極限状態での選択とは!?『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』本予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞®3部門ノミネートの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』の続編、『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』が11月16日(金)より公開となります。
x-default

激化する国境麻薬戦争、極限の臨場感は次なる 〈 境界 ボーダー 〉 へ アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し世界中を驚嘆させた 『ボーダーライン』が、衝撃的な世界観と臨場感はそのままに新章へと突入。

前作に引き続き名優ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ ブローリンが豪華競演。その完成度に前作の監督であり、『メッセージ』でアカデミー賞ノミネートを果たしたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督をして 「ノックアウト!素晴らしい続編に圧倒された!!」と言わしめるほどの快作が完成。

そして!本予告がついに解禁!


予告映像ではメキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け た CIA のマット(ジョシュ・ブローリン)、孤高の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ) が動き出す。麻薬ビジネス、誘拐、殺人、汚職、数多の不法移民―メキシコ麻薬組織 が支配する無法地帯で二人が引き起こそうとしたカルテル間の抗争は、メキシコ警察も 巻き込んだ壮絶な銃撃戦に発展。激化する国境麻薬戦争の真っただ中で、兵士とし ての任務を遂行するアレハンドロは、自らの過去とつながる麻薬王の娘イザベル(イ ザベラ・モナー)と行動を共にする中で、自身の人間性を試される極限状況へ直面。 一方、アレハンドロと固い信頼関係で結ばれていたマットも無慈悲な米政府の方針 転換を受け、究極の選択を迫られることになる。

映画情報どっとこむ ralph 映像に緊張感をもたらすのは故ヨハン・ヨハンソンによる『ボーダーライン』のテーマ 曲”The Beast” 。当楽曲は劇中でも非常に効果的な場面で使用されている。前作 のトーンと繋がりを持ちながらも今まで決して見せることのなかった男たちの感情の揺 らぎや、アレハンドロの過去を知る少女の存在、凄まじい銃撃戦が炸裂するなど、目 が離せない予告編映像となっている。

重層的かつスリリングに交錯する人間模様を初監督作『ウインド・リバー』のヒットも記憶 に新しいテイラー・シェリダンが前作から続投して脚本化。『暗黒街』、TV ドラマ版「ゴモラ」でイタリア裏社会の闇を描き高い評価を受けるステファノ・ソッリマ監督がメガホンを取 り、破格のスケールアップとエモーショナルな進化を遂げ、再び世界中を震撼させる!

また、9月7日より全国のムビチケ対応劇場で利用できるムビチケカード(一般 1,400 円)の発売がスタート。

前売特典は「US 版ビジュアル特製ステッカー」となっている。

『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』
原題:Sicario: Day of the Soldado/

公式サイト:
border-line.jp

<STORY>
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビ ジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA 工作員マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カルテル に家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘 発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされた アレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。

***********************************

監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー 2018 年/アメリカ映画/上映時間 122 分/字幕翻訳:松浦美奈/PG12
配給:KADOKAWA
提供:ハピネット、KADOKAWA
© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. <
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ