『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』主演エマ・ストーンのインタビュー到着


映画情報どっとこむ ralph 『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン主演、アカデミー賞(R)受賞『スラムドック$ミリオネア』チームが再集結し話題の『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』が、7月6日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国順次ロードショーとなります。
監督は作品賞を始めアカデミー賞(R)4部門にノミネートされた『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス。ビリー・ジーンには、世界中から愛されて大ヒットとなった『ラ・ラ・ランド』で見事オスカーに輝いたエマ・ストーン、ボビー・リッグスには『フォックスキャッチャー』で同賞にノミネートされたスティーブ・カレル。スポーツ界はもちろん、政治や社会、学校や家庭における女と男の関係までも変えた世紀の戦い、その【白熱のテニスマッチの全貌】が、今明かされる!

映画情報どっとこむ ralph 公開を間近に控え、主演エマ・ストーンのインタビューが到着しました。

Q: <男女の戦い>のスケールについて

エマ:つい最近まで史上最も注目を集めたスポーツイベントだったはずよ。イベントを取り巻く宣伝がとにかくすごくて、スポーツのテレビ中継が初めて大々的に宣伝された。2人でCMに出たり、記者会見を開いたりして、雑誌や新聞の表紙を飾った。試合の4カ月も前からよ。世界中から注目を集めていたわ。

Q: <男女の戦い>のインパクトについて

エマ:負けられない戦いよ。ビリー・ジーンの本を読んだ今特にそう思うわ。彼女の人生や、社会 スポーツ界に与えた影響は計り知れない。当時の彼女は想像もしてなかったと思う。あれほど世界に衝撃を与え世界を変える、決定的な試合になるなんて。すべての女子スポーツの歴史を変えた試合よ。

Q: 監督のJ・デイトンとV・ファリスについて

エマ:ずっと2人と仕事がしたかったの。本当にすばらしくて、チームワークがいい。感受性が豊かで、才能にあふれているから、私は大船に乗ったつもりでいた。この物語に最適な監督よ。

Q:スティーヴ・カレルについて

エマ:信じられないほどすばらしい俳優よ。それに彼ほど優しい人を見たことがない。俳優としても人間としても最高よ。

Q:スティーヴ・カレルの演技について

エマ:スティーヴは、ボビーの人柄を見事に表現した、サーカスのような騒がしい個性の下に、人柄の良さをしっかりのぞかせた。劇中の彼はまさにボビーそのものよ。

映画情報どっとこむ ralph バトル・オブ・ザ・セクシーズ

7月6日(金)TOHOシネマズシャンテほか、全国順次ロードショー!

battleofthesexes.jp

物語・・・
1973年、全世界で9,000 万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。
女子の優勝賞金が男子の1/8 だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会” を立ち上げた。

待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのが、ボビーだ。
ギャンブル癖のせいで最愛の妻から別れを宣告されたボビーは、この試合に人生の一発逆転もかけていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてをかけて戦う理由とは?

全世界が見守るなか、“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い” が幕を開ける。

***********************************

監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス『リトル・ミス・サンシャイン』

製作:ダニー・ボイル、クリスチャン・コルソン『スラムドッグ$ミリオネア』
脚本:サイモン・ボーフォイ『スラムドッグ$ミリオネア』

出演:エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』アカデミー賞(R)受賞、スティーブ・カレル『フォックスキャッチャー』アカデミー賞(R)ノミネート、アンドレア・ライズブロー『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、ビル・プルマン『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』、アラン・カミング『チョコレートドーナツ』

2017年/アメリカ映画
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ