『神奈川芸術大学映像学科研究室』舞台挨拶決定


架空の大学の映像学科を舞台に、ある事件を隠ぺいしようとする教授たちと彼らに振り回される大学助手の人間模様を通して、“組織の理不尽”
をシニカルに描く

『神奈川芸術大学映像学科研究室』


が1月25日(土)より、いよいよ新宿武蔵野館にて公開となります。

その公開を記念して、初日舞台挨拶が行われます!

『神奈川芸術大学映像科研究室』
『神奈川芸術大学映像学科研究室』初日舞台挨拶 概要

神奈川芸術大学映像科研究室日程: 1月25日(土)

場所: 新宿武蔵野館
(新宿区新宿3.27.10)

時間21:00
本編上映前、舞台挨拶開始

■登壇者(予定):
飯田芳、笠原千尋、前野朋哉、嶺豪一、坂下雄一郎監督ほか
初日舞台挨拶以外にも、新宿武蔵野館では上映期間中連日、上映後にイベントを予定しています。
14日間連日ノンストップトークショー開催するそうです!!


詳しくはWebで!

公式サイト:http://kanagei.com/
facebook:http://www.facebook.com/kanagei
twitter:@kanagei

********************************************************************


『神奈川芸術大学映像学科研究室』

作品解説:

監督は、本作で長編映画監督デビューを果たした坂下雄一郎。大阪芸術大学、東京藝術大学大学院で大森一樹、黒沢清といった社会の不条理さを描き出してきた2人の映画監督に師事し、人間描写の鋭さと、それをシニカルな笑いをもって映し出す確かな演出力に大きな期待が寄せられています。

東京藝術大学大学院の修了制作として制作された本作で、SKIPシティ国際Dシネマ映画2013で「審査員特別賞」を受賞。さらにイギリスを代表するインディペンデント映画の祭典
「レインダンス映画祭」が発表した「見逃せない日本のインディペンデント映画監督7人」の一人としても名を連ねている新鋭です。

キャストには、教授陣に振り回される主人公・奥田に『ニュータウンの青春』『東京プレイボーイクラブ』で注目を集める飯田芳、同僚のヒロインには『彩~aja~』で映画初主演ながら第10回モナコ国際映画祭最優秀新人賞に輝いた笠原千尋。

そして、もう一人の助手役には、『桐島、部活やめるってよ』の個性派・前野朋哉がコミックリリーフ的なキャラクターを演じて作品にリズムを与え、リアルな人間像を見事に体現しています。初日舞台挨拶では、坂下雄一郎監督をはじめ、全員がハマリ役ともいうべき見事なキャスティングの若手実力派俳優陣が登壇し、撮影時の裏話などを語るそうですので是非。

出演:
飯田 芳 笠原千尋 前野朋哉 宮川不二夫 高須和彦 中村有 嶺豪一 中本章太 細井学

監督・脚本:坂下雄一郎
製作:東京藝術大学大学院映像研究科
配給:デジタルSKIPステーション
協力:コミュニティシネマセンター 2013/日本/70分/ビスタc
東京藝術大学大学院映像研究科



関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ