ピーター・ブルック監督作品『テル・ミー・ライズ』50年の時を経て、今、スクリーンに蘇る!


映画情報どっとこむ ralph この度、演劇界の巨匠ピーター・ブルックの第3作にあたる長編映画作品『テル・ミー・ライズ(原題:Tell Me Lies)』が、8月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開の運びとなりました。

本作は、1968年に激化したベトナム戦争を痛烈に批判した本作は、その年のカンヌ映画祭に選出されるも、その後突然の取り下げにより、上映中止に。

しかし同年のヴェネツィア映画祭に選出され、審査員特別賞次点とルイス・ブニュエル審査員賞の2部門受賞。

ですが・・・
本作はアメリカやイギリスの一部の劇場でしか公開されず、しかも様々な妨害を受け、短期間しか上映されませんでした。その後、本編も紛失し長年、幻の作品とされてきましたが、2011年に本編が発見。監督自身と近親者の手によって、映画遺産保存を専門とする2つの財団(グルパマ・ガン財団とテクニカラー財団)と共に、完全なる修復を行い、2012年に復活上映。

そして50年の時を超えて、ついに日本でも劇場公開。

今回解禁となったビジュアルは、戦争反対のデモ隊の写真が上下に配置され、黒いサングラスの男が演説をしている写真の横には、“世界は今も嘘で回る”という意味深なキャッチコピーが目立つデザインになっている。同時に解禁となった予告編は、ベトナム戦争反対のデモ映像から始まり“フィクション”でも、“ノンフィクション”でもない不思議な“ピーター・ブルック”の世界観を堪能出来る予告編となっている。
また予告編のナレーションは、ピーター・バラカン氏が担当している。
巨匠ピーター・ブルックが手掛けた“究極の反戦映画”『テル・ミー・ライズ』は、8月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて順次公開。


テル・ミー・ライズ(原題:Tell Me Lies)』
8/25(土) シアター・イメージフォーラムにてロードショー

公式HP:tellmelies.jp

物語・・・
ギンズバーグのビート・ジェネレーションとブラックパンサー、カウンター・カルチャー・ポップが交差する1968年のスウィンギング・ロンドンを舞台に、傷ついたベトナム人の子供の写真に慄いた3人のイギリス人の若者が、ベトナム戦争における暴力のスパイラルを理解し、自分たちの無力感を乗り越えようとする…

歌、証言、大衆デモを通して、ピーター・ブルックは彼の作品の中でも最も重要な作品の一本を監督した。戦争の不条理に対する破壊的なアイロニーを含んだ風刺映画である。

***********************************

監督:ピーター・ブルック
出演:マーク・ジョーンズ ほか
1968年|イギリス|英語|DCP|ビスタサイズ|98分
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© Brook Productions 2012 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ