ディヴィーナ・ヴァレリア来日!カルーセル麻紀とトークイベント!『ディヴァイン・ディーバ』


映画情報どっとこむ ralph ブラジルで活躍したドラァグクイーン達のなかでも第一世代とよばれる、いわばドラァグクイーンカルチャー黎明期を支えた人々を追ったドキュメンタリー『ディヴァイン・ディーバ』が9月1日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショーとなります。

そして、出演している歌手のディヴィーナ・ヴァレリアさんが来日。『ディヴァイン・ディーバ』の試写会とプレミアトークショーが行われました。

ゲストにはヴァレリアさんと46年ぶりの再会を果たしたカルーセル麻紀さんも登壇しました。

日時:8月22日(水)
場所:駐日ブラジル大使館(港区北青山2丁目11-12)
登壇:ディヴィーナ・ヴァレリア、カルーセル麻紀
MC:ヴィヴィアン佐藤

映画情報どっとこむ ralph ブラジル大使館の試写室にて行われた『ディヴァイン・ディーバ』の上映後プレミアトークショーに、出演者のディヴィーナ・ヴァレリアさんと、彼女と47年ぶりの再会を果たしたカルーセル麻紀さんが登壇し、トークショーが行われた。

映画上映後に大きな拍手で迎えられたヴァレリア氏は満面の笑みで観客に答える。ブラジルの伝説のドラァグクイーンの登場に会場は盛り上がる。

ヴァレリアさん:実は47年前に公演で日本に来たこともある。

と話すヴァレリア氏のもとに、スペシャルゲストとしてカルーセル麻紀氏が登場。お互いに大喜びした様子で熱い抱擁をするが、実はヴァレリア氏の来日の際に会っていて、実に47年ぶりの再会を果たした二人。

カルーセルさん:映画をご覧になって素顔が映されるのが普通は嫌だと思うけれど、映画に映った素顔が素敵だった。そういった素の顔が撮れたのも監督が普通の女でなく、劇場のオーナーの孫だったから。だからこそ撮れた映画だったと思う。

とこの映画の感想を語り褒めると、

ヴァレリアさん:まさか映画に使われるとは思わなかった。知っていたらもう少ししっかりとしたのに。実際には映像を撮られている時には使われることを知らなかった。監督が編集の時に舞台上を映すより舞台裏の方が重要だと気付いたと言っていた。だからこの映画では舞台裏のシーンが多くなった。

と伝説のドラァグクイーン達の素顔に迫ることができた理由を明かした。

映画情報どっとこむ ralph 最近世間を騒がせた女性議員の「生産性がない」という発言に対して、

カルーセルさん:先進国である日本の方が、ブラジルよりよっぽど遅れている。ブラジルの方が結婚もちゃんとできるし幸せな国だと思う。

と、日本の今を嘆くと、

ヴァレリアさん:生産性がないという発言ですが、全世界中で人口爆発が起きていて、食料問題とか色々な問題が起きている。だからゲイのカップルとかもっと認められていいはず。

と、独自の視点から語り場を和ませていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

現役の歌手でもあるヴァレリアさんが、劇中でも歌われる「マイ・ウェイ」を披露し、その深みのある歌声に集まった観客も感動した様子だった。日本で現役で活躍するドラァグクイーン達も駆けつけるなど、ブラジルと日本を代表するドラァグクイーンの夢の共演に観客は酔いしれ、終始異様な熱気を帯びたトークイベントは幕を閉じた。

映画『ディヴァイン・ディーバ
原題:DIVINE DIVAS

は9月1日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー。

物語・・・
1960年代のブラジル。軍司独裁政権下の厳しい時代にゲイやレズビアンなど性的少数者達には、今のような自由はなかった。だが、彼らは、女性装をして芸能の才を披露することで、自分らしく生きることを選んだ。かつてレジェンド達が歌い、踊っていた拠点であるリオ・デ・ジャネイロのヒヴァル・シアターの創立70周年を記念し、この劇場から巣立ったレジェンド達を一堂に会した「ディヴァイン・ディーバス・スペクタクル」が開催される。2014年に行われた特別版、レジェンド達のデビュー50周年祝賀イベントのプレミアでは、長い間舞台の仕事からは遠ざかっていた高齢の彼女らが、文句タラタラ四苦八苦しながら演目に挑む姿をとらえつつ、輝かしい60年代のシーンを振り返っていく。

***********************************

監督・脚本:レアンドラ・レアル 
出演:ブリジッチ・ディ・ブジオ、マルケザ、ジャネ・ディ・カストロ、カミレK、フジカ・ディ・アリディ、ホジェリア、ディヴィーナ・ヴァレリア、エロイナ・ドス・レオパルド

2016年/ブラジル/ポルトガル語/110分/カラー/ビスタ
提供:青幻舎/ミモザフィルムズ
配給:ミモザフィルムズ
© UPSIDE DISTRIBUTION, IMP. BLUEMIND, 2017
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ