『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 人生とは愛であり、哀しみであり、歓びである。
セーヌの畔で、そして世界で最も愛された歌姫バルバラが、いまここに甦る!

2017年カンヌ国際映画祭、ある視点部門ポエティックストーリー賞を受賞、『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』が、11/16(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショーいたします。

「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラ。謎に満ちた彼女の人生を演じるひとりの女優とその映画監督は、いつしか愛の迷宮で彷徨う。愛に傷つき、愛に悦び、人生を駆け抜けた一人の歌手の魂の歌はやがて、二人をバルバラの人生そのものへと姿を変えていくのだった…。バルバラとはいったい誰だったのか? 世界はいったいなぜ彼女に熱狂したのか?


この度解禁されたポスターでは、煙草を吹かすだけの姿にもかかわらず、ただならぬオーラと気品に溢れ、まるで伝説的歌姫バルバラを生き写しにしたかのようなビジュアルに仕上がっている。女優ブリジットがバルバラを完璧に演じるために、彼女を知り、彼女に近づこうとするほどに、その存在そのものに飲み込まれていく様を描く本作を、見事に表現している。

実際のバルバラのステージ映像を交えながら、“私には愛という翼がついている”のコピーそのままに、女優と監督の熱情の愛のドラマを通して、20世紀最高の歌姫バルバラの人生を垣間見ることができる。マチュー・アマルリックが監督・脚本・出演、そして元パートナーのジャンヌ・バリバールが、バルバラという時代を駆け抜けたひとりの女性に乗り移ったかのように熱演している。

映画情報どっとこむ ralph 映画『バルバラ ~セーヌの黒いバラ~』
原題:BARBARA

は11/16(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。

物語・・・
フランスの国民的歌手バルバラに扮した映画の撮影を控えている女優ブリジット。彼女はバルバラになり切るため、自身の性格・歌声・ジェスチャー等すべてをバルバラに模し、自分の中に取り込もうとする。次第にバルバラの存在が自分の中で大きくなり、心身ともにバルバラに支配されるブリジット。そして映画監督イヴも同様、バルバラの存在にのめり込んでいく。果たしてイヴを支配しているのはバルバラなのか、それともバルバラに扮したブリジットなのか?バルバラの貴重なフッテージも絡めながら、一個人のアイデンティティの崩壊、そして再生が今スクリーンに赤裸々に写し出される。

***********************************

監督/脚本/出演:マチュー・アマルリック(『そして僕は恋をする』『潜水服は蝶の夢を見る』

主演:ジャンヌ・バリバール(『そして僕は恋をする』『サガン -悲しみよ こんにちは-』)

2017年/フランス/98分
配給 ブロードメディア・スタジオ
宣伝 テレザ、ポイント・セット
© 2017 – WAITING FOR CINEMA – GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ