GIANTS×『劇場版シティーハンター』 “Get Wild”を踊るチアダンスで場内も大盛り上がり!


映画情報どっとこむ ralph 原作の発行部数が全世界で5,000万部を超え、今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界の“レジェンド”「シティーハンター」が長編アニメーション映画として復活!2019年2月8日(金)に『劇場版シティーハンター(仮題)』としてスクリーンに帰ってきます!



この度、本作の公開を記念し、本日8月29日(水)に東京ドームで開催された巨人VS広島戦で、GIANTS×『劇場版シティーハンター』のコラボレーションによる「シティーハンターナイター」が開催されました!
この一夜だけのスペシャルイベントでは、先日解禁となったジャイアンツのユニホームを着用した主人公・冴羽獠と相棒・槇村香のコラボビジュアルをデザインしたオリジナルクリアファイル(非売品)が先着来場者1万人に配布され、開場からわずか1時間で全て無くなり、手にしたファン達が試合前から盛り上がっている様子を見せていました。

さらに東京ドーム内のビールカップ(プラカップ)がすべて「シティーハンターナイター」の特別仕様となっており、会場内は「シティーハンター」一色となりました。

さらに今回は冴羽獠役のレジェンド声優・神谷明さんが場内アナウンスを務めており、開場から間もなくすると、「今日は美女がいっぱいいるな~ムフフ」と冴羽獠の声が場内に響き渡り大歓声の中、



「今日の試合は、『劇場版シティーハンター』とジャイアンツのスペシャルコラボ「シティーハンターナイター」。みんな、楽しんでいってくれよ。」と本イベントの開幕を告げました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版シティーハンター(仮題)

新宿を舞台に様々な依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽獠。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋だが、無類の女好き。

相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとする獠を時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして獠を支え成長していきます。
2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコメディチックに描いた北条司による原作は1985年、「週刊少年ジャンプ」で連載開始。
1987年にサンライズ制作、読売テレビ・日本テレビ系列でTVアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作を数える大ヒット作となっています。


ソーシャルメディア公式アカウント:
https://twitter.com/cityhuntermovie

***********************************

原作:北条司
総監督:こだま兼嗣(「シティーハンター」「名探偵コナン」)
脚本:加藤陽一(「妖怪ウォッチ」)

キャスト:神谷明、伊倉一恵、一龍斎春水、玄田哲章、小山茉美

チーフ演出:佐藤照雄・京極尚彦
キャラクターデザイン:高橋久美子

総作画監督:菱沼義仁
美術監督:加藤 浩(ととにゃん)
色彩設計:久保木裕一
音響監督:長崎行男
音響制作:AUDIO PLANNING U
音楽:岩崎 琢
編集:今井大介(JAYFILM)
アニメーション制作:サンライズ
配給:アニプレックス
(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ