知英&原監督Q&A『私の人生なのに』第14回堤川国際音楽映画祭での上映後に


映画情報どっとこむ ralph 8月9日(木)から韓国・堤川(チェチョン)にて国際音楽映画祭がスタート。

音楽と映画の融合をテーマにする韓国唯一の音楽映画祭として、今年は世界38ヶ国、116本の音楽映画が上映されております。

昨日、映画『私の人生なのに』主演の知英さんと原桂之介監督がレッドカーペットを歩くと、3000人を超える観客から大歓声を浴びました!


そして、本日13:00からは、韓国・Megabox Jecheon 3にて本作が初上映。
上映後、知英さんと原桂之介監督が登場し、舞台挨拶とQ&Aを行いました。

日付:8月10日
場所:韓国・Megabox Jecheon 3
登壇:知英、原桂之介監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後、会場内には拍手とともに涙の音が響きました。
知英さん演じる金城瑞穂の生き方は、国を超えて、韓国でも人々の心に熱い想いを残しました。
知英さんは、地元のお客様からの「日本で俳優業でも活躍されており、JYとして歌手活動も行っていて凄いと思いますが、大変なことはないですか?」という質問に、

知英さん:確かに、言葉の問題などもあるので、大変なことがないとは言えないけれど、原監督や今回の作品と巡り合えたような素敵な出会いもたくさんあり、日本でスタッフさんや周りの方々にすごく応援して頂き、それが力になりました。その応援と支えがあったからこそ大変でしたが一生懸命頑張れました。
と笑顔で語り、自国での上映に胸を詰まらせておりました。

原作も読んだことがあるのですが、原作には音楽や歌の表現がないので、音楽で作品を表現するのは映画のオリジナルな部分だと感じました。音楽で物語を綴り、キャラクターに息吹を与えてみて、いかがでしたか?

という問いに

原監督:瑞穂(知英)の幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)が劇中歌の歌詞を、何本か手掛けさせていただきました。セリフで表現するだけでなく音楽でも状況や心情を表現しながら作品を作り上げていくことは、難しい部分もありましたが、非常に楽しかったです。

と答え、本作が音楽の映画祭ならではの上映作品であることをアピールでき、また、韓国でも映画が受け入れられたことに感銘を受けておりました。

【第14回 堤川国際音楽映画祭】は、“音楽”がテーマの国際映画祭。
メガボックス提川、提川市文化会館、清風(チョンプン)湖畔舞台、義林池(ウィリムジ)舞台など堤川市一帯で8月14日(火)まで開催を予定しております。
2005年の初年度は、矢口靖監督の「Swing Girls」がオープニング作品として上映され、その後も、山崎貴監督「ALWAYS 三丁目の夕日」、北野武監督「菊次郎の夏」や中田秀夫監督「リング」など錚々たる邦画界の代表作品が出品されております。
昨年創設された「堤川アジア映画音楽名誉賞」は、日本人の川井憲次さん(「デスノート」「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」などを担当した日本を代表する映画音楽家)が受賞しています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『私の人生なのに

物語・・・
絶望の先に見えた、人生の新しいステージ
新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう。
競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに再会し、「一緒に歌おう!」と誘われるが戸惑いを隠せない。瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき・・・人生がふたたび動きはじめた彼女が見た新たな夢とは?

***********************************

知英
稲葉友  /  落合モトキ
蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣 
?橋洋  赤間麻里子

監督・脚本|原桂之介
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作|瀬井哲也 プロデューサー|行実良、柴原祐一 共同プロデューサー|長井龍
撮影|加藤十大 照明|志村昭裕 録音|小林武史 美術|田口貴久 編集|相良直一郎 
衣裳|岡本華菜子 ヘアメイク|及川奈緒美 キャスティング|あんだ敬一 助監督|岩坪梨絵 
制作担当|金子堅太郎 ラインプロデューサー|傳野貴之
音楽|山本加津彦  主題歌|JY「涙の理由」

制作プロダクション|ダブ  
協力|J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給|プレシディオ 宣伝|MUSA
?2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ