4K一期一会の日本の旅『ピース・ニッポン』豊橋 手筒花火 映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 数年間に一度だけ、”一期一会”でしか出会えない風景を8年もの歳月を費やし追い求め、全国47都道府県・200箇所以上で撮影した映像を厳選し、4K解像度で映画化した『ピース・ニッポン』がいよいよ7月14日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショーとなります。

日本列島を南から北へ、簡単には出会うことができない奇跡のような瞬間を紡いでいく「一期一会の旅」。

新たな日本に出逢う壮大な旅のナビゲーターを務めるのは、小泉今日子さんと、映画作品のナレーション担当は本作が初となる東出昌大さん。


今回解禁された映像は豊橋市の「炎の祭典」というお祭りでの手筒花火。20人を超える人々が一斉に手筒花火を吹き上げ、10メートルを超える黄金の炎の柱が夏の夜空を照らすその様は、まさに圧巻の光景で類を見ない壮大なスケールです。火薬の仕込み、詰め込みから打ち上げまですべて同じ人間が行うことが伝統になっており、豊橋市内の吉田神社に残っている文章によると、永禄3年(1560年)から続く伝統の花火で全国的にも見ても古い歴史を持っている。


映画本編では、フルスケールの豊橋の手筒花火が見られる他にも、川に川床を設置して打ち上げられる飛騨高山の手筒花火の映像も収めれています。

映画情報どっとこむ ralph 3部構成の贅沢な旅を通して、日本の美しさを発見し、日本に恋してください。

ピース・ニッポン

7月14日(土)新宿バルト9他、全国ロードショー!

peacenippon.jp

本作は8年の歳月をかけてその瞬間を追い求め、全国47都道府県・200箇所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化。ドローンなどの最新の映像技術を活用したダイナミックな映像に驚くこと間違いなし!さらに絶景のみでなく、宗教や自然にルーツをもつ日本人の精神の歴史にもフォーカスしている。壮大でドラマチックな111分。
***********************************

ナビゲーター:小泉今日子 東出昌大
監督:中野裕之
劇中歌:竹内まりや「いのちの歌」 出演:渡辺大 及川さきの
エグゼクティブ・プロデューサー:林郁 プロデューサー:中野裕之 六彌太恭行 小長井千晶 竹川潤一 音楽:岡野弘幹
メインテーマコーラス:Aika・human note
脚本:柴崎明久 中野裕之
撮影:日本を愛する全国の映像作家たち
タイトルディレクション:葛西 薫
歴史監修:磯田道史
制作協力:アクアジオグラフィック株式会社 株式会社デビッドワッツ
制作プロダクション:ピースデリック有限会社
配給:ファントム・フィルム
製作:PEACE NIPPON PROJECT LLC
(2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/111分)
(C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ