早稲田大学で北朝鮮が見えるトークショー


奇妙で不可解な国は知られざる映画王国だった!

北朝鮮の映画界に初めて密着したドキュメンタリー

『シネマパラダイス★ピョンヤン』


が、3月8日(土)より、渋谷 シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開となります。

それに伴い昨日1月25日(土)に公開に先駆けて早稲田大学・大隈記念講堂小講堂にて試写会を実施されました!

そして試写後には、北朝鮮をはじめとするアジアを長きにわたって取材してきたジャーナリストの野中章弘氏(アジアプレス・インターナショナル代表)。さらに、日本での在日同胞向け情報紙「朝鮮新報」を発行する朝鮮新報社・鄭茂憲 記者をゲストスピーカーに招き、“将軍様のハリウッドから覗いた北朝鮮!”をテーマに、現在の北朝鮮の知られざる実情に迫るトークショーを実施されました。

【シネパラ】トーク鄭氏(右)野中氏(左)
野中氏:「僕自身、一度も北朝鮮に行ったことがなく、マスメディアが流す情報は限られていて、そこで一般の人々の姿を目にすることはあまりない。しかも隣の国でありながら北朝鮮の一般の人と出会う機会がない中で、この映画を観ると、北朝鮮で生きる人々の素顔が垣間見れ、彼らも我々と同じようなことで、喜んだり、涙をながしたりするんだということがわかる。カメラを通して、呼吸や鼓動を感じることができて非常に興味深かったです。」

一方、北朝鮮に支局を持つ、朝鮮新報社の記者として、2012年以降、2年のうち半分はピョンヤンに滞在している鄭氏。

鄭氏:「まず、映画監督の父と女優の母というエリート一家で育った模範的な青年と、自由な女子大生の対比が面白く、特に、女子大生の家にクルーが入り、一般家庭の朝ゴハンのシーンを撮影できたのはかなり異例。食卓のおかずやお化粧のシーンなど、海外のメディアがよく撮影できたと思います。そういう意味で非常に素の部分がよくでていた」

と感心した面持ちで感想を語られました。

さらに、鄭氏によると、北朝鮮における映画とは、日本のように商業的なものではなく、あくまで社会啓蒙の手段として製作されているとのことで、中には恋愛映画のような娯楽作もあるという。しかも

鄭氏:「名作になってくると長編が何部作も続けて製作されるのが常で、本作の中にも出てくるキム・ジョンイルが作った撮影所は、日本でいうと京都にある映画村(太秦)のようなところ。そこには日本など各国のセットがあり、『名もなき英雄たち』という10部作もあるスパイ映画では、その主人公が各国で活動するシーンをそのセットで撮影した」
といった、北朝鮮の映画界にまつわる興味深い話も続きました。


また、そのあとの質疑応答では、予定時間を大幅に超えるほど観客から多くの質問が挙がり、日本を含む海外メディアの報道をどう思うか、という質問に対しては

シネパラ★ピョンヤン-ポスター鄭氏:「普段TVや新聞などの報道は、朝鮮をすべて政治化し画一化させたものとして報道されていると思う。実際2千万人の人が暮らす、その生活や文化の息吹は日本のメディアからは感じられない」

野中氏:「ジャーナリズムはイデオロギーではなく、事実から出発するのが大前提。そして住んでいる人に思いをはせ、歴史的な文脈からみていくことが必要。この映画をみることは良い機会だと思う」

という話など、多岐にわたり、この映画に対する観客の関心の高さが感じられるトークショーとなった。

『シネマパラダイス★ピョンヤン』は3月8日(土)シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開です。
********************************************************************



『シネマパラダイス★ピョンヤン』
【2012年/シンガポール/朝鮮語・日英字幕/93分
 原題:The Great North Korean Picture Show】

監督:ジェイムス・ロン、リン・リー『アキ・ラーの少年たち』
配給:33 BLOCKS
コピーライト:(C)Lianain Films
公式サイト:http://www.cinepara-pyongyang.com/
公開表記:3月8日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ