2013年第87回キネマ旬報ベスト・テン&個人賞



1月9日にキネマ旬報社より

「2013年 第87回キネマ旬報ベスト・テン&個人賞」


受賞結果発表されました。

「キネマ旬報ベスト・テン」は、日本で最も長い歴史を誇る映画雑誌『キネマ旬報』が1924年(大正13年)より主催してきた映画賞です。なんとアメリカのアカデミー賞より1回多く開催しています。

公式ホームページ:
http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/2013/award/

<日本映画ベスト・テン>
1位 「ペコロスの母に会いに行く」(東風)
2位 「舟を編む」(松竹/アスミック・エース)
3位 「凶悪」(日活)
4位 「かぐや姫の物語」(東宝)
5位 「共喰い」(ビターズ・エンド)
6位 「そして父になる」(ギャガ)
7位 「風立ちぬ」(東宝)
8位 「さよなら渓谷」(ファントム・フィルム)
9位 「もらとりあむタマ子」(ビターズ・エンド)
10位 「フラッシュバックメモリーズ 3D」(SPOTTED PRODUCTIONS)
次点:フィギュアなあなた

<外国映画ベスト・テン>
1位 「愛、アムール」(ロングライド)
2位 「ゼロ・グラビティ」(ワーナー・ブラザース映画)
3位 「ハンナ・アーレント」(セテラ・インターナショナル)
4位 「セデック・バレ 第一部 太陽旗・第二部 虹の橋」(太秦)
5位 「三姉妹~雲南の子」(ムヴィオラ)
6位 「ホーリー・モーターズ」(ユーロスペース)
7位 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(20世紀フォックス映画)
8位 「ザ・マスター」(ファントム・フィルム)
9位 「熱波」(エスパース・サロウ)
10位 「もうひとりの息子」(ムヴィオラ)
次点:嘆きのピエタ

<個人賞>
日本映画監督賞 石井裕也「舟を編む」
日本映画脚本賞 荒井晴彦「共喰い」
主演女優賞 真木よう子「さよなら渓谷」「そして父になる」
     「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」
主演男優賞 松田龍平「舟を編む」
助演女優賞 田中裕子「共喰い」「はじまりのみち」
助演男優賞 リリー・フランキー「凶悪」「そして父になる」
新人女優賞 黒木華「舟を編む」「シャニダールの花」他
新人男優賞 吉岡竜輝「少年H」
外国映画監督賞 アルフォンソ・キュアロン「ゼロ・グラビティ」

<文化映画ベスト・テン>
1位 「標的の村」
2位 「ある精肉店のはなし」
3位 「異国に生きる 日本の中のビルマ人」
4位 「みえない手錠をはずすまで」
5位 「天に栄える村」
6位 「飯舘村 放射能と帰村」
7位 「先祖になる」
8位 「本美濃紙」
9位 「いのちの林檎」
10位 「ひろしま 石内都・遺されたものたち」

第1位作品鑑賞会および表彰式は、2014年2月8日(土)、銀座ブロッサムにて行われます!当日の模様は、後日『キネマ旬報』誌面に掲載されるそうです。

なお、2月より順次、全国劇場にて「2013年 第87回キネマ旬報ベスト・テン特集上映」が行われます。お楽しみに!詳しくはこちら

********************************************************************

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ