PANTA × 相原裕美監督登壇『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』川越スカラ座初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph デヴィッド・ボウイをはじめ、イギー・ポップ、マーク・ボラン、ジム・ジャームッシュ、寺山修司、YMO、忌野清志郎など、時代の寵児たちをカメラに収め、代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手掛けてきた日本人写真家・鋤田正義。現在全国順次公開中。

そんな彼が写真への情熱を語るだけではなく、名だたるアーティスト・著名人、是枝裕和監督、リリー・フランキー、布袋寅泰らが貴重な撮影秘話を披露し、彼の人柄や創作活動に迫ってゆくドキュメンタリー映画です。
この度、6月23日(土)川越スカラ座での初日公開を記念し、本作に登場するPANTAさんと相原裕美監督が登壇し、舞台挨拶を行いました。あいにくの雨にもかかわらず劇場には多くのファンが訪れた。MCには当日急遽登壇となった脚本家・監督の井上淳一氏を迎え、終始和やかな雰囲気でトークセッションが行われた。


日付:6月23日(土)
場所:川越スカラ座
登壇:PANTA、相原裕美監督

映画情報どっとこむ ralph 『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』の川越スカラ座での初日舞台挨拶に、本作に登場するPANTA氏と監督である相原裕美さんが登壇。

PANTAさん:是枝監督とリリー・フランキー、パルムドールが勢ぞろいで…。これ本人許諾とか大変じゃなかったですか?

と今年5月に「第71回カンヌ国際映画祭」にて『万引き家族』でパルムドールを受賞した是枝裕和監督、そして同作主演であるリリー・フランキー氏が本作の出演者であることを話題にあげると、

相原監督:大変でした。

さらに、本編中で、デヴィッド・ボウイの楽曲が使用されていることについては

相原監督:一年くらい交渉にかかって、もちろん鋤田さんとの関係があったので、いろいろやっていただいて良くしてもらったのですが、やっぱりそのくらいかかる感じでした。

と、改めてデヴィッド・ボウイの楽曲使用についての苦労を語った。

映画情報どっとこむ ralph 井上さん:なぜ鋤田さんを撮ろうと思ったんですか?

と質問すると、

相原監督:僕とPANTAさんは元々僕がビクターというレコード会社で仕事をしていて、PANTAさんがアーティストだった、というところからのお付き合いで、どちらかというと音楽ビデオや、音楽に関する映画などを作っていたんです。数年前に自分で会社を興して、アーティストの音楽映画以外のものをやりたいなと思っていた時、ちょうど2016年の1月にデヴィッド・ボウイが亡くなって、鋤田さんお元気かなと思って連絡して会ったのがきっかけですね。

と映画『SUKITA』誕生秘話を披露した。


PANTAさんは鋤田さんとのジャケット撮影当時を振り返り、

PANTAさん:原宿のセントラルアパートの屋上で寒中の中延々立たされたんですよ。よくみんな鋤田さんの写真のことをいろんな言葉を使って説明するけれど、音楽を言葉で説明するのと同じで、すごく届かないところがあるんですよ。やはり彼は撮影のとき一切注文を出さない。セッティングの打ち合わせはしますが、こういうポーズをしてくれとか、ここを見てくれとか一切言わないんです。スタジオにいてもそれは一切同じで、このとき(映画にも登場するジャケットの撮影)一時間近くかかったので、もう寒さで死にそうでしたよ(笑)

と話し、会場の笑いを誘った。

また、

PANTAさん:話によると、カメラマンのタイプは2通りあって、1つは撮影するときによく話しかけてくるタイプ、そしてしゃべらないタイプの人がいるんです。鋤田さんは後者らしいですね。基本的にはしゃべらないで、途中で話をしながら、そういう風にコミュニケーションはとるんですが、写真でこういう風にやってくれとかは言わないと聞いています

と鋤田さんの撮影のスタイルについて話し、

PANTAさん:「誤解があったら申し訳ないんだけれど、注文を出すカメラマンもいっぱいいるんですよ、でもあんまり成功したためしがない。自分がこうやるんだっていう構造ができていて、そこに当てはめようとするわけじゃないですか。それはやっぱり無理がある。それよりもナチュラルにっていうのが、自分の一番大好きな言葉ですけれど、やはりこれが一番かな。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 相原監督は、本作撮影時の鋤田さんについて、

相原監督:いつシャッターを押すのかを撮りたいです、と打ち合わせの時に言いました。そしたら後で是枝監督とかいろんな人が、鋤田さんは新しい技術をいとわない、そっちに行ってしまうと言っていて。一番最初の撮影が2016年の布袋さんのライブで、もうデジタルの時代。布袋さんのライブでいつシャッターを押すのか見ていると、シャッターを押しっぱなしだったんです。デジタルなのですごい量。5000枚くらい撮っていました。後から聞いたら、鋤田さんはムービーをまわしてそこからコマ抜きをしてやりたいぐらいと。そのくらい一瞬のタイミングを逃したくない気持ちで今はやっているみたいです。今年80歳の方なんですけれどそういう風にスタイルを変えられるっていうのがすごいことだと思います。

と、まさに現在進行形で進化し続けている様子を披露した。


『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』は、全国順次公開中。

公式サイト:sukita-movie.com

デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストの代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手がけてきた日本人写真家がいるーー。鋤田正義、5月に80歳を迎えた。ボウイとの親交は40余年に及び、マーク・ボランを撮った1枚は、ギタリスト・ 布袋寅泰の人生を決定づけた。本作では鋤田自身が写真への情熱を語るだけでなく、錚々たるアーティストたちが貴重な撮影秘話を披露し、彼の人柄や創作活動に迫ってゆく。



***********************************

監督:相原裕美

出演:鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里 リリー・フランキー クリス・トーマス

ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVI PANTA アキマ・ツネオ 是枝裕和 箭内道彦 立川直樹 高橋靖子 他

製作:コネクツ ハピネット スペースシャワーネットワーク パラダイス・カフェ パルコ 鋤田事務所
配給:パラダイス・カフェフィルムズ
2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分
©2018「SUKITA」パートナーズ

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ