ナタウッ ト・プーンピリヤ監督と森ガキ侑大監督がトークイベント『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』特別試写会


映画情報どっとこむ ralph 一人の天才女子高生を中心とした高校生“犯罪チーム”が知恵と度胸だけを武器に、世界を股にかけた一大“カンニング・ プロジェクト”に挑む様をクライム・エンタテイメントに仕立て上げた、映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』を、9 月 22 日 (土)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開します。

公開に先立ちまして、7月26日に渋谷・ユーロライブにてトークイベント付き特別試写会が行われました。

登壇したのは、37 歳という若さで長編初監督作 がアカデミー賞外国語映画賞のタイ代表に選ばれ、2作目となる本作の国内外でのメガヒットでアジアの最も旬な映画監督として一躍時の人になったナタウッ ト・プーンピリヤ監督と、昨年『おじいちゃん、死んじゃったって。』で満を持しての長編映画監督デビューを果たし話題となった森ガキ侑大監督。

2 人とも同世代 で映画監督として活躍するかたわら、数々の有名企業のCMを手掛ける敏腕演出家として活躍しているという共通点があることから今回の対談が実現。タイ・ 日本で気鋭のトップクリエイターとして活躍しながら映画監督としても評価されている同世代の作り手同士、本作のタイ映画としての新たなる可能性や、 CM 演出と映画監督という二つのフィールドで活動している現状について存分に語って頂きました。
日付:7月26日
場所:渋谷・ユーロライブ
登壇:ナタウット・プーンピリヤ監督、森ガキ侑大監督

映画情報どっとこむ ralph 始めにプーンピリヤ監督、なぜこの“カンニング”をテーマに?との質問に
プーンピリヤ監督:タイ社会ではよく知られている教育問題だけれど、今まで誰もこのテーマで映画を撮ろうとしなかった。だからこそ、この社会的な問題を完全なエンタメ作品として撮りたかったのです。

と述懐。また森ガキ監督は感想を求められ、

森ガキ監督:どこのシーンをとってもスタイリッシュな映像美が本当に素晴らしかった!またオリジナルの脚本に社会的な要素も取り込みつつ、ここまでエンタメ作品としておもしろく昇華されていることは本当にすごい。こんな作品を日本でも作りたい!と思って、ちょっと嫉妬しました。(笑)

と羨ましさを滲みませながらも大絶賛! 続けて

森ガキ監督:カンニングという1つのテーマで 2 時間ちょっとの時間、ハラハラドキドキさせっぱなしにさせる演出と脚本は素晴らしいし、登場する高校生たちが モブキャラ含めて全員、魅力的なキャラクターに仕上がっていた事にも感心した。“カンニング”という悪いことをしているのに憎めなくて、全員を愛おしく思 ってしまうのも不思議な魅力。脚本にはどのくらいの時間をかけたんですか?

との問いかけにプーンピリヤ監督は、

プーンピリヤ監督:脚本を考える人間は自分以外に 2 人いたので 3 人でケンカにケンカを重ねながら(笑)、1 年半かけて練り上げました。

と茶目っ気たっぷりに返答し、
キャラクターに関しては

プーンピリヤ監督:見ているうちに応援 したくなって、ずっと見ていたいと思わせるキャラクターにするようにしました。

と当時を振り返った。またこれまでのタイ映画に対するイメージからは想像もつかないエンターテインメント作品となっていることから、プーンピリヤ監督がこれまでどんな映画に影響を受けてきたかに話が及ぶと、

プーンピリヤ監督:子どもの頃住んでいた祖母の家がレンタルビデオ屋だったことから、ハリウッド作品をはじめとして色んなジャンルの映画をたくさん見てきた。その中で一番パワーをもらって心を動 かされた作品が、マーティン・スコセッシ監督の『グッドフェローズ』でした。こんな作品を撮れる映画監督になりたい!と子供の時から思っていたのです。

と語った。MC はこの回答を聞いて、「この『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』にもその影響はあると、やっぱりわかりますね!時間を感じさせない演出は同質 のものと感じます。」と納得。

またお二人の共通点でもある CM演出と映画監督という 2 つのフィールドで活躍していることにも話が及ぶと、
プーンピリヤ監督:タイと日本の CM 界の状況はかなり似ていると思うが、タイのほうが少しラッキーなのかなと感じます。タイのCMは少し形式が長くて最大10分の作品が撮れるチャンスがあるから、新人監督にとってその経験が後の映画作りにも活かせる状況にあります。

と語った。 また上映後には、プーンピリヤ監督が再度登壇してティーチインが行われ、興奮冷めやらぬ観客からのたくさんの質問に真摯に受け答えた、熱い夜になりました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち

9月22日 ( 土 ) より新宿武蔵野館ほか全国順次ロ ー ド シ ョ ー !

公式サイト:
http://maxam.jp/badgenius/

物語・・・
小学生の頃からずっと成績はオール A、さらに中学時代は首席と天才的な頭脳を持つ女子高生リン。裕福とは言えない父子家庭で育った彼女は、その明晰な頭脳を見込まれ、晴れて進学校に特待奨学生として転入を果たす。新しい学校で最初に友人となったグレースを、リンはテストの最中に“ある方法”で救った。

その噂を聞きつけたグレースの彼氏・パットは、リンに“ビジネス”をもちかけるのだった。

それは、より高度な方法でカンニングを行い、答えと引き換えに代金をもらう――というもの。“リン先生” の元には、瞬く間に学生たちが殺到した。リンが編み出したのは、“ピアノレッスン”方式。指の動きを暗号化して多くの生徒を高得点に導いたリンは、クラスメートから賞賛さ れ、報酬も貯まっていく。しかし、学校が誇るもう一人の天才・生真面目なバンクとの出会いが、波乱の種に。

そのビジネスの集大成として、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試「STIC」を舞台に、最後の、最大のトリックを仕掛けようとするリンたちは、バンクを仲間に引き入れようとするが…。
***********************************

監督:ナタウット・プーンピリヤ
脚本:ナタウット・プーンピリヤ、タニーダ・ハンタウィーワッタナー、ワスドーン・ピヤロンナ
撮影:パクラオ・ジランクーンクム
音楽:フアランポン・リディム、 ウィチャヤー・ワタナサップ

キャスト:
チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、チャーノン・サンティナトーンクン、イッサヤー・ホースワン、ティーラドン・スパパンピンヨー、タネート・ワラ ークンヌクロ

原題:Chalard Games Goeng
2017 年/タイ/タイ語/130 分
字幕翻訳:小田代和子
監修:高杉美和 提供:マクザム
配給:ザジフィルムズ/マクザム
後援:タイ王国大使館、タイ国政府観光庁
©GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ