黒木瞳が福岡ヤフオク!ドームでセレモニアルピッチ! “インクレディブル”な投球を披露!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー®賞2部門(長編アニメーション賞、音響編集賞)に輝き、世界中の観客を魅了した『Mr.インクレディブル』の待望の最新作『インクレディブル・ファミリー』が
8月1日(水)より『インクレディブル・ファミリー』を全国公開となりました!

家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生!

この度、スーパーパワーを持つヒーロー家族を描いた物語であることから、パ・リーグ6球団との夢のタッグ「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」が実現。

本作で各球団の“ヒーロー選手”が、吹替えに挑戦していることも話題になっています。

福岡ヤフオク!ドームでの“インクレディブル・デー”のオリックス戦の2日目となる8月5日。

球場にはフォトロケーションやMr.インクレディブル一家のスタンプラリーが登場。さらに先着で特製クリアファイルや、映画のキーアイテムである黒いアイマスクが先着でプレゼントされ、球場全体が“インクレカラー”に染まりました。

映画情報どっとこむ ralph この“インクレディブル・デー”をさらに盛り上げたのは、福岡県出身で日本版イラスティガール/ヘレン役の声優を務めた黒木瞳のセレモニアルピッチ!
ピッチ登壇に先駆け、福岡ソフトバンクホークスの“ヒーロー”として『インクレディブル・ファミリー』で一言声優にも挑戦した柳田悠岐選手との顔合わせが実現。劇中ではイラスティガールと運転士として共演済みの二人だが、実際に会うのはこれが初めて。

黒木さん:上手なので声優さんがやってるかと思っていた。

と絶賛。

柳田選手:一言だけだと聞いて、自信を持って収録に出かけたら、セリフを50回くらい言わされて、汗だくでした(笑)

と収録時のエピソードを披露。

柳田選手:けど、黒木さんに褒めてもらえて良かった!

と笑いを誘った。 セレモニアルピッチに挑む黒木さんへのアドバイスを求められると、

柳田選手:軽い気持ちで、自信を持って。練習で長い距離を投げていたら、18mは意外に近いと思うので大丈夫ですよ!

とエールを贈った。


セレモニアルピッチ本番、詰めかけた観客に

黒木さん:『インクレディブル・ファミリー』信じられないくらい面白いのでぜひ皆さんみて下さい!

と映画をアピールし、いざマウンドへ。バッターボックスに立つ、”インクレヒーロー風”マスクをつけた球団マスコットハリーくん目がけて渾身の1球を放つと、ボールは見事、キャッチャーミットに!

映画情報どっとこむ ralph 終了後、セレモニアルピッチ挑戦について、

黒木さん:楽しかったです!

と晴れやかな表情で語った黒木さん。

本番前には笠谷投手から投球レッスンを受け、

黒木さん:投球フォームとか、”リラックスして”などと教えていただいたおかげで、落ち着いてできました!

と満足気に語った。また、ピッチング練習には、工藤監督も顔を出したそうで

黒木さん:プロ選手は、早い球には慣れているが、逆に私が投げるようにゆっくりのボールだと選手が打てないのでいいピッチング!と褒められました!

と明かしてくれました。


最後に・・・

福岡はすごく盛り上がる。球場の熱気も久しぶりでした。これからも盛り上げ頑張って欲しいです!

と締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph インクレディブル・ファミリー

オフィシャルサイト:
disney.jp/incredible


物語・・・
彼らは、どこにでもいるフツーの家族…ではない。パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族なのだ!超人的なパワーをもつパパ、ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ、ヘレン、超高速移動できる長男ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイオレット。さらに、スーパー・パワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャック・ジャック…その潜在能力は、まだ未知数。家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生した!

***********************************

監督:ブラッド・バード
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ