映画『顔たち、ところどころ』×浅間国際フォトフェスティバル コラボ決定!


映画情報どっとこむ ralph 軽井沢にほど近い長野県御代田(みよた)町で 2018年8月11日より開催される「浅間国際フォトフェスティバル」 にて、映画『顔たち、ところどころ』に登場するJRのフォト・トラックが登場!併せて、映画の特別試写会も行います。

浅間国際フォトフェスティバルは、「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする」というコーポレートミッションを持ち、写真雑誌『IMA』を出版している株式会社アマナと 御代田町が共同で開催。

ソシテ・・・

映画『顔たち、ところどころ』 は、名匠アニエス・ヴァルダと写真家でアーティストのJRが、フランスの田舎街をめぐり、人々と出逢い、作品を一緒に作り残していくドキュメンタリーです。

写真でそこに住む人々とふれあう、写真で町おこしをする、そんなコンセプトの元、映画『顔たち、ところどころ』と 「浅間国際フォトフェスティバル」がコラボレーションすることが決定しました。

9月15日の公開に先駆けた特別試写会の開催に加え、大都市から紛争地帯、様々な場所でそこに住む人々の大きなポートレイトを貼り出す<インサイドアウト> プロジェクトで知られるアーティストJRのフォト・トラックが登場。

ポートレイト撮影用のフォトブースとポスターを印刷するプリンターを装備しており、ご来場の方々の写真を撮影し、そのポートレイトが会場内に展示されます。
既に会場には、まるで映画のワンシーンのように、御代田町の人々の写真が展示されています。
御代田町の自然と調和し、今まで体験したことのないような五感で感じる写真の楽しみ方を提案する浅間国際フォトフェスティバルは今年プレ開催。

国内外で活躍する三十数名の写真家が参加し、ワークショップやトークイベント、地元の交流など様々な体験型のイベントも予定されています。

映画情報どっとこむ ralph 浅間国際フォトフェスティバル
【会期】2018年8月11日(土)~ 9月30日(日)10:00~18:00
※オープニングレセプション 8月11日(土)10:00~

【会場】長野県北佐久郡 御代田町 旧メルシャン軽井沢美術館 周辺エリア(北佐久郡 御代田町馬瀬口1794-1)

【参加作家一覧 (敬称略) 】:アニエス・ヴァルダ+JR、うつゆみこ、ダミアン・プーラン、鈴木理策、マッシモ・ヴィットーリ×谷尻誠(建築家)、水谷吉法、清水はるみ、藤原聡志、小池健輔、ホンマ タカシ、小林健太、小山泰介、石橋英之、ジェシカ・イートン、ルーカス・ブレイロック、チャーリー・エングマン、金村修、ルーク・ステファンソン×元木大輔(建築家)、伊丹豪、エド・ファン・デア・エルスケン、川内倫子、鷹野隆大、横田大輔、シャーロット・デュマ、森山大道、チャド・ムーア、モーテン・ラング×元木大輔(建築家)、ロジャー・バレン

【公式ホームページ】
http://asamaphotofes.jp/

映画『顔たち、ところどころ』上映
【日時】2018年8月18日(土)、8月19日(日)14:00~
【会場】あつもりホール(エコールみよた内)
【参加費】無料

JRのフォト・トラック
【日時】8月11日(土)~8月19日(日)
【会場】 フェス会場内
【参加費】無料

※ 撮影されたポートレイトは会場に展示されるため、お持ち帰りできません 。コピーライトフリー(誰でも自由に使うことができる画像)となります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『顔たち、ところどころ

2018年9月15日(土)より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/kaotachi/

Twitter:
@FacesPlacesJP

行先は、はじめてなのになつかしい あの場所。

映画監督アニエス・ヴァルダと、写真家でアーティストのJR。
年の差54歳の二人が、フランスの田舎街を旅しながら人々とふれあい育む、でこぼこで優しい友情。

「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督の先駆で、カンヌ、アカデミー両賞で名誉賞を受賞しているアニエス・ヴァルダ。そして、大都市から紛争地帯、様々な場所で、そこに住む人々の大きなポートレイトを貼り出すアートプロジェクトで知られるアーティストJR(ジェイアール)。
『顔たち、ところどころ 』は、そんなふたりがフランスの田舎街を旅しながら、人々とふれあい、作品を一緒に作り残していくロード・ムービースタイルのハートウォーミングなドキュメンタリー。

第90回 アカデミー賞 ドキュメンタリー部門 ノミネート
第70回 カンヌ国際映画祭 ルイユ・ドール(最優秀ドキュメンタリー賞)受賞
第42回 トロント国際映画祭 観客賞ドキュメンタリー部門受賞


間違いなく今世紀最高のノンフィクション映画の一本。
――CriterionCast

不完全かつ、かけがえのない記憶の地図だ。
――LA Times

完璧。ヒューマニズムの奇跡!
――Rolling Stone


***********************************

監督・脚本・ナレーション:アニエス・ヴァルダ、JR
出演:アニエス・ヴァルダ、JR
音楽:マチュー・シェディッド(-M-)
字幕翻訳: 寺尾次郎
配給・宣伝:アップリンク
2017年/フランス/89分/1:1.85/5.1ch/DCP
© Agnès Varda – JR – Ciné-Tamaris – Social Animals 2016.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ