池上彰が映画とその背景を語った!ジェレミー・レナー主演『ウインド・リバー』公開記念イベント!


映画情報どっとこむ ralph ジェレミー・レナー主演『ウインド・リバー』が7月27日(金)全国ロードショーとなります。

『ボーダーライン』『最後の追跡』(2 年連続アカデミー賞®ノミネート)という骨太な快作でアメリカに潜む闇をあぶり出し、一貫した作家性で 異彩を放ちハリウッドで熱視線を浴びる新進気鋭の脚本家、テイラー・シェリダン。

監督自ら初めてメガホンをとり「アメリカ最大の失敗」と語る先住民保留地を舞台に、色濃い差別、偏見が渦巻く閉ざされたアメリカの僻地に切り込み圧倒的な緊迫感みなぎるクライム・サスペンスを完成させました。

この日本公開を記念してニューズウィーク特別試写会上映後にジャーナリストの池上彰氏が登壇しトークイベントを行いました。

『ウインド・リバー』公開記念トークイベント
日程:7月19日(木)
会場:神楽座
登壇者:池上彰(ジャーナリスト)/MC:伊藤さとり

映画情報どっとこむ ralph 池上さん:最近映画のイベントの仕事が増えてきまして、映画を観るとむらむらと 説明をしたくなる病気になっています(笑)

と登場するなりコメント。

上映後のトークということもありネタバレ OK を確認しつつ

池上さん:娘を失った父親 同士の交流、悲しみが通底にあって、サスペンスではあるんですけど人間ドラマとして描かれ進んでいく。その中で、さらにネイティブアメリカンの先住民がどのような立場に置かれているのかという、じつはアメリカ国内 でも知らない人が多くいる事実や色々な背景を知ってもらおうというよく できた映画だと思いました。

アメリカの地図パネルをもとにワイオミング州のウインド・リバーという土地について解説。

池上さん:元々は肥沃な違う土地で生活をしていたのに、農業に適している土地は白人が占領してしまった。こういったネイティブアメリカンの保留地はじつは約 100 か所あります。アメリカだけでなくカナダにもある。オーストラリアにはアボリジニという先住民がいました。 この映画に登場したあの一族は、荒廃したウインド・リバーという土地に押し込められた だけなんです。アメリカの国旗が逆さになっていたシーンがありましたがあれは保留地に 住む人々の敵意の現れなんです。

数多くこのような事件が起きているにも関わらず失踪者、死亡者数の人数が未だ分かっていない、<ガンで死亡するよりも殺人での死亡率が高い場所である>という知られ ざる驚愕の事実に対し、なぜこういったことが起きているのか疑問を投げかけると、事件 として扱われなければ調査すらされないという実態、アメリカの自治体警察の制度につ
いても話が及び、場内では驚きの声が上がった。

映画情報どっとこむ ralph 現代のネイティブアメリカン保留地に追いやられた人々の生活について、農業をすることもままならない彼らには「カジノ営業権」が 認められ収入源になっていることにも触れ、この方法が結果として楽をして収入を得る怠惰な生活に繋がり、生きがいを失い、 やがて薬や酒に走り麻薬中毒や犯罪率の増加を招くきっかけとなり負のスパイラルとなっている点も指摘。

池上さん:現代のアメリカの闇を見つめ切り込んだテーマを扱った映画が作られるようになったことは革命的。昔の西部劇では、保安官が登場し〝インディアンは悪いやつ“として戦う一方的なものでした。私が大学生の時に『ソルジャー・ブルー』 (1970)という映画が公開され、それは当時画期的だったんです。〝ソルジャー・ブルー=騎兵隊“が先住民を虐殺する。 後から入ってきた者たちがこのように虐殺をしてきた、ということにようやく目が向いたんです。ネイティブアメリカンの置かれている 現状、問題を取り上げたこと。今またこういう形で人々の意識が変わってきたんだ、と見ています。

と、話しました。

映画情報どっとこむ ralph トランプ政権に代わり問題となっている、ゼロ寛容政策やメキシコへの制裁についても触れ、テイラー・シェリダン監督がアメリカ・メキシコ国境で起きている麻薬戦争を描いた『ボーダーライン』に続き、『ウインド・リバー』の題材として取り上げたことが興味深く、その作家性について

池上さん:エンターテイメント、人間ドラマ、親子の情感、現代的な若い女性の成長物語、緻密でよくできている脚本の中にアメリカの闇が浮 き出てみえてくる。もう一度観るとさらに気付くところがあり、メッセージが詰まっている映画ですね。

と熱く語り、トークイベントを締めました。


ウインド・リバー

7月27日(金)、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://wind-river.jp/

***********************************

監督・脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『最後の追跡』脚本) 出演:ジェレミー・レナー(『メッセージ』『アベンジャーズ』シリーズ) エリザベス・オルセン(『アベンジャーズ』シリーズ、『マーサ、あるいはマーシー・メイ』)、ジョン・バーンサル(『ボーダーライン』「ウォーキング・デッド」シリーズ) 音楽:ニック・ケイヴ(『欲望のバージニア』『最後の追跡』)、ウォーレン・エリス(『裸足の季節』『最後の追跡』)
原題:Wind River/製作国:アメリカ/107 分/カラー
© 2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
提供:ハピネット、KADOKAWA
配給:KADOKAWA
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ