『ブリグズビー・ベア』ジワジワ 口コミを呼び、前週10位から3位に大躍進!


映画情報どっとこむ ralph 第33回サンダンス映画祭(2017年)でUSドラマ・コンペティション部門に出品、その独創的なキャラクターと興味深いストーリーで話題をさらい6/23より公開中『ブリグズビー・ベア』の興行成績がSNSを中心にジワジワと口コミを呼び、前週10位より3位と大躍進!
(「ミニシアターランキング」※有限会社 興行通信社調べ)


「涙が止まらない」「あったかい気持ちになった」
「優しさにあふれている」

という声が一番多く、

「クリエイターまたはものづくりに関わったことのある人必見」
「6月末に滑り込みで見たが、上半期ベストに決定!」

という感想も。

映画情報どっとこむ ralph 日本限定オリジナルグッズも大人気で、発売中の劇場では売り切れが続出!

〝タムくん〟の愛称でおなじみ、タイ人の漫画家で日本での大人気のアーティスト、ウィスット・ポンニミットさんの描き下ろした、主人公ジェームスの着ぐるみを被った〝ブリグズビー・ベア〟のイラストを使用したマグカップやミラー、イラストレーター・作家など多彩に活躍するアーティスト、D[di:]が特別に手がけた日本限定のオリジナルイラストを使用したマスキングテープやTシャツ・缶バッジ、原宿で人気のキャンディショップCANDY SHOW TIME特製の“クマ顔の金太郎飴”などがあり、いずれも上映劇場(※一部劇場を除く)のみで販売されている超レア商品も早めにGET!。

映画情報どっとこむ ralph ブリグズビー・ベア
ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開中

オフィシャルHP:
www.brigsbybear.jp

本作品製作スタッフは最強の仲間が集まった。プロデューサーは『俺たちポップスター』の監督・脚本・本学・主演を務めたコメディユニット[ザ・ロンリー・アイランド]に、『LEGO®ムービー』の監督・脚本コンビ、フィル・ロードとクリストファー・ミラー。

監督・脚本・主演は、デイヴ・マッカリー(監督/現在の彼女はエマ・ストーン!)、ケヴィン・コステロ(脚本)、コメディアンのカイル・ムーニー(脚本・主演)。

デイヴ、カイルは「サタデー・ナイト・ライブ」で大活躍し、YouTubeでチャンネルが大人気のコメディユニット〈GOOD NEIGHBOR〉のメンバーでもある。ジェームスを支える強力な役者陣も豪華な顔ぶれ。ジェームスの育ての親テッドに『スター・ウォーズ』シリーズの“ルーク・スカイウォーカー”ことマーク・ハミル、カウンセラーのエミリーに海外ドラマ「HOMELAND」でゴールデン・グローブ賞とエミー賞をW受賞したクレア・デインズ、『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニア、『テッド』のマット・ウォルシュ、『永遠の僕たち』のジェーン・アダムス。そして「サタデー・ナイト・ライブ」仲間のベック・ベネット、ニック・ラザフォード、アンディ・サムバーグなどがカメオ出演しているのもファンにとっては大きな見どころとなっている。


物語・・・
大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた—

ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、
今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。少し退屈でも、
パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう…

***********************************

監督:デイヴ・マッカリー
脚本:ケヴィン・コステロ、カイル・ムーニー
製作プロデューサー:フィル・ロード、クリストファー・ミラー(『くもりときどきミートボール』『LEGO®ムービー』ほか)
出演:カイル・ムーニー、マーク・ハミル、グレッグ・キニア、マット・ウォルシュ、
クレア・デインズ 他
2017/アメリカ/カラー/97min/PG12
提供:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給:カルチャヴィル
© 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ