枝優花 監督感涙!保紫萌香、モトーラ世理奈登壇『少女邂逅』初日舞台挨拶


枝優花 監督感涙!保紫萌香、モトーラ世理奈登壇『少女邂逅』初日舞台挨拶

映画情報どっとこむ ralph 6月30日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開、枝優花 監督 初長編映画『少女邂逅』。

200人以上の応募者から選ばれ、ともに映画初主演となる、保紫萌香 x モトーラ世理奈 W主演。

ミスiD2016グランプリにして注目若手女優の保紫萌香。

ファッション誌「装苑」専属モデルをはじめ、モデルとして各界で活躍するモトーラ世理奈。

24歳の新鋭・枝優花監督が、いじめによって声が出なくなってしまった14歳の頃の経験を軸に、蚕のように容姿も中身も変容する少女たちの残酷で美しい青春映画を完成。この公開を記念して、初日6月30日(土)に初日挨拶舞台挨拶イベントが行われました。

映画『少女邂逅』初日舞台挨拶
日時:6月30日(土)
会場:新宿武蔵野館
登壇:保紫萌香、モトーラ世理奈、枝優花監督

映画情報どっとこむ ralph 温かい拍手の中登壇した監督とキャストの二人。

保紫さま:こんにちわ・・・。お暑い中こんなに沢山お集まりいただき嬉しいです。

モトーラさん:今日はありがとうございます。

枝監督:長い作品ですが色々稚拙なところもありますが観ていただいてありがとうございます。

と、3人とも控えめな挨拶からスタート。



本作は、監督の故郷でもあり、実際に監督がいじめ体験された地での撮影だったそうで

枝監督:私の14歳の時の実体験に基づいて、18の頃に脚本を書きました。出てきた高校や喫茶店は母校だったり、よく行っていたところだったり。群馬県高崎市の方達に全面バックアップしていただいて撮影しました。

実はその撮影は、一軒家で12日間合宿して行ったそう。

高崎での撮影で・・・・

保紫さん:共同生活が印象的ですね。俳優もスタッフもまぜこぜで。チョットした家族みたいでした。あと高崎の方たちが協力的で。

モトーラさん:東京出身・育ちで高崎は・・・全部田んぼで。土手を走ったりしたのは新鮮で。気持ち良かったです。

映画情報どっとこむ ralph オーディションの末、初主演を勝ち取って・・・
保紫さん:聞いた最初は嬉しくて、いままでも、主役でない作品は出ていましたが、カメラの前に居られることがいかに幸せかって気づきました。高崎での撮影はシンドかったですけど。良い経験になりました!

監督が学生だった頃を演じて

保紫さん:他力に頼る感じで、周りに流される印象で・・私は割と正反対で嫌なものは嫌!で一人でいるのもいとわないので。。。ですが、監督に愛しさを持って演じました。

長編のお芝居も初めてのモトーラさんは
モトーラさん:オーディションはミユリで受けたので・・決まったと聞いて性格的にもミユリかと思ったら紬役で。紬役がどうしてもつかめなくて。リハーサルの時に江田監督が親身に相談に乗って下って。紬年表とかも創ってくださって。高崎に入ったときには紬になっていました!

と、監督の熱心な指導で乗り切ったそう。

一方二人をオーディションで決めた理由を

枝監督:凄く可愛くて秀でているところが沢山あるのですが、セレ以上に、見た目と中身が違ってコンプレックスがある。この映画で必要だったのは、見えてる部分と見えたない部分の違いがポイントだったので、魅力的に映りました!

映画情報どっとこむ ralph 本作は、映画×音楽の祭典<MOOSIC LAB 2017>観客賞受賞、インディーズ映画としては異例の香港国際映画祭、上海国際映画祭正式出品していて、現地にもいかれたそう
枝監督:日本のお客さんは静かに心の中で観ますが、香港と上海の方は感情表現が豊かで笑ったり息をのんだりが劇場で一体化していて。新鮮でした!

保紫さん:香港は楽しかったです。お客さんの反応が良くて。ゼッタイ私の事なんか知らないはずなのに盛り上がってくれて。気が大きくなって(笑)今修正中です!(笑)

モトーラさん:お客さんの熱が強くて、サインしますって言ったらみんな下りてきちゃって。。
と、其々思い出を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

枝監督:14歳の時に経験したことをベースに描いていて、当時は人と喋りたくない、学校に行きたくないと思っていましたが・・こうして、皆様に観ていただけて・・・・胸がいっぱいです。ありがとうございました。
と、涙涙の監督。久しぶりにいい涙を見た気がしました!。

『少女邂逅』絶賛公開中!
http://kaikogirl.com

物語・・・
いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ(保紫萌香)。ミユリの唯一の友達は、山の中で拾い「紬」と名付けた蚕。」窮屈で息が詰まるような現実から、いつか誰かがやってきて救い出してくれる──といつも願っていたミユリだったが、いじめっ子の清水に蚕を捨てられてしまう。そんなある日、絶望したミユリの学校に「富田紬」という少女(モトーラ世理奈)が転校してくる──。

***********************************

監督・脚本・編集:枝優花
劇中歌・主題歌:水本夏絵
出演:保紫萌香 モトーラ世理奈
土山茜 秋葉美希 近藤笑菜 斎木ひかる 里内伽奈 根矢涼香 すぎやまたくや 松澤匠
松浦祐也

撮影:平見優子/照明:佐久間周平/録音:小川賢人/ラインプロデューサー:鄭銓聖/アシスタントプロデューサー:小峰克彦/スタイリング:松田稜平/ヘアメイク:七絵/特殊造形:土肥良成/整音:mauve/音楽:大石峰生/美術:すぎやまたくや/映像投影:阪実莉/スチール:秋山大峰/企画:直井卓俊/アソシエイトプロデューサー:前信介
製作:「少女邂逅」フィルムパートナーズ
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
2017年/カラー/ステレオ/シネマスコープ/101分
©2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ