中川翔子、矢嶋哲生監督登場に大盛り上がり!「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」応援上映イベント


映画情報どっとこむ ralph 7月13日(金)より全国373スクリーンで公開となった「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」。

昨年大ヒットを記録した「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」から始まった、サトシとピカチュウの新しい冒険を描き、1年に1度の“風祭り”で、伝説のポケモン・ルギアから恵みの風をもらう街を舞台に起こる、新しい5人の仲間たちとの壮大な物語となっています。そんなポケモン映画最新作は、8月2日(木)までの公開21日間で、観客動員160万人、興行収入18億円を突破しています。

そして本日8月3日(金)、大ヒットを記念して、TOHOシネマズ新宿にて応援上映イベントを開催!

リク役・中川翔子とシークレットゲストで矢嶋哲生監督が参加しました。

昨年も実施したポケモン映画の応援上映イベントですが、チケットを販売開始するやいなや即完売となり、一部のファンの間では、【幻のイベント】と呼ばれたほど…。そんな大人気イベントは今年も告知開始と共に大反響を呼び、チケットも即完売となりました。


応援上映イベント
日付:8月3日(金)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:中川翔子、矢嶋哲生監督

映画情報どっとこむ ralph プレミアチケットを手に入れたお客様で満席の場内は、ジョーイさんのコスプレやピカチュウの帽子を被った人など、思い思いのポケモングッズを持参し準備万端!上映前からものすごい熱気に包まれ、中川翔子、矢嶋哲生監督が登壇すると、場内のボルテージは最高潮に。

昨年からのリピーターや応援上映経験者も多い中、矢嶋監督をはじめ、作品問わず応援上映自体に参加するのが初めてという人もいたため中川が応援上映をレクチャー。
中川さん:予告編は練習タイムです。推しメンのカラーにサイリウムを合わせましょう!

矢嶋監督:ついていきます!!映画の舞台・フウラシティの市民になって観ようと思います。

とノリノリにサイリウムをスタンバイ。

そして

中川さん:歌舞伎町のど真ん中でポケモン愛を叫びましょう~!

と盛り上げ、いよいよ上映開始。

映画情報どっとこむ ralph 別作品の予告編からそれぞれ発声を開始し、東宝のロゴが映し出されると、「東宝ありがとう!」と歓声があがりました。
人物キャラクターやポケモンたちが登場するたびに、それぞれの名前が叫ばれ、主人公・サトシ(声:松本梨香)とピカチュウ(声:大谷育江)の最初の登場シーンは絶叫にちかい声援が!

そしてこの日、サトシに負けず劣らず人気だったのが、中川さんの推しメン“気弱なポケモン研究家・トリト(声:濱田岳)”。トリトが登場すると、場内のサイリウムはトリトの髪色に合わせ緑色一色に。


上映中、

中川さん:監督、トリトは何歳なんですか?

と質問が飛び、

矢嶋監督:23歳くらいです!

と即回答。さらに、

中川さん:彼女はいますか?

と矢継ぎ早にトリトに関する質問が飛び交い、「付き合って~!結婚して~!」とトリト愛が叫ばれるなど、トリトファンも多く見受けられました。ポケモン嫌いのお婆さん・ヒスイ(声:野沢雅子)の、ポケモンとの過去の出来事を描いたシーンでは場内からすすり泣く声も聞こえ、クライマックスにかけてはファンの熱い思いが大爆発!!

上映が終了しても拍手が鳴りやまず、興奮さめやらぬ状態のままトークショーがスタートしました。

昨年に続き参加した中川さんは、応援上映を経て初めて気づくポイントが多くあったといい、特にトリトの同僚・研究員Aが場内で大人気に。そこで中川さんの提案で矢嶋監督がその場で研究員Aに役名をつけることに!急遽命名を任せられた矢嶋監督はとっさに【ロベルト】と命名するなど、応援上映だからこその展開もあり、その他にも役柄の裏設定や、秘話も語られ、お客様から質問を受け付けるなど、和気あいあいとしたトークショーとなりました。

初めての応援上映を終えた矢嶋監督も、目に涙を受かべながら感激した様子でお客様からの質問に答えました。
中川さん:みんなで笑って、泣いて、叫んで、大合唱して、本当に特別な思い出になりました。ポケモンはいつも素敵な出会いをもたらしてくれて、感動しています。平成最後の夏は、ポケモンの夏は、最高の夏になりました!長生きして、来年のポケモン映画もみんなで応援できればと思います。死ぬまでポケモン大好きでいましょう。今日はありがとうございました。

矢嶋監督:今回このようなイベントに参加できて本当に感謝しています。ずっと届け!届け!と思って作っていたので、今日皆さんと一緒に作品を観ることができて、非常に貴重な機会となりました。ありがとうございました。
最後にはお客様と一緒に記念撮影を行い、大熱狂の応援上映となりました!

映画情報どっとこむ ralph
劇場版ポケットモンスター みんなの物語
大ヒット上映中

公式サイト:
www.pokemon-movie.jp

イントロダクション
ポケモン映画が、新たな一歩を踏み出す――。
20周年記念作品「キミにきめた!」の大ヒットから1年――。監督を始めとする制作陣に若き才能が加わり、全く新しいポケモン映画「みんなの物語」が遂に誕生。この夏、みんなと一緒に、まだ誰も見たことのない冒険へ向かって、キミも一歩を踏み出そう!

ストーリー
ひとりじゃできないことも、キミとなら――。
人々が風と共に暮らす街・フウラシティでは、1年に1度だけ開催される“風祭り”が行われていた。祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れて、人々はそこで恵みの風をもらう約束を、昔から交わしていたという。
ポケモン初心者の女子高生、リサ。
嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。
自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。
ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん、ヒスイ。
森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。
偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、5人の仲間たちと出会う。それぞれが悩みを抱え、パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、みんなが出会うことで、運命の歯車が動き出す……。ルギアとの約束は守られるのか? そして幻のポケモン・ゼラオラの正体とは??
今、人とポケモン、みんなの絆が奇跡を起こす――。

***********************************

キャスト・スタッフ クレジット
 声の出演
特別出演:芦田愛菜 川栄李奈 濱田岳 大倉孝二 野沢雅子・中川翔子 山寺宏一
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江
ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇

原案:田尻 智  監督:矢嶋哲生  アニメーションスーパーバイザー:湯山邦彦
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉、片上秀長
プロデューサー:下平聡士、松山進、知久敦、大日向俊
脚本:梅原英司、高羽彩  アニメーションプロデューサー:加藤浩幸、和田丈嗣
キャラクターデザイン:金子志津枝  総作画監督:西谷泰史、丸藤広貴
音響監督:三間雅文  音楽:宮崎慎二
アニメーション制作:OLM / WIT STUDIO
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2018 ピカチュウプロジェクト
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ