韓国民主化闘争の実話『1987、ある闘いの真実』メイキングカットが解禁


映画情報どっとこむ ralph 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた『1987、ある闘いの真実』が、いよいよ9月8日(土)よりシネマート新宿ほかにて公開となります。

この度、メイキングカットが解禁となりました!


その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だったー。

『タクシー運転手約束は海を越えて』で描かれた光州事件から7年後。日本では空前の好景気”バブル“の幕開けに国中が浮かれていた1987年、飛行機でたった3時間の韓国では、歴史をくつがえし、国民全員の人生を劇的に変えた大事件が発生していたー。すべての始まりは、一人の青年の”不可解な死“。ソウル大学の学生が取り調べ中に命を落としたのだ。警察は心臓麻痺だと発表するが、新聞が「拷問中に死亡」とスクープし、大騒動へと発展していく。

「1987年」という激動の時代を生きた人々を演じたのは、韓国映画界を代表する豪華俳優陣たち。北分子の徹底排除に信念を燃やす南営洞警察のパク所長役にキム・ユンソク、学生の死を隠ぺいしようとする警察に対峙するチェ検事役にハ・ジョンウ、危険を顧みず運動家に手紙を運ぶ看守役にユ・ヘジン、拷問死の真相を隠蔽するために逮捕されるチョ刑事役にパク・ヒスン、真相追及に奔走するユン記者役にイ・ヒジュン、『お嬢さん』で注目され、本作では看守の姪で大学生役のキム・テリほか、学生デモに立ち上がる大学生をカン・ドンウォン、警察にマークされている運動家にソル・ギョングなどベテランと若手の演技派俳優が集結。

監督は『ファイ悪魔に育てられた少年』(2013)のチャン・ジュナン。徹底的なリサーチと細部にこだわる考証、そして奥の深いキャラクター描写と予測不能な展開で描き、第54回百想芸術大賞の映画部門にて最高賞の「大賞」、脚本賞、最優秀男優賞(キム・ユンソク)、助演男優賞(パク・ヒスン)の最多4部門受賞するなど、高い評価を得た。

しかしながら、企画が動き出した当初は、朴槿恵(パク・クネ)政権時代ゆえに、表現に対する弾圧が激しく、シナリオは外部に漏れないよう、秘密裏で行わざるを得ず、資金集めも困難を極めたという。一方では名のある多くの俳優たちは、まだパク政権が完全に終わったわけではないのに、勇気を振り絞って参加を表明してくれたそうで、まさに、

チャン・ジュナン監督いわく「アベンジャーズ級」といえる韓国を代表する実力派俳優たちの共演が実現!今回解禁となった映像では、その俳優たちが勢ぞろいし、ユ・ヘジンは「日本でもたくさんの方に見て頂きたい」とメッセージを寄せている。

さらにあわせて解禁となったメイキングカットでは、チャン・ジュナン監督と真剣な表情で話し込むハ・ジョンウや、
当時の新聞記事を見つめるキム・テリなどの様子が。
1987年当時を再現した街並みなどにも注目です。

映画情報どっとこむ ralph 1987、ある闘いの真実
原題:1987

1987arutatakai-movie.com


物語・・・
1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。
徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策する。これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走するが、警察による妨害もエスカレートしていく。

また、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も立ち上がろうとしていた。

***********************************

監督:チャン・ジュナン(『ファイ 悪魔に育てられた少年』、『カメリア』)

出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、ソル・ギョング、カン・ドンウォン、パク・ヒスン、イ・ヒジュン、ヨ・ジング

提供:ツイン Hulu
配給:ツイン
宣伝協力:ブレイントラスト
/2017年/韓国/カラー/129分
©2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ