『カメラを止めるな!』2 館から全国 120 館以上に“感染”拡大! 御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの≪シネマプロジェクト≫第7弾作品、上田慎一郎監督待望の長編デビュ ー作『カメラを止めるな!』は、上田監督がオーディションで選んだ無名の俳優たちと共につくった渾身の一作。数か月 に渡るリハーサルを経て俳優たちに当て書きをした、他に類を見ない構造と緻密な脚本、37 分に渡るワンカット・ゾン ビサバイバルからはじまる誰も観たことのない展開に度肝を抜く、挑戦に満ちた野心作。

連日、絶賛とおススメのコメントが飛び交い、週末観客動員数ミニシアターランキングでは 2週連続堂々の第一位! Filmarks上半期満足度第一位! など勢い止まらず、大きな社会現象となっています!

たった2 館での公開から始まった本作が、全国120館以上の劇場に公開拡大となったのはひとえにこれまで応援してく れた観客のおかげ。その御礼の意味を込め、「“感染”拡大公開 御礼舞台挨拶」が行われました。

会場となったTOHOシネマズ日比谷 スクリーン 12 のおよそ 500席は発売後 3分程で即完売!!スタンディングオベーシ ョンの中、上田慎一郎監督&キャストら 18 名が客席より役衣装で登壇!!感動のあまり、おもわず涙する登壇者も続出しました。

“感染”拡大公開 御礼舞台挨拶
日時:8月3日(金)
場所:TOHO シネマズ 日比谷
登壇:上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、 山﨑俊太郎、大沢真一郎、竹原芳子、浅森咲希奈、吉田美紀、合田純奈、山口友和、藤村拓矢、 曽我真臣、佐渡未来、秋山ゆずき

映画情報どっとこむ ralph 最初にマイクを握ったのは上田監督。会場のあまりの熱狂に「何しゃべろうか、ぶっ飛んでしまいました…(笑)。震えが止まり ません」と挨拶。

上田監督:去年の夏、ちょうど 1 年前に撮影しましたが、まさかそのときは TOHO シネマズの大スクリーンに、みんなの顔が こんなに大きく映る日が来るとは思いませんでした。『(この状況を)想像もしていませんでした』とか、毎回、取材で言ってる んですが、考えたら、どこかで映画の力を信じていたところがあって。2 館から、まさかの 124 館への拡大…奇跡だと思うけ ど、1 年前、誰も知らない時から全員で慣れない SNS を始めたり、ビラ配りをしたり、ずっと声を上げ続けてきました。今日 も、ここに立てないキャストもいて、スタッフも駆けつけてくれて、最後にスタンディングオベーション……こんな映画を僕は知 りません。本日は本当にありがとうございました。

この日は特別に、キャスト陣は劇中の衣装で登壇。登壇陣のひと言、ひと言に対し、客席からは熱い歓声が飛ぶ。

日暮隆之役の濱津隆之は開口一番、緊張のあまり(?)、夜 9 時近くの舞台挨拶にもかかわらず、思わず「おはようござい ます」と挨拶し、周囲から「ウソやろ!」などツッコミを浴びる。 濱津隆之:まさか自分たちがこんなサイズになる日が来るとは…現場では 1 ミリも頭をかすめることなく、その日、その日を ただ一生懸命に撮ってたんですが…。(映画を観ながら)ことあるごとに、「みんなデッカいな」と思ってました。みなさんのお かげでたった 2 館から、こんなすごいところに来ることができました。

真魚(日暮真央役):一緒に見させていただいて、サイズにビックリするんですけど、でも自分が出演した映画を大きいスクリ ーンで見たいって、役者になったときからずっと思っていたので、不思議な半面、嬉しいような複雑な気持ちで見てました。 (映画が終わって)立って拍手をいただいて、隣のしゅはま(はるみ)さんが泣いてて、グッときました。

日暮晴美役のしゅはまはるみは劇中での爆笑ポイントでもある「ポン!」を生披露!! しゅはまはるみ:本当にこんな大きい画面で…自分の顔もそうですが、(スクリーンが)大きいから、後ろも全部見えて、エキス トラで参加してくれた仲間も全部見えて…あぁ、本当にみんなで作ったんだなって思ったら、初めてクライマックスのシーンで 涙が出てきてしまって…。(声を詰まらせながら)ありがとうございます。ここまで来れたのは、ずっと応援し続けている方が増 えてきているからで、本当に感謝しかありません。本当にありがとうございました。

大沢真一郎(古沢真一郎役):力のない人間で作った作品が、みなさまの後押しをいただいて、まさか全国に掛かるとは予 想だにしてなかったです。ただただありがとうございます!

劇中で強烈な印象を残す笹原芳子役の竹原芳子は、大阪から上京し登壇。 竹原芳子:去年の 2 月には、そちら側(※映画館の客席)にいて、今はこちら側に…。SNS のことも、監督の映画への愛の 大きさとかも、それまでは何も知りませんでしたが、今日、改めて色々感じています。(観客に向けて)何か挑戦したいことが あったら、やってほしいと思います。人生のカメラを止めるな!

松浦早希役の浅森咲希奈は、登壇時からずっと泣きっぱなし! 浅森咲希奈:(涙声で)今日は本当にありがとうございます。みなさんのおかげで、自分が思い描いていた夢や目標がどんど ん叶っていって、「明日死んじゃったらどうしよう」っていつも寝る前に思っています・・・。シンデレラになったような気分です。 でもひとつ、悔しいことがあって、どこもかしこも「無名役者」って書いて…私自身はすごく悔しいです。いつか「期待の若手 女優」って書いてもらえるように頑張りたいです。またいつかここに立てるように頑張ります。生きててよかったです。本当に ありがとうございます。

山口友和(谷口智和役):ホントに小さな映画でしたが、みなさんのおかげでここまで大きくなりました。全員を、この奇跡の 瞬間に立たせていただいたのは、見ていただいたみなさんのおかげです。

合田純奈(栗原綾奈役):人生で見たことない景色と感じたことない感情で…もうわけわかんないです。なんも言えないです ね。私は演技もしたことがなく、シネマプロジェクトに応募してなぜか受かって、オーディションのときはパニックになって何も 言えなくなった私を上田監督が拾ってくださり、撮影に加えていただいて、こんな大きなスクリーンに映ってるなんて、本当に 信じられないです。本当にありがとうございます。

藤村拓矢(藤丸拓哉役):まさか自分が役者を始めて、この舞台に立つ日が来るとは正直、想像もしてなかったので、この場 に立たせていただけることを感謝してます。

ヒロイン松本逢花役の秋山ゆずきにはひときわ大きな歓声が場内から飛び、コメントの最後は劇中のセリフで締めた。 秋山ゆずき:私は、生まれて初めてこんなたくさんの人を一度に見ました。『カメラを止めるな!』は私の想像よりも羽ばたい ていて、最近まであまり実感がなかったんですが、今日、この大きなスクリーンとたくさんの人を見て、『カメ止め』すごいなと 感じてます。これを機にブレイクしていきたいので、みなさん、これからもよろしくで〜す!

長屋和彰(神谷和明役):今日みなさんと見ていて、グッと来たのが、映画の最初で(配給の)アスミック・エースの名前が出 たところです。まさかアスミック・エースが配給につくとは思ってもなくて。名前出ちゃったよ! という感じで、波が来てるん で、僕もブレイクしたいんでよろしくで~す。

細井学(細田学役):去年のイベント上映の映像を見たら、自分は「この映画はひょっとしたらひょっとするかも」と言ってまし たけど、ひょっとして来たんだなと喜んでます!

市原洋(山ノ内洋役):今日、衣装で来て、久しぶりに(小道具の)カチンコ持ってきて、久しぶりで懐かしいです。(カチンコ に)劇中内劇中劇のタイトル「トゥルーフィアー」と書いてあるんですが、こういうのも懐かしいなと思いながらここに来ました。

山越俊助役の山﨑俊太郎が「ワークショップから作ってきて、たくさん喧嘩したり、笑ったり、泣いたりしながら、いま考えたら 空中分解寸前のこともあったけど…」と挨拶すると、上田監督はじめ、共演陣から「あったか?」「急に何言い出した?」とツ ッコミが。しかし、感動に声をつまらせながら続ける。 山﨑俊太郎:私は、しゅはまさんに「山﨑くん、私に心開いてくれてない」って言われた時、これどうなるんだろう?と思った。 でもそれもいい思い出というか、ギリギリのところでやってきたから、良かったのかなと思います。自分の苦しさ、生きづらさを 見つめていけば、誰か助けてくれるんじゃないかという希望を持った作品、ワークショップでした。

吉田美紀(吉野美紀役):このステージに乗ると、こんなデカいんだなってびっくりしています。応援してくださった、この映画 の育ての親のようなお客様、生みの親の上田ボス。そしてスタッフ、アドバイザーがたくさんいて、本当に恵まれた現場だと 毎回噛みしめてます。お客さんの皆様も今後とも宣伝のほどお願いします。

また主要キャストではない佐渡未来、曽我正臣も時間のある限り、“カメ止め”ファミリーとして、これまで毎回のように舞台 挨拶に参加してきたが、この大きな舞台に感極まり、話ながら感情が高まって、涙!

佐渡未来(子役の母役):色々考えてきたんですけどスタンディングオベーションで吹っ飛びました。「この仲間に入りたい」と 思える愛のあふれる作品で、私も何とかファミリーに入れてもらいたくて…、時間があるときは劇場に足を運んできて、こうい う機会をいただいてありがたく思っています。今日、チケットをとってきてくださったみなさん、全員、『カメ止め』ファミリーだと 思います!

曽我正臣(曽我大臣役):2 週間くらい前、Twitter で、あるひと言をつぶやいたんですが、今日に取っておけばよかったと思 い、改めて言わせていただきます。(涙で顔をクシャクシャにしながら)感染者のみなさん、『カメラを止めるな!』に関わってく ださったみなさん、本当に大好きです。ありがとうございました。

涙涙の舞台挨拶に、上田監督も「泣き過ぎやろ!」と突っ込みつつも、嬉しそう。

――ティーチインでは、劇中劇のシーンについて「きちんとした長さでもう一度、撮りたいか?」を尋ねられると、上田監督は 「撮り直したいとは思いません」と即答。「レンズに血が付いたりしているのは、ガチのトラブルです。他にもゾンビが出てくる の遅くなって、みんながつないだり、二度と撮れないものが入ったワンカットなので、あれを超えられる自信はないです」と言 葉に力を込めた。

最後の、締めの挨拶で上田監督は「(映画の終わりに観客が)ひとり、またひとりと立っていって、本当に驚きました。僕にと ってもですし、みんなにとっても、これから何があっても、この夜が背中を押してくれると思います。こんな良い夜を一緒に作 ってくれてありがとうございました。本当に映画が好きでよかったなと思ってますし、たくさんの人に見てもらって『映画ってい いな』っていう輪を広げていけたら嬉しいです」と映画愛にあふれる言葉を口にしたが、ここで、客席にいた監督の幼い息子 さんが、突然、泣き声をあげるというほっこりハプニングも発生!

最後に全員が声を揃えて「ありがとうございました」と深々と頭を下げ、手を繋ぐ姿に、客席は再びスタンディングオベーショ ンで称賛を送った。


映画情報どっとこむ ralph カメラを止めるな!


ストーリー
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK を出さずテイクは 42 テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲い かかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37 分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!” ……を撮ったヤツらの話。

***********************************


監督・脚本・編集:上田慎一郎

出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢
特殊造形・メイク:下畑和秀
ヘアメイク:平林純子
制作:吉田幸之助
主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨
音楽:永井カイル
アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二
プロデューサー:市橋浩治
製作:ENBU ゼミナール
配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール 96 分/16:9/2017 年 ©ENBUゼミナール

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ