳/茨城県出身/上映時間:41分)

観客賞
観客の人気投票により、最も高い支持を得た作品に贈られます。 
『一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』監督:中元 雄
 (26歳/広島県出身/上映時間:66分)

※上記、第28回PFFスカラシップへの挑戦権を獲得。

映画情報どっとこむ ralph [特別設置]ひかりTV賞
既存の概念、枠組みに捉われず、最新の技術や新たな表現方法にチャレンジしている作品に対して贈られます。
『オーファンズ・ブルース』監督:工藤梨穂 (22歳/福岡県出身/上映時間:89分) 

本年は、初の試みで、表彰式後の21(金)、22日(土)で受賞作品の上映を行います。

映画情報どっとこむ ralph

▼9/21(金)、22(土)受賞作品上映
21日(金) 13時45分~
『一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』+『すばらしき世界』
21日(金) 17時00分~ 『からっぽ』+『川と自転車』+『ある日本の絵描き少年』
22日(土) 13時45分~ 『19歳』+『オーファンズ・ブルース』
     
◎グランプリ作品『オーファンズ・ブルース』は、第31回東京国際映画祭にて上映
◎動画配信サイト「青山シアター」にて配信中!

https://pff.jp/40th/

***********************************

関連記事:



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ