アルパインクライマー・山岳カメラマン:平出和也『クレイジー・フォー・マウンテン』山の日記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 新宿武蔵野館・シネクイントほか全国にて公開中の世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を追った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』。

8月11日の山の日を記念し、アルパインクライマーで山岳カメラマンの平出和也さん(39歳)迎えてトークイベントが行われました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』
日付:8月10日
場所:新宿武蔵野館
登壇:平出和也(アルパインクライマー/山岳カメラマン)

映画情報どっとこむ ralph 平出さんに密着した「情熱大陸」(MBS・TBS系)が7月29日に放送され、彼のその果てしない山への挑戦に、視聴者が「ガチですごい!」「衝撃!」などとSNSで発信するなど多くの話題を集めたばかり。

この日も、お客様たちと一緒に本作を観賞された平出さんが、上映後そのまま客席からステージに登場すると歓声が起き、その人気ぶりがうかがえました。

そして、今見た感想を開口一番

平出さん:哲学的な映画で、自分も何故、山に登るのか改めて考えさせられました。

と感想を述べました。

平出さんに関する最新ニュースとして、MCが“登山界のアカデミー賞”とも言われる「ピオレドール賞」を日本人で唯一、しかも2009年に続き二度目の受賞決定が先日発表されたことに触れると、未踏峰・未踏ルートにこだわり、数々の新ルートを制覇し続ける平出さんは

平出さん:この賞は順位を競うようなものではなく、わたしの探求心に対して、よく見つけたね!というような賞なんです!

と、「ピオレドール賞」について説明。今回の受賞は、昨年の夏、15年かけて挑み続けてきたパキスタンのカラコルム山脈「シスパーレ」に4度目の挑戦で見事登頂した功績が称えられて贈られるものであることを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 映画についてのトークでは、本作の撮影監督であるレナン・オズタークと、ミャンマーのカカボラジ山で偶然遭遇したことがあるというエピソードが飛び出し、その際、レナンが撮影に使っていたドローンを3基も墜落させてしまい

平出さん:和也、ドローンもらえないか?と言われたことがあるんですよ!

と平出さん。世界有数の山岳カメラマンであるレナンの意外な部分が垣間見えるエピソード。

また、本作を手掛けたジェニファー・ピードン監督が前作『Sherpa』の撮影監督を探していた際に

平出さん:ジェニファー・ピードン監督にレナンか和也か悩んでいる。と言われていたんです。あの時、僕が選ばれていたらこの映画にも関わっていたかもしれないですね。

と笑顔で語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・山の日記念ということで自身の心の山は何処か聞かれ

平出さん:小さい頃に親に連れて行ってもらった八ヶ岳。木々の匂いを嗅ぐだけで充実した気持ちになる。皆さんも大切な人と登った山や季節を変えて登る山があれば大切にしていただきたいです!

とイベントを締めました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開中です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************


製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク
ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face  
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ