カンヌが認めた新たな才能『若い女』レオノール・セライユ監督コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 2017 年、第70 回カンヌ国際映画祭においてのカメラドール(新人監督賞)受賞を皮切りに、さまざまな映画祭でも賞を獲得、フランスで最も権威あ る映画賞・セザール賞へのノミネートも果たしたレオノール・セライユ監督のデビュー作『若い女』8月25 日(土)日本公開となります。

フランス国際映画学校で取り組んだ卒業制作の脚本を自ら映画化し監督デビューしたレオノール・セライユ監督。

フランス国際映画学校の卒業制作の脚本を基に、10 年来の恋人に振られ、家もお金も仕事もない状態でパリの街に放り出されて しまった女性、ポーラが奮闘する姿を等身大で描いた。

文学を学んだ後に映画監督の道へ! 期待の女性監督が学生時代と映画に込めた想いを語るインタビューコメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph セライユ監督:もともと文学を勉強していて、最初は脚本家になろうと思っていたの。映画を観に行くために授業をサボっていました。

と、語るセライユ監督は、リヨン、パリ、バルセロナで文学を学んだ後、フランス国立映画学校の脚本制作コースへ。

授業をサボって映画を見に行くほどの映画愛が、ユニークでエネルギッシュな監督デビュー作を生み出した。

学生時代に観た映画で影響を受けたのは、なんと日本の監督たちだそうで・・・。

セライユ監督:特に、河瀬直美監督の『沙羅双樹』(03)と石井克人監督の『茶の味』(04)を観ていました。そして、映画には文学以外の何かがあると気付いたのです。

と述懐する。


言葉で表現する文学と、脚本と俳優たちの演技に音楽を重ね合わせて映像で表現する映画との違いを見つけた。お気に入りの女性監督の作品を問われ、カメラドール受賞の先輩である河瀬直美監督の『殯の森』(07)を上げている。 一方で、『若い女』を監督するに当たって影響を受けた作品はほんのひと握りだった。

セライユ監督:撮影監督エミリー・ノブレに影響を与えた『Sue』(97)に加え て、マイク・リー監督の『ネイキッド』(92)のようなキャラクターありきの映画です。この映画で素晴らしい演技を披露している俳優デヴィッド・シューリス に匹敵する女優を見つけたかった。

と、個性的で強烈なヒロインを求めた。

セライユ監督:例えば、バーバラ・ローデンが監督、脚本、主演をつとめた『ワンダ』(70)、 ジョン・カサヴェテス監督作品『こわれゆく女』(75)のジーナ・ローランズ、ロッジ・ケリガン監督作品『Claire Dolan』(98)のカトリン・カートリッジなど、女性 たちは孤独ですが、とても威厳があり、私にとって演出や演技のための基準点となったのです。

と、名女優たちの演技を基準に演出したことを明かしてくれました。

今回のヒロインは、男に振られてもただ打ちひしがれるわけではなく、泣いたり暴れたりしながら自分の思いのたけをぶつけるポーラは今の時代を映すかのような新たなヒロイン。追い出された後も、他人のコートをこっそりくすねたり、知らないパーティーに紛れ込んでお酒を飲んだりとまさに自由奔放でやりたい放題。

映画情報どっとこむ ralph さまざまな人と出会い、まっすぐに相手と向き合い、ときにはしたたかに世界を切り開いていくポーラの姿は、多くの女性に勇気を与えてくれます。

カンヌが認めた新たな才能、レオノール・セライユ監督作品

若い女
原題:Jeune Femme
英題:Montparnasse Bienvenüe

は、8月25 日(土)より、ユーロスペース他で公開される。


公式サイト
http://www.senlis.co.jp/wakai-onna

Twitter
@wakaionna_movie

物語・・・
フランス、パリ。31 歳のポーラは、10 年付き合った写真家の恋人に突然別れを告げられる。お金も、家も、仕事もないポーラは、恋人の飼い猫ととも にパリを転々とするはめに。ところが、気ままな性格が災いし、居候先の友人宅からも、安宿からも追い出され、疎遠だった母親にも拒絶されてしまう。 パリにはポーラの居場所などなかったのだ。なんとか住み込みのベビーシッターのバイトを探し出し、ショッピングモールの下着屋でも働き始める。よ うやく自分の居場所を見つけたかに思えたが……。

***********************************

監督・脚本:レオノール・セライユ
出演:レティシア・ドッシュ、グレゴワール・モンサンジョン、スレイマン・セイ・ンディアイ、ナタリー・リシャール 2017年/フランス/フランス語/97 分/カラー/1:1.66/5.1ch
日本語字幕 :手束紀子
サウンドトラック:(株)ワーナーミュージック・ジャパン
配給・宣伝 :サンリス
©2017 Blue Monday Productions

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ