15年目を迎える「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」スタート


映画情報どっとこむ ralph 世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、次代を担う若手映像クリエイターの登竜門と して2004年にスタートした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」が、本日7月13日(金)、節目の15回目となる開催初日を迎えました!

国内外からコンペ ティション部門のノミネート監督や審査員ほかゲストが多数来場してのオープニング・セレモニーが行われ、10日間にわたる映画祭が幕を開けました!SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018は、本日7月13日(金)から22日(日)までの10日間、埼玉県川口市のSKIPシティ、MOVIX 川口で開催。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018(第15回)開催概要
会期:2018年7月13日(金)~22日(日) <10日間>
会場:SKIPシティ 映像ホール/多目的ホール、MOVIX川口 (埼玉県川口市) ほか
主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
公式サイト:www.skipcity-dcf.jp

映画情報どっとこむ ralph 主催者コメント
◎上田 清司 埼玉県知事 (SKIPシティ国際映画祭実行委員会 会長)
15 周年を迎えた今年は、コンペティションの構成を国際コンペティションと国内コンペティションに再編するなどの変更をした。その結果、応募国数が これまでの最高を 10 か国も上回る 98 の国・地域に増え、832 作品が集まり、まさに国際的な映画祭になってきたといえる。この映画祭は次代を担 うクリエイターの育成を目的としており、埼玉県が川口市と取り組んできた事業である。過去にノミネートした監督たちが、本当に素晴らしい活躍をして、 育っているのはとても嬉しい。こうして本映画祭がこれだけ盛んになってきたのも、多くの皆さまの支援のおかげだと御礼を申し上げ、この SKIP シティ 国際 D シネマ映画祭をまだまだ発展させていくということを強調したい。

◎奥ノ木 信夫 川口市長
(SKIPシティ国際映画祭実行委員会 副会長)
今回は 15 回の記念ということもあり、川口を舞台にしたオープニング映画『君がまた走り出すとき』を製作した。本作の中泉裕矢監督は本映画祭で 過去に 2 回ノミネートしており、内容も笑い有り、涙ありの素晴らしい映画になっている。SKIP シティ国際 D シネマ映画祭は、毎年川口市民を上げて取 り組んでおり、皆さまへのおもてなしを考えて、日本の文化が楽しめるような夜店や、盆踊りなども企画している。ぜひそう言ったものも楽しんでいただきたい。

映画情報どっとこむ ralph そして、土屋ディレクターにより今年のコンペ部門の監督・関係者ら及び審査員が登壇。
「国際コンペティション」10作品、
「国内コンペティション・長編部門」4作品、
「国内コンペティション・ 短編部門」9作品
の合計23作品がコンペティション上映され、俳優の渡辺真起子 国際コンペティション審査委員長を中心とした審査 員による最終審査を経て、最終日22日、グランプリをはじめとする各賞が発表されます。

そのほかにも、15周年特別企画と題し、埼玉県出身で、現在日本映画界が期待を寄せる4監督を特集する「飛翔する監督たち from SAITAMA」、古今東西の名匠を追ったド キュメンタリー特集「名匠たちの軌跡」、世界的大ヒットアニメーション「怪盗グルーシリーズ」の一挙上映など、記念回にふさわしく、例年以上に盛りだくさんの内容となっています。


オープニングセレモニーの後、『君がまた走り出すとき』 のオープニング上映舞台挨拶が寛 一 郎さん、山下リオさんが登壇して行われました。そちらの模様はこちら



***********************************
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ