トム・クルーズら熱く語る!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見


映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズが伝説的スパイ イーサン・ハントを演じる大人気スパイアクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。全世界待望の最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が8月3日(金)より日本公開となります。
 
この夏、最大の注目作である本作の日本公開に先駆け、7月18 日 ( 水 ) にトム・クルーズを筆頭にヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督の 4 名が来日し、記者会見を行いました。
トム・クルーズは平成4 年の初来日以来、今回の来日でなんと23 回目!また、 “ スーパーマン ” を演じたことで世界的人気を博した英国俳優ヘンリー・カヴィルが 2度目、『スター・ウォーズ』、『スター・トレック』シリーズと世界的超大作に起用され続ける個性派俳優サイモン・ペッグは3度目、『ユージュアル・サツペクツ』でアカデミー脚本賞を受賞歴のあるマッカリー監督は度目の来日だそうです。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日記者会見
日程:7 月18日 ( 水 )
場所:ザ・リッツ・カールトン東京 2F グランドボールルーム
登壇:トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督

映画情報どっとこむ ralph
予告映像が流れたのちHILOジャンプで降り立ったのは日本的な映像が流された会見場。
MCの呼び込みで一斉にフラッシュがたかれる中、ヘンリー、サイモン、監督、そして、トムがにこやかに入場!

骨折に見舞われ撮影がストップしたと話題になったビルへのジャンプシーンについて
トム:日本を訪れるんは23回目です。家に帰ってきた気がしますし。MI-6の仲間と一緒なので嬉しですね。MCの方が語られたように足首をねん挫しました。いや、折りました。とっても痛かったですね。壁にぶつかった瞬間折れたのがわかりました。でも、そのまま、立ち上がってカメラの前を走り抜けました。そのあと、直ぐにテントにいって、監督に足をくじきました!と報告しました。今回そのシーンは使われています。

監督:ぼくも折れたのはすぐわかりました。映画は半分撮り終えていましたが、時間を稼げてよかったです(笑)

トム:病院で手術はいらないと聞いて助かりました!保険でカバーされてなかったから(笑)。映画を知らないドクターだったので完治まで9か月かかると言われましたが、6週間で戻りたいと伝えました。ドクターあきれてましたけど。結果6週間で戻ったけどね。
監督:トムの復帰シーンはノルウェーの崖のシーンです!それから、ロンドンの橋を全力で走ってくれました。まだ折れてるのに。

サイモン:確かに、トムの負傷で隠れていますが、僕もね。紙で指を切りました!(笑)よくなったよ

と、指を見せるおちゃめなサイモンさんに

トム:僕も完全に治ったよ。お医者さんもほっとしてるはず。

と、面白記者会見がスタート。

映画情報どっとこむ ralph 続けて、エピソードを尋ねられ
ヘンリー:僕の経験は、トム・クルーズほど笑わすネタないけど・・・トムとクリストファー監督と仕事できたのが光栄でした!

ここで、サイモンさん咳払い。に

ヘンリー:トムとクリス・サイモンも一緒。正直言って、貴重な時間でした。トムはシリーズの生みの親ですし、クリストファーは2作目。そこに新しい仲間として加われてうれしいですね。

と本当にうれしそうに語り
サイモン:毎日冒険だったよ。よく覚えてるのは、トムがヘリから落ちた時に、その撮影を知らなくて恐怖でした。

その時の様子を再現してくれるサイモン。

監督:1マイルぐらい離れたところで、トムがヘリから落ちたって!ローカルがパニックになって、「MANDOWN!!!トムを失った」と無線で飛び交ってました。

という監督の話に大笑いのトム・これには

サイモン:面白かったのは君だけだよ

と、本当に心配していたそう。

映画情報どっとこむ ralph
ここで記者からの質問コーナーに

Q.今回の2度目のシリーズ監督ですが

監督:ローグネーションを撮影しているときに、次の監督はやることなくて 大変になるなと思っていましたが・・・僕がやることになっちゃって。今回もチャレンジは毎日、アクションは、一つ一つ集中して、編集して大変な大作になったのがわかりました。試写で
アクションが多すぎと観客がいうので。みんなごめんカットした!

ヘンリー:すごいの僕も切られたけどね。

と記者を笑わすヘンリー。


Q.ヘリのアクションをチョイスした理由と

トム;CGはゼロですから。ヘリは間違いdができない。飛行機、車も、バイクならリカバリーできるのですがヘリはできない。感動だけど怖い体験でした。

監督:シーケンスが驚かされるところ。トムは演技だけでなくて操縦して、カメラのオペレーションもしているんです。ヘンリーのヘリを追ってくれたんです。ヘンリーのはドアが開いてるんでめちゃ寒。さらにあのアクション。カメラマンが二度と乗らないってやめてしまって。

と、驚きのエピソードを明かしてくれました。


Q。20年アクションにチャレンジし続ける

トム:私のキャリアを通じて、挑戦し続けてます。観客のために全力主義で人生を進めていますから、映画に捧げてるんです!お客さんに経験してほしいんです。

と、真摯すぎる回答のトムに

監督:トムほど全力のやつはいない。二人とも最初は白髪なかったのに・・、トムとの契約で、一人で二人分ふける契約になっています。


と笑いを誘いつつ

監督:献身的なのは他の人にも感染します。ですから今までよりも、挑戦してできるようになります。いろんな人も立ててくれる、こんな俳優ほかにいないですよ。

と、人間性も絶賛。
ヘンリーさんもアクションをこなしているが

ヘンリーさん:怪我はトムが引き受けてくれた。ので、次回作は僕が右足をおるかな!?

というヘンリーに「だめ!」と真顔のトム。

ヘンリー:スーパーマンとの差は・・今回実際スタントを全部自分やってる。すべて現実。CGなし。Sはコスチューム以外は殆どCGだったからね(笑)。

トム:バスルームでのファイトは4日間もかけた。何回投げて、殴ったか。本当に痛くって。

ヘンリー:毎晩寝るとき節々痛くて寝れないし、朝もアウト。最後には涙が出てきたよ。

と、このガタイで辛かったと語ります。


監督:僕は楽だったよ!カメラ向けとけばいいんだからね。100%出し切ってくれました

トム:あの場面見ると笑っちゃうんだ!

ヘンリー:僕は笑えないよ!

と吐露。

Q・トムに質問HILOが夢だったと。


トム:監督のアイディアを具現化したんだ。ヘルメットやスーツも設計して、練習場も作って。カメラマンもできる人がいないので、ジャンパーをカメラマンに育て上げました。ヘンリーもやりたがってましたし、やりこなしてましたね。

サイモン:べリベリー高いところから!でもトムだから驚かないよね。

監督:骨折したままでね。3ショットのために106回飛んでくれました。なにしろ映画をエンジョイしてね!

と、記者会見を閉めました。

そして、夕方からはジャパンプレミアイベントへ

映画情報どっとこむ ralph 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

公式Twitter:
https://twitter.com/mimovie_jp
(#mijp)

日本公開:8月3日(金) 全米公開:7月27日(金)
監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 『アウトロー』

***********************************
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ