撮影秘話披露!中野裕之監督、遠藤祐紀『ピース・ニッポン』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph この度、日本津々浦々、8年間で全国47都道府県・200箇所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化した『ピース・ニッポン』が7月14日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショーされることが決定しました。

新たな日本に出逢う壮大な旅のナビゲーターを務めるのは、小泉今日子と東出昌大。後世に遺したい”本当の日本の美しさ”を巡る旅への案内人として、日本を代表する映画俳優として第一線で活躍する二人が作品に華を添えます。

この度、監督を務めた中野裕之氏とドローンパイロット 遠藤祐紀氏 ご登壇によるトークショーイベントが行われ撮影秘話披露を語りました!


日時:6月21日(木)
会場:神楽座
登壇:中野裕之監督、遠藤祐紀(ドローンパイロット) 

映画情報どっとこむ ralph 上映後、会場に余韻が残る中、観客の大きな拍手に迎えられて中野裕之監督とドローンパイロットの遠藤祐紀さんが登場。

製作初期の撮影について

中野監督:本作の撮影を始めたときは3D撮影が大ブームで、この作品も撮影の初期は3Dで撮影していました。撮影を続けるうちに今度は4Kが出てきて、、これまでの4倍面積が大きくて、それは綺麗な訳ですよ。そうすると4Kで撮るしかなくなって、3D用のモニターも6台も買い揃えていたんですが、さようなら3D~ってなりました。

とユーモアを交えて語り、観客の笑いを誘った。4K撮影をはじめた監督は、既に3Dで撮影した箇所へもう一度足を運んだそうだが、

中野監督:一度撮影した場所にもう一度行っても、二度と同じ事は起きないと痛感しました。前に良い画が撮れたんだから今回も良いのが撮れるだろうと思っていったら、まったく状況が違っていて、、まさに一期一会だと感じました。そうした経験から、本作のテーマの1つの”一期一会の旅”を思いつきました。

と撮影の苦労とその苦労から生まれた本作のテーマについて語った。

映画情報どっとこむ ralph 4Kの後にドローン撮影の技術が出てきた頃、ドローンパイロットの遠藤さんが本作の製作に関わることになった。

遠藤さん:2015年末に参加したので、今からちょうど2年半前に初めてこの作品に関わりました。

と遠藤さんは語った。

監督と遠藤さんが一緒に撮影をした映像が本作のオープニング映像で、北海道の洞爺湖を撮影地に見渡す限りの雪景色が広がる白銀世界を、ドローンで撮影した映像で撮るまでに大変な苦労があったそうで、

遠藤さん:北海道に向かう為、空港に行ったら、乗るはずの飛行機会社がシステムダウンを起こして、、全線運休するトラブルにあいました。

と幸先悪い出来事を思い出すように遠藤さんは語ると・・・

中野監督:何とか飛行機を変更して北海道へ着きましたが、札幌は雪が溶けてしまっていて、ドキドキしながら洞爺湖方面に向いました。現地に着くと、何とか雪が残っており、天気も良かったので予定通りに、翌日朝に撮影を行う事にしました。

と、スムーズではないものの何とか撮影への見通しがたった事を語った。

映画情報どっとこむ ralph 撮影当日、また思わぬ不運が。。

中野監督:朝5時に起きて窓の外をみたら、なんと横殴りの吹雪だったです。空も暗く、風も強くてこのままでは厳しいと思ったが、外にでて空を見上げると分厚い雲の上にちらっと、青空が見えたので、あとは神頼みで少しでも晴れ間があれば撮影できる。と思って準備をしました。今までも何度も神様に晴らしてもらったので、後は神頼みだと思って、祈り続けながら現地へ向かったら、奇跡的に雲が晴れて、撮影を行うことができましした。

と神頼みが通じたことを明かす。

しかし、まだベストコンディションとはいえず、雪景色を歩く演出だけに足跡が残るので、失敗は許されない。

そんな悪影響の中、ドローンを飛ばしてみて

遠藤さん:ドローンは風に弱いので、まっすぐ上に飛ばすのも一苦労でしたが、ブレない用に必死に操縦をしました。そうしたら、望遠レンズでみていた監督から「撮れたー!」という声が聞こえ、何とか無事に撮影を終えることができました。

と困難だった撮影を振り返った。

監督・遠藤さんはじめスタッフ全員のファインプレーと奇跡が重なって取れたショットを、

中野監督:猛吹雪の合間に神頼みで晴れた15分だけの間で必死に取った奇跡のカットですので、ぜひ大きなスクリーンで体感してほしい。

とあつく語り、イベントを締めました。


ピース・ニッポン

7月14日(土)新宿バルト9他、全国ロードショー!

peacenippon.jp

***********************************

ナビゲーター:小泉今日子 東出昌大
監督:中野裕之
劇中歌:竹内まりや「いのちの歌」  出演:渡辺大 及川さきの
エグゼクティブ・プロデューサー:林郁 プロデューサー:中野裕之  六彌太恭行  小長井千晶  竹川潤一 音楽:岡野弘幹 
メインテーマコーラス:Aika・human note
脚本:柴崎明久  中野裕之
撮影:日本を愛する全国の映像作家たち  
タイトルディレクション:葛西 薫
歴史監修:磯田道史
制作協力:アクアジオグラフィック株式会社 株式会社デビッドワッツ  
制作プロダクション:ピースデリック有限会社
配給:ファントム・フィルム
製作:PEACE NIPPON PROJECT LLC
(2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/111分)
(C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ