映画『2重螺旋の恋人』診察室での緊迫の精神分析シーンを公開!


映画情報どっとこむ ralph このたび、フランスを代表する映画作家フランソワ・オゾンの最新作『2重螺旋(らせん)の恋人』が8月4日(土)にヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開となります。
今回、本編映像より特別に解禁となるのは、主人公クロエが精神分析医の恋人/ポールと同じ職業、同じ容姿を持つ謎の男・ルイの正体を探るために、自分の素性を隠したまま彼の診察を初めて受ける緊迫のシーン。



本作は『スイミング・プール』『危険なプロット』などサイコスリラーの名手として知られ熱狂的なファンを持つオゾン監督が、4年の構想期間を経て放つ、謎が謎を呼ぶ極上の心理サスペンス。

映像は、精神分析医の恋人/ポールと同じ職業、同じ容姿のルイの存在を偶然知ったクロエ(マリーヌ・ヴァクト)が、初めてルイ(ジェレミー・レニエ)の診察室を訪ねるシーンから始まる。その正体を探るために「先生が知人のポール・メイエルに似ていて」と自身の素性を隠したまま尋ねると、「ポールは自分の双子の弟だ」と答えるルイ。クロエは初めて知る事実に動揺するが、それらを隠すように ‘姉の存在’や、‘母の死’など自身の心境について嘘の設定を話す。しかし、ルイは即座に嘘だと見抜いて、全て「自分を誘惑するための嘘」だと断じる。

オゾン監督自身が「精神分析の治療は場面は動きがないものになりがちだが、本作では心象とカットをリンクさせ、観客は精神分析医になって患者の話を聞いているように感じるだろう」と語っています。本編では、穏やかで包み込むような治療をするポールの診察室との対称性や、シンメトリーに配置された美術にも注目です。

映画情報どっとこむ ralph 2重螺旋の恋人

8/4(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
www.nijurasen-koibito.com

物語・・・
原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。
穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。

ルイと名乗る男はポールと双子で、しかも同じ精神分析医だという。
なぜポールはルイの存在を隠しているのか?真実を突き止めるためルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく…。


***********************************

監督・脚本:フランソワ・オゾン
原作:ジョイス・キャロル・オーツ「Lives of the Twins」
音楽:フィリップ・ロンビ

出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ、
ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエ、ドミニク・レイモン

2017年/フランス/1時間47分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:L’amant Double/
日本語字幕:松浦美奈
配給:キノフィルムズ
R-18

©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION
– FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ