明日から特別上映 ロウ・イエ監督 3作品


「パリ、ただよう花」現在、渋谷アップリンク、新宿K’sシネマを皮切りに

映画『パリ、ただよう花』

という作品が公開されています。

この作品はパリ、北京、二つの都市で居場所を求めてさまようある女性の「愛の問題」を切なく描いた、ロウ・イエ版『ラストタンゴ・イン・パリ』とも言えるもの。実は本作、『天安門、恋人たち』で受けた5年間の中国国内での映画製作の禁止令の期間中にフランスで製作されました。

これまで一貫して「愛と孤独」という、人間の本質を、雑多な都市の日常の中で描いてきたロウ・イエ監督の珠玉の3作品『ふたりの人魚』、『天安門、恋人たち』、『スプリング・フィーバー』を特別上映する“特集 ロウ・イエ、雑踏の中の愛と孤独” が明日から開催されることになりました。

期間:2014/1/4(土)~1/10(金)

ロウ・イエ監督作品を一挙に観たい方にお勧めです!

◆開催概要
『特集 ロウ・イエ、雑踏の中の愛と孤独』
http://www.uplink.co.jp/movie/2013/21464
日程:2014/1/4(土)~1/10(金)
会場:渋谷アップリンク(〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階)
アップリンク地図

料金:1作品一律¥800
※『パリ、ただよう花』の半券をご提示で¥600!(K’s cinemaの半券も使用可能)
※パスポート使用不可


★スケジュールは下記ページをご参照ください
http://www.uplink.co.jp/movie/2013/21155

◆上映作品

『ふたりの人魚』
現代の上海を舞台に、ビデオ・カメラマンの男とナイト・クラブで人魚を演じるメイメイ、運び屋のマーダーと彼の前から姿を消した少女ムーダン。失いかけた愛を探してさまよう恋人たちの物語。
第29回ロッテルダム国際映画祭タイガー・アワード受賞
TOKYO FILMex2000最優秀作品賞 受賞
(2000/中国・ドイツ・日本/83分)
ふたりの人魚
『天安門、恋人たち』
天安門事件を背景に、時代に翻弄されながらも愛し合う男女の姿を過激なSEX描写を交えて描いた衝撃作。本作を中国当局の許可なくカンヌ国際映画祭で上映したため5年間の映画製作・上映を禁じられた。
第59回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品
http://www.imageforum.co.jp/tenanmon/
(2006/中国・フランス/140分)
天安門、恋人たち
『スプリング・フィーバー』
『天安門、恋人たち』(06)で受けた5年間の映画製作・上映禁止の令を無視し、家庭用デジタルカメラでゲリラ撮影された本作は、まるで“春の嵐”により掻き乱された一夜を彷徨うかのような5人の男女の、欲望と絶望を描く。
第62回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞
http://www.uplink.co.jp/springfever/index.php
(2009年/中国・フランス/115分)
スプリング・フィーバー
********************************************************************


ロウ・イエ監督
ロウ・イエ監督写真1965年劇団員の両親のもと、上海に生まれる。1985年北京電影学院映画学科監督科に入学。『ふたりの人魚』(00)は中国国内で上映を禁止されながらも、ロッテルダム映画祭、TOKYO FILMeX2000でグランプリを獲得。1989年の天安門事件にまつわる出来事を扱った『天安門、恋人たち』(06)は、2006年カンヌ国際映画祭で上映された結果、5年間の映画製作・上映禁止処分となる。禁止処分の最中に、中国では未だタブー視されている同性愛を描いた『スプリング・フィーバー』は、第62回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した。本作『パリ、ただよう花』は第68回ヴェツィア国際映画祭のヴェニス・デイズ、および第36回トロント国際映画祭ヴァンガード部門に正式出品された。2011年に電影局の禁令が解け、中国本土に戻って撮影された『Mystery/浮城謎事(原題)』は、第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門に正式招待。中国本土での劇場公開にあたっては、電影局から暴力シーンの削除を求められ、最終的に「監督署名権」を放棄し自分の名前をクレジットから外した。現在、中国現代文学の代表的作家でありロウ・イエと親しい友人でもあるピー・フェイウー(畢飛宇)の『Massage/按摩(原題)』を原作にした新作を製作中。

『パリ、ただよう花』

パリ、北京、二つの都市で居場所を求めてさまよう女の「愛の問題」を描く、ロウ・イエ版『ラストタンゴ・イン・パリ』

北京からパリにやってきたばかりの若い教師、花(ルビ:ホア)。なじみのない街で彼女は様々な男と体を重ね、自分の狭いアパートと大学の間、かつての恋人たちとフランスで新たに出会った人々の間を漂う。ある日、建設工のマチューという男と出会う。一目で恋に落ちた二人は、激しく肉体を求め合う。お互い、秘密を抱えたまま…。異なる人種や文化、暴力と優しさ、愛とセックスのはざまで揺れ動くある女性の“愛の問題”を描く、本作をもって5年間の中国国内での映画製作の禁止が解かれたロウ・イエ版『ラストタンゴ・イン・パリ』



■監督、脚本:ロウ・イエ
■脚本:リウ・ジエ
■撮影:ユー・リクウァイ
■出演:コリーヌ・ヤン、タハール・ラヒム
■配給・宣伝:アップリンク(仏・中国/2010年/105分)
2013年12月21日(土)より、渋谷アップリンク、新宿K’sシネマほか全国順次公開

★公式HP→ http://www.uplink.co.jp/hana/
★公式FB→ https://www.facebook.com/HANAmovieJP
★公式TW→ https://twitter.com/HANAmovieJP
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ