『フランス映画祭2018』閉幕!エールフランス観客賞はオープニング作品の『セラヴィ!』に!


映画情報どっとこむ ralph 6/21(木)~24(日)の期間で開催していた「フランス映画祭2018」が好評のうちに閉幕しました。


フランス映画祭2018
開催期間:2018年6月21日(木)~24(日)
会場:みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらいほか
公式サイト:http://unifrance.jp/festival/2018/
上映作品:日本未公開のフランス映画長編14本、短編1本
観客動員数:13,189人(映画上映、マスタークラス、ゴーモン展など全ての関連イベントも含む)

映画情報どっとこむ ralph 今年は、13年ぶりに横浜にもどり華やかに開催、6/21(木)にみなとみらいホールで行ったオープニングセレモニーでは、フランス映画祭団長のナタリー・バイと、横浜出身でフェスティバル・ミューズを務めた常盤貴子さんが開会を宣言。
『万引き家族』でカンヌ国際映画祭・パルムドールに輝いた是枝裕和監督、本映画祭の特別協賛である日産自動車のカルロス・ゴーン会長も登場。

満員となったオープニング作品『セラヴィ!』(7/6より全国公開)の上映を皮切りに、日本未公開のフランス映画、長編14本と短編1本を上映。上映会場となったイオンシネマみなとみらいには、多くのお客様が詰めかけ、会期中に6作品(うち短編『トマ』は『モカ色の車』の併映として2作を1本とみなす)が満員御礼、会場は連日フランス映画ファンの熱気でいっぱいとなった。

映画情報どっとこむ ralph 上映後に行われた各回の来日ゲストによるQ&Aやサイン会は大いに盛り上がった。今年は会場でのお客様による撮影の規制はせず、サイン会に移動する前のロビーでは各回のゲストの撮影時間を作り、観客の皆様とフランス代表団の交流の場を設ける形とした。

13年前の横浜時代を彷彿とさせる、横浜ならではのアットホームな映画祭が実現。また、若い世代にフランス映画と接する場を作ることを心掛け、オープニングセレモニーのみ、横浜市民は500円で鑑賞できる割引サービスを実施。

横浜市立大学、東京藝術大学、早稲田大学にて、授業の一環として学生を対象としたマスタークラスも開催。

フランス映画の作り手と、日本の学生たちが接する場を作った。
横浜市立大学の学生が、ボランティアスタッフとして映画祭の各会場にて活躍した。

上映時に配布したアンケートで選ばれる「エールフランス観客賞」は席数に関わらず評価の比率により、オープニング作品の『セラヴィ!』が受賞。

結婚式での人間模様を描いたコメディが、多くの観客の皆様の心をつかむ結果となった。

運営&宣伝:フリーストーンプロダクショ

***********************************




関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ