高田漣とLOVE PSYCHEDELICOのNAOKI『スパイナル・タップ』あるある過ぎだからライブ前に観ないほうがいい(笑)


映画情報どっとこむ ralph 現在、新宿武蔵野館にて絶賛爆笑上映中のロック・モキュメンタリー『スパイナル・タップ』。

6月16日より、新宿武蔵野館にて日本劇場初公開されると、公開を待ち望んでいたファンにより、たちまち劇場が埋め尽くされ、「バカバカしいのにリアリティがある!」「劇場で観れて嬉しい」と歓喜の声があがった本作は、あの名作『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー監督が1984年に手がけた初監督作!!

当時隆盛を極めていたハード・ロック/ヘヴィ・メタル文化や音楽を風刺し、あのスティングが50回鑑賞し、

「リアル過ぎて泣いていいのか笑っていいのかわからなかった」

と絶賛(!?)したことでも知られている。

そして!このたび、新宿武蔵野館にて音楽家で弦楽器奏者の高田漣氏と、LOVE PSYCHEDELICOのNAOKI氏によるトークショーが行われましたのでご紹介!


日付:7月1日(日)
場所:新宿武蔵野館
登壇:高田漣 (音楽家)、NAOKI (LOVE PSYCHEDELICO)


この予告を観てから読み進めた方が面白いかも!


映画情報どっとこむ ralph 偶然にも同い年のお2人。本作を最初に観たときの衝撃について

NAOKIさん:15、6年前、GREAT3の高桑圭君がVHSを渡してくれたんだよね。バンドのミーティングをするときにも『スパイナル・タップ』を流しながらやるから、あれを観ながら真面目な話をしなくちゃいけないの。ミーティングの途中でボリューム11のシーンになったりすると”ちょっと待って!ここ観て!“って止められたりして(笑)

と話し、

高田さん:僕も10数年前。pupaをやっていたときに高橋幸宏さんとかが好きで。で、すぐにDVDを買って観てみたんだ。

と振り返った。
本当に身につまされる映画だという本作。

バンドマンにとっては
高田さん:全く脚色されてないような映画だよね。普通に楽屋からステージまでの道で迷ったりするもんね。

というと、

NAOKIさん:そうそう。ステージに上がる前にメンバーで円陣を組むんだけど、舞台袖でやるとお客さんに聞こえちゃうからちょっと離れたところでやるの。でも、あんまりにも離れたところでやると、ステージに行くまでに冷めちゃったりさ…

と言い、二人で「あるある、だからライブ前に観ないほうがいいよね」と笑った。

映画情報どっとこむ ralph ステージセットの誤発注のシーンから、「ステージで実際に起きたアクシデント」について話が及ぶと、

NAOKIさん:絶対に名前は出せないある大物ミュージシャンの話だけど…ツアーも半分くらいまで差し掛かったところで、ある有名ミュージシャンが地方のリハが終わりそうなときに、ステージの緞帳を指さして”これ動くの?“って聞いたんだって。で、スタッフは”動くけど、もう幕を動かすリハーサルはできません“って止めたんだけど、その大物ミュージシャンは”10曲目が終わった時に幕を一旦下ろして、ほどよいタイミングでまた上げよう“って譲らなかったの。それで本番、10曲目が終わった後に実際に下ろして、1分くらいたってからまた上げたんだけど、思った以上に幕が上がるのがすっごく遅くて。そのツアーを何公演も観ているお客さんなんかザワザワしちゃって(笑)こういうの本当にあるんですよ!

と話すと、

高田さん:やっぱり音楽やる人ってどこか社会不適合者みたいなところあるから、変な演出すると失敗するんだよね。

と自虐気味に笑った。劇中で、ライブ中にワイヤレスが関係のない音声を傍受してしまうシーンがあるのだが、それも「バンドマンあるある」のことなのだそう。

高田さん:例えば、外でやってるとアンプが無線を傍受しちゃったりね。

と話すと、

NAOKIさん:スパイナル・タップのおかげかもしれないけど、今はちゃんとワイヤレスのチャンネルが何番を使えるか確認してやるよね。リハーサルやってて、イントロを弾こうと持ったら、まだ弾いてないのに『キル・ビル』のメロディーが流れてきて(笑)隣の部屋で布袋さんが練習してたってことがありました(笑)

と笑った。


昨日の30日に発売された公式Tシャツ第2弾の話に及ぶと、Tシャツの裏面に印刷されたスパイナル・タップのキャンセルされた公演も含めた全公演のラインナップを観て、当にキャンセルが多いよね~!4公演もキャンセルされてる!よくできてるよね~!

と2人とも大爆笑。

最後に、

高田さん:この映画って1984年に作られていいて、今見ているとこの時代にこうゆうバンドが本当にいたように見えるんだけど、実際はヴァン・ヘイレンがやっと出始めたくらいで、スパイナル・タップみたいなバンドは新しいんだよね。むしろ先取りしてる。だからすごい作り込まれているというか、ディテールまでこまかく作り込んでいるから、34年たっても笑えるんだと思う。何度見ても新しい発見があって本当に面白い作品です。ぜひ繰り返しみてほしい。

と言い、

NAOKIさん:まさしくそう。30年たっても、こうやって新しいお客さんが観ても笑えるのは作り手が愛を持って作っているからだと思う。でも、若いミュージシャンは(ショックを受けちゃうこともあるので)観ない方がいいかもね(笑)

と冗談まじりに話した。

映画情報どっとこむ ralph スパイナル・タップ
原題:THIS IS SPINAL TAP 

まだまだ絶賛公開中

公式サイト:
http://spinaltap.jp

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。

ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。

そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。
そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

***********************************

監督:ロブ・ライナー
製作:カレン・マーフィ
出演:ロブ・ライナー、マイケル・マッキーン、クリストファー・ゲスト
1984年/アメリカ/83分/ビスタ
提供:キングレコード 
配給:アンプラグド
 
©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ