陽気な監督にこじるり怒られる!?『インクレディブル・ファミリー』 ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph アカデミー® 賞2部門(長編アニメーション賞、音響編集賞)に輝き、世界中の観客を魅了した『 Mr. インクレディブル』の待望の最新作 『インクレディブル・ファミリー』 が8月1日(水)より日本公開となります。

家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生しました!

そして!この度、監督ブラッド・バードとプロデューサーのジョン・ウォーカーが来日してジャパンプレミアが行われました!

さらに登壇したのは日本版声優の三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、山崎智史らインクレファミリー、アンダーマイナー役の髙田延彦に加え、新たなヒーロー役として参加した小島瑠璃子、サンシャイン池崎ら豪華な面々が揃ってレッドカーペット&ステージに登場して映画について熱く語りました!

『インクレディブル・ファミリー』 ジャパンプレミア
日時: 7月25日 ( 水 )
場所: 品川インターシティホール
来日ゲスト: ブラッド・バード ( 監督 ) /ジョン・ウォーカー ( プロデューサー )

日本人ゲスト: 三浦友和 ( ボブ /Mr. インクレディブル役 ) 、黒木瞳 ( ヘレン / イラスティガール役 ) 、 綾瀬はるか( ヴァイオレット役 ) 、山崎智史 ( ダッシュ役 ) 、髙田延彦 ( アンダーマイナー役 ) 、小島瑠璃子( ヴォイド役 ) 、サンシャイン池崎 ( ヘレクトリクス役 )

映画情報どっとこむ ralph
先ずはジャパンプレミアに集まったお客さんの体をほぐすため?インクレディブル体操から!

そこで舞台に現れたのは空前絶後のサンシャイン改めインクレディブル池崎!
ジャ~~スティス!!な挨拶の後、キッズダンサーを引き連れ、会場と一緒に体操!

映画情報どっとこむ ralph そして、会場が温まったところで、日本人声優キャストと監督&プロデューサーがレッドカーペットに登場!

ステージ上に並ぶとなんと豪華なことか!

映画情報どっとこむ ralph 先ずは監督にこの家族について聞くと
バード監督:最初のオリジナルの声のキャストとまた一緒にやれたのは嬉しいし、そこにダッシュが加わって素晴らしかったですね。家族が集まったことに感謝してるよ!1本目からずいぶん時間がたっていたので、こうして、また集まって仕事できたことは嬉しいですね。

と話すと

三浦さん:長い期間たちましたので、声はかからないかと思いましたが、お声がけいただいて嬉しかったですね。今回世界的ヒットしている作品の声をやれ背ていただけるのは光栄です!

と三浦さんも再度のオファーが嬉しかったご様子。

8月1日の公開に対しての想いを
黒木さん:最強のスーパーヒーローと最強の家族を描いた作品に早く観ていただきたいと思っています!

綾瀬さん:わたしは1作目の一ファンで大切な作品。また続編に参加させて頂けて嬉しく思いました!


歴代アニメーションの動員を超えた大ヒットの要因は?
バード監督:その秘訣はタイトルに入っています!スーパーヒーローものですが、多くの方たちの心に響いたのは家族の物語だからだと思います。

ウォーカーP:楽しくて愉快。アクションも沢山あって娯楽としてサイコー!大きくて音の良いスクリーンで観て欲しい、必ず劇場へ行ってみてください!

と、アピール。

適役のアンダーマイナー役の髙田さん は息子さんがアメリカで本作を観たそうで、
高田さん:これ観たよって!物凄く楽しんだって言ってました。

と話すと小島さんは

小島さん:パパがアンダーマイナーってちょっとショックだったんじゃ?
高田さん:そこなんだよね。さらにアンダーマイナー?って

と言われたそうで、ちょっぴり悲し気。

映画の声優初挑戦の小島さんは
小島さん:ディズニーやピクサー映画は小さい時から見ていたので夢みたいでした!同時にできるのか不安もあって。エンドロールに名前があったときには涙が出ました。

と感激だったそう
池崎さん:電話でこの仕事が決まったよと聞いて、イエ――――イって!ビジネスイエーイじゃなく叫びました!

ダッシュ役に関し
山崎くん:そっくりだね!って言われました。活発で落ち着きがない所が似ています!演じやすかったですが喉は痛めました!

と言う山崎くんに池崎さんはあるのど飴をアドバイス。

映画情報どっとこむ ralph この作品で伝えたことは?
バード監督:映画館で見て楽しくなる!事を目指したね。お互い助け合うことの大切さかな。子育てこそが英雄的な行動だと。

家族の絆にかんして
黒木さん:ボブの理解があって、ボブの愛があってこその家族の絆。

三浦さん:その通りですね。どこの家庭にもあるような普遍的なことですね。

アクションシーンを声で演じるにあたり

綾瀬さん:ブースの中で、同じ動きをしながら「フン!」「はーっつ」ってやってました。
と、アクション付きで紹介!

ヒーロー同士の助け合いも見どころ。

小島さん:様子が変わるシーンとか・・・(ネタバレ省略)
バード監督:まだ見てないのに!そんなに言っちゃダメ!

小島さん:やばい!怒られた!

と、大反省!

映画情報どっとこむ ralph 世界中で大人気となっている赤ちゃんジャックジャックは

バード監督:ジャックジャックは2番目の子の名前からとったんだ!もう25歳になっちゃったけどね。

と、意外な真相を披露。
ウォーカーP::僕はダッシュのスピードがほしい。この映画めっちゃ早く作らなければならなったんで、あのスピードがあれば楽だったなと。

と、会場を沸かせます!

秘密を教えて?

バード監督:みんな秘密を聞くよね・・・、じゃ一つ。劇中のテレビでやってるジョニークエスト(『科学少年J.Q』)が僕の子供のころ好きだったアニメなんだ!

とのこと、是非探してみて。


最後に・・・

ウォーカーP:ピクサーの500人のスタッフが3年かけて作りました。楽しんで作りましたので、同じように楽しんでもらえたら嬉しいです!

バード監督:エアコンが入ってる劇場へ!

と、日本御暑さ対策?もかねてな発言!


ここで、フォトセッションで池崎さんのイエ―――イをまねする監督
インクレディブル砲でイベントを終えました!


インクレディブル・ファミリー

8月1日(水)全国ロードショー!

オフィシャルサイト:
disney.jp/incredible

物語・・・
彼らは、どこにでもいるフツーの家族…ではない。パパもママも3人の子供も、それぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族なのだ!超人的なパワーをもつパパ、ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ、ヘレン、超高速移動できる長男ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女ヴァイオレット。さらに、スーパー・パワーに目覚めたばかりの赤ちゃんジャック・ジャック…その潜在能力は、まだ未知数。家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で乗り越える、この夏最高の一家団結アドベンチャーが誕生した!

***********************************

脚本&監督:ブラッド・バード
製作:ジョン・ウォーカー、ニコル・パラディス・グリンドル
日本版声優:三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、髙田延彦、小島瑠璃子、サンシャイン池崎、ほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ