インド映画『ガンジスに還る』公開決定&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph ヴェネチア国際映画祭でビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門エンリコ・フ ルキニョーニ賞を受賞し、映画批評家サイト「ロッテン・トマト」驚異の満足度100%を打ち出した話題作。

インド映画『ガンジスに還る』が、10/27(土)より岩波ホールほか全国順次公開。

ある日、自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシへ行くと宣言する。家族の反対もよそに、決意 を曲げない父。仕方なく、仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに…。

辿り着いたのは、安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」。

はじめは衝突しあうも、雄大に流れるガンジス河は、次第に父子の関係をほぐしていく。 旅立つ者の心の動き、それを見守る家族のまなざし。果たして、ダヤは幸福な人生の終焉を迎えられるのかー?

本作は、誰にでも訪れる「死」というテーマを、ユーモアと人情味溢れるタッチで描き、不器用な親子と、個性的な人々が織り なす心温まる物語。ヴェネチア国際映画祭では10分間のスタンディングオベーションが鳴り響き、「小津安二郎の『東京物語』 を思わせる傑作!」(Financial Times)、「人生、死、そして絆についての心温まる宝石のような一品」 (GlamSham)、「あなたが今年目にする中で最高の1本!」(Mid-day)と 、世界中から称賛が寄せられている。主 演は『マダム・イン・ニューヨーク』などに出演の、インドを代表する名優アディル・フセイン。監督・脚本は弱冠27歳の新鋭 監督シュバシシュ・ブティアニ。監督自らバラナシに行き「解脱の家」のような施設をいくつかまわり、そこに滞在する人やマネー ジャーに会い話を聞いてリサーチを重ねた。

映画情報どっとこむ ralph 完成したビジュアルは、インド最大の聖地と呼ばれる「バラナシ」に流れる母なるガンジス河の雄大な景色の中に、父と息子 が一隻の舟に乗り、ともに遠くを見つめている印象的なビジュアル。
日の入り前のオレンジ色に染まるガンジス河は見惚れる ほど美しい。

「また会う日まで――。」

というコピーが、父が聖地バラナシで「幸福な人生の終焉」を迎えることが出来るのかと、想像掻き立てるものとなっている。さらに、父と娘との親しげな姿や、インドの伝統でもある牡牛による儀式を行う姿、そ して民族衣装に身を包んでいる姿も映し出され、全編に渡り異国情緒あふれる映像と、心温まる家族の物語を期待させます。

映画情報どっとこむ ralph インド映画『ガンジスに還る

10月27日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開!

物語・・・
ある日、自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシへ行くと宣言する。家族の反対もよそに、決意を曲げない 父。仕方 なく、仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに…。辿り着いたのは、安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」。はじめは衝突し あうも、雄大に流れるガンジス河は、次第に父子の関係をほぐしていく。旅立つ者の心の動き、それを見守る 家族のまなざし。果たして、ダ ヤは幸福な人生の終焉を迎えられるのかー?

***********************************

監督・脚本:シュバシシュ・ブティアニ
出演:アディル・フセイン、ラリット・ベヘル 他
2016 年/インド/99 分/カラー/シネスコ
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ