『未来のミライ』サントラ発売記念 細田守監督・高木正勝・上白石萌歌がその音楽の魅力を語った


映画情報どっとこむ ralph 映画監督・細田守。
最新作『未来のミライ』で挑むのは、甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語。

そして、その映画『未来のミライ』を彩る音楽を手掛けるのは細田作品ではおなじみとなる高木正勝。
7月11日(水)に映画のオリジナル・サウンドトラックをリリース。

本日7月16日(月・祝)にタワーレコード渋谷店にてCDの発売記念イベントを行いました。


日付:7月16日(月・祝)
場所:タワーレコード渋谷店
登壇:細田守監督、高木正勝、上白石萌歌

映画情報どっとこむ ralph イベントには細田守監督、さらには主役の“くんちゃん”の声優を務め、映画・ミュージカル・CMで注目されている若手女優の上白石萌歌も来場、この日集まった約150人のファンの前でクロストークを展開しました。

『未来のミライ』の音楽を作るにあたり、

高木さん:自分自身が弟ということもあり、(妹の)ミライちゃん目線で曲を作ることが多かったですね。

と語り、

細田監督:自分の世界観に合った方なので、音楽に関して特に注文はつけず、大まかなテーマをお伝えしました。

とオファーの仕方を明かしました。

イベント内では今作『未来のミライ』から「Inner garden」、「Rainy steps」、さらには細田守監督からのリクエストもあり、『おおかみこどもの雨と雪』から「おかあさんの唄」の高木さんによるピアノ生演奏までもが飛び出し、大いに会場を沸かせていた。


生演奏を聴いて、

上白石:優しすぎて泣きそうでした。

と感動のご様子。

細田守監督:こういった強いオリジナリティを発揮する音楽家は世界的にもいないです。

と称賛しました。

映画情報どっとこむ ralph また、細田監督は高木さんについて

細田さん:凄い才能・表現力をもつ方と映画を作れて誇らしく思います。

と語り、サウンドトラックを聴くのが大好きという上白石さんはこの作品を

上白石さん:映像を見なくても、様々な時空を旅している気分になる。是非映画と一緒に楽しんでほしい。

と語った。


映画情報どっとこむ ralph 映画『未来のミライ

は7月20日(金)の全国ロードショー。


尚、このイベントの模様は7/23(月)、7/30(月) TOKYO FM 「大家志津香のエン活!」(21:30~21:55)内にてオンエアされます。

「未来のミライ」オリジナルサウンドトラック
<発売日>2018年7月11日(水) 
2,500円(税込)
品番:WPCL-12908



物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。そんな時、くんちゃんがその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受ける見たことない世界。そして、初めて知る様々な「家族の愛」の形。
様々な時間を経て、ささやかな成長を遂げていく、くんちゃん。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とは。

映画公式サイト URL
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
https://twitter.com/mirai_movie


■細田守監督作品ポスター復刻版ポストカードセット付き前売り券 発売中
http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/mirai-no-mirai.html

映画情報どっとこむ ralph 【細田守 プロフィール】
1967年、富山県生まれ。
金沢美術工芸大学卒業後、1991年に東映動画(現・東映アニメーション)へ入社。
アニメーターを経て、1997年にTV アニメ『ゲゲゲの鬼太郎( 第4 期)』で演出家に。
1999年に『劇場版デジモンアドベンチャー』で映画監督デビュー。
2000年の監督2 作目、『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 』(00)の先進性が話題となる。
その後、フリーとなり、2006年に公開した『時をかける少女』(原作:筒井康隆)がロングランを記録し、新時代の監督として知られるようになる。2009年に監督自身初となるオリジナル作品『サマーウォーズ』(09)を発表。
2011年に自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)と3 年おきに話題作を提示し、国内外で高い評価を得ている。
最新作『未来のミライ』は第71 回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出された。

【高木正勝 プロフィール】
音楽家/映像作家
1979年生まれ 京都府出身
12歳よりピアノに親しむ。19歳より世界を旅し撮影した映像作品を作りはじめる。
2001年アルバム『pia』をニューヨークより発表。以降、 国内外でのコンサートや展覧会をはじめ、映画音楽(『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』、スタジオジブリを描いた『夢と狂気の王国』)、CM音楽、コラムの分野など幅広く活動している。

【上白石萌歌 プロフィール】
2000年生まれ
鹿児島県出身
大学 在学中
趣味:歌うこと、踊ること、詩を書くこと、サイクリング
2011年 第7回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリ受賞


***********************************

監督・脚本・原作/細田守 
キャスト/上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治 
音楽/高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/山下達郎
作画監督/青山浩行、秦綾子 美術監督/大森崇、髙松洋平 プロデューサー/齋藤優一郎 企画・制作/スタジオ地図
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ