本日英国ロイヤルベイビー“ルイ”王子の洗礼式 ルイの由来は・・・『英国総督 最後の家』


映画情報どっとこむ ralph 1947年、独立前夜、混迷を深める激動のインドで歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動の人間ドラマ『英国総督 最後の家』が8月11日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

本日ウィリアム王子とキャサリン妃の第3子であるイギリス王室のロイヤルベイビー“ルイ”王子の洗礼式が執り行われる予定です。


兄ジョージ王子と姉シャーロット王女が生まれた時も、名前の由来が注目されましたが、ルイ王子の名前に関してその由来とされているのが、本作でヒュー・ボネヴィルが演じた“ルイス”・マウントバッテン卿と言われているそうです。
‚‡i

マウントバッテン卿はイギリスの貴族でヴィクトリア女王の曾孫、エリザベス女王の夫フィリップ殿下のおじに当たり、第二次世界大戦の戦果などにより海軍元帥まで上り詰めた人物。

チャールズ皇太子が深く尊敬の念を抱いていたとされ、一説にはダイアナ妃と結婚に至る大きな要因になったそう。

実際にチャールズ皇太子の息子ウィリアム王子とその息子ジョージ王子のミドルネームも“ルイ”であり、現イギリス王室ロイヤルファミリーとは深い結びつきがある人物。今年4月の誕生から本日の洗礼式など、今後も世界中の注目を集めることになるルイ王子だが、その名前の由来とされるマウントバッテン卿を主人公に、“歴史的な英国のインド返還”の一方で、信仰の違いから起こった“インドの分断”に最後まで諦めずに向き合った真実の人間ドラマを描いた本作にもぜひ注目です。

映画情報どっとこむ ralph 映画『英国総督 最後の家

は8月11日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:eikokusotoku.jp


STORY
1947年の6か月間、ルイス・マウントバッテンは、英国領だったインドを返還する為に、最後の総督の役職を引き受けた。彼は妻と娘と共に2階に、下の階には500人のヒンドゥー教徒、イスラム教徒、シク教徒の使用人が住んでいた。2階では政治のエリートたちが、インド独立の論議を行い衝突、世界に多大な影響を与える歴史的な決断がなされようとしていた。彼らはインドを分断し、パキスタンに新しい国を作り出そうという、人類史上もっとも大きな移民政策を打ち出そうとしていたのだ。

***********************************

監督・脚本:グリンダ・チャ―ダ(『ベッカムに恋して』)
出演:ヒュー・ボネヴィル、ジリアン・アンダーソン、マニーシュ・ダヤール、フマー・クレイシー、マイケル・ガンボン

2017年/イギリス/カラー(一部モノクロ)/2.39 : 1/106分/5.1ch/英語、パンジャービー語、ヒンディー語/日本語字幕:チオキ真理

原題:Viceroy’s House
配給:キノフィルムズ/木下グループ
後援:ブリティッシュ・カウンシル 
       
© PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ