元理学療法士の榊原有佑監督が三浦貴大で描く真実『栞』場面写真一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、元理学療法士の経歴を持つ、榊原有佑監督が自身の経験を元に紡いだ真実の物語「栞」が10月26日(金)より全国順次公開となり、場面写真を一挙解禁。



本作は、真面目な性格で、献身的に患者のサポートに取り組む理学療法士の高野雅哉を通して描く、命の物語。私たちの身近に存在しながら、意外に知られていない理学療法士の現場をリアルに描いた本作は、公益社団法人 日本理学療法士協会の全面協力を得て制作されました。

メガホンをとったのは、初監督作の短編映画「平穏な日々、奇蹟の陽」で、アジア最大の国際映画祭「ShortShortFilmFestival2014&Asia」のJAPAN部門ノミネートを果たし、Jリーグ・FC東京の2015シーズンを追ったドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」の監督も務めた榊原有佑。

本作は監督の実体験にフューチャーして描かれ、自らが脚本も手掛けています。

主人公の高野を演じるのは、安定した演技で定評のある若手実力派、三浦貴大。
患者と向き合う人々の仕事の中で、不治の病に倒れたへの思いを抱え、自分自身への限界を感じ苦悩する高野を重厚感溢れる演技で熱演。

高野と向き合うことになる元ラグビー選手の患者を、個性的な演技で注目を集め、2019年1月には企画・主演を務めた映画「デイアンドナイト」の公開を控える阿部進之介が演じています。

そして妹役には白石聖。職場の同僚に池端レイナといった若手が集結。

映画情報どっとこむ ralph
「僕に何が出来るのか?」

誰もが自問自答するであろうこの疑問に、寄り添うように向き合い、丁寧に描かれた感動の物語が誕?しました。



物語・・・

出来ることには限界があるけど、少しずつ出来ることを増やしていかないとな―真面目な性格で、献身的に患者のサポートに取り組む理学療法士の高野雅哉。

幼い頃に母親を亡くし、現在は父親の稔、妹の遥と離れて暮らしている。
そんなある日、雅哉が働く病院にしばらく会っていなかった父・稔が入院してくる。

日に日に弱っていく稔の姿、担当患者の病状が悪化するなど理学療法士として何が出来るのか自問自答の毎日で無力感に苛まれる。しかし、そんな時ラグビーの試合中にケガをした新たな入院患者を担当することになった雅哉。その入院患者の懸命に生きようとする姿に感化され、徐々に仕事への熱意を取り戻していく雅哉だったが……。病院という身近な人の死を経験する場所で理学療法士として、雅哉の選択していく生き方とは…。

***********************************

出演:三浦貴大、阿部進之介、白石聖、池端レイナ/福本清三/鶴見辰吾
監督:榊原有佑
脚本:眞武泰徳
共同脚本:岡本丈嗣
音楽:魚返明未
主題歌:「Winter」作曲:Liam Picker/西川悟平
制作プロダクション:and pictuers
制作協力:プラスディー
特別協賛:公益社団法人 日本理学療法士協会
協賛:beachwalkers
宣伝協力:POST
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
(c)映画「栞」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ