『スターリンの葬送狂騒曲』ロシアで上映禁止の問題作、遂に日本解禁!


映画情報どっとこむ ralph 本作は、現在の世界情勢と奇妙に共鳴している物語。

イアヌッチ監督「この映画は、政府が情報をコントロールして、人々に何が真実で何が嘘かを伝える時に起こることを教えてくれる。」

ギャガ株式会社では、ロシアで上映が禁止され話題を読んだ問題作『スターリンの葬送狂騒曲』を、8月3日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国で順次公開します。


監督・脚本を務めるのは、エミー賞受賞とアカデミー賞ノミネートの経験をもち、政治風刺作品に定評のあるアーマンド・イアヌッチ。

これまでにも、英国政権の内部を描いたコメディドラマシリーズ「官僚天国」や、米国の女性副大統領を主人公にその日常を描いたコメディドラマシリーズ「Veep/ヴィープ」、米英両国の閣僚や官僚を描いた映画『In the Loop』などを手がけ、高い評価を受けている。

映画情報どっとこむ ralph
イアヌッチ監督コメント

この物語の時代設定は60年以上も前だが、今日の政治に対しても有効な教訓を示唆している。
私がこの映画に取り掛かったのは2、3年前、まだ誰もイギリスのEU脱退やトランプについて知らない頃だった。
当時、独裁主義や全体主義に目を向け、一個人によって国家がどのように脅かされるのか調べていた。

本作にトランプの選挙やEU脱退といった映画の外の世界で起こったことを反映させるつもりはなかったが、奇妙に共鳴しているところはあるね。

彼らは嘘を語る。一瞬のうちに国民の敵になり、また次の瞬間には復権する。使う言葉によって、話の内容は全く別のものになる。私たちは今、嘘に塗られた、真実を失った時代にいる。
この映画は、政府が情報をコントロールして、人々に何が真実で何が嘘かを伝える時に起こることを教えてくれる。
私たちは、情報収集のために独立した手段を持つべきだ。『私の言うことに同意するなら、あなたに語りかけましょう』と言う人だけに耳を傾ければ、あなたは何も実感することができない場所で、彼らを信じるしかなくなってしまう。

私はこの映画を現代政治への批判とするつもりはなかったが、もしそうなっているとしたら、観る人にスクリーンからそれぞれの結論を導き出してほしいと思っている。
映画情報どっとこむ ralph 『スターリンの葬送狂騒曲』

8月3日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか、全国順次ロードショー

物語・・・
1953年。粛清という恐怖で国を支配していたソ連の絶対的独裁者・スターリンが急死した!?「今うまく立ち回れば、自分に後釜のチャンスが!」最高権力の座を巡り、側近たちの狂気のイス獲りゲームが今始まる――。


97%FRESH!! ―ROTTEN TOMATOES(2018/4/20)
不愉快なほど面白い!―Houston Post
あっぱれ!―THE WRAP
刺激的―empire
傑作!ブラックコメディの到達点―SLASH FILM
今年最も可笑しい政治映画―IndieWire
超ウケる!!―NEW YORK TIMES
不条理なのに、完璧に面白い―READER‘S DIGEST
今年NO.1―THE GUARDIAN
お見事!―Rolling Stone
素晴らしい!―COLLIDER.COM
★★★★★―BBC
★★★★★―ENTERTAINMENT.IE
★★★★★―GLOBE AND MAIL

***********************************

監督:アーマンド・イアヌッチ
出演:出演:スティーヴ・ブシェミ、サイモン・ラッセル・ビール、ジェフリー・タンバー、オルガ・キュリレンコ 他
配給:ギャガ
(C)2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ